FC2ブログ

【言論StrongStyle】(45) 安倍御用言論人を見ろ。一人残らず詐欺師の顔をしている

https://megalodon.jp/2019-0520-2254-04/nikkan-spa.jp/1572726
https://megalodon.jp/2019-0520-2300-42/nikkan-spa.jp/1572726/2
https://megalodon.jp/2019-0520-2303-08/nikkan-spa.jp/1572726/3


キャプチャ  2019年5月14日・21日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

ノルウェーが新規油田開発停止…議会第一党が採掘反対派に“転向”

20190521 05
欧州最大の産油国であるノルウェーが、新たな油田開発から手を引きそうだ。長年に亘って同国の石油開発を支持してきた労働党が、先月6日、北極圏に位置する自国領・ロフォーテン諸島周辺の海底油田採掘に反対の立場を示したのだ。アーナ・ソールバルグ首相率いる連立政権に対して、最大野党であり第一党でもある労働党は、これまで石油開発を主張してきた。しかし、今回の動きによって、採掘反対派が議会で圧倒的多数となった。労働党内で環境保護派と労働組合派の内部争いがあったのが最大の原因とみられているが、ノルウェーでは近年、気候変動への懸念から、石油産業への風当たりが強い。


キャプチャ  2019年5月号掲載

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

ドイツ都市部の家賃高騰に市民が怒り…ベルリンで“民間アパート没収案”が浮上

20190521 04
ドイツ都市部の住宅難が深刻化する中、首都のベルリンでは、大手不動産会社の物件を市当局が没収することを求める住民投票への準備が進んでいる。ある市民団体がベルリン市当局に対し、3000戸を超えるアパートを持つ不動産会社から物件を没収して、割安の家賃で市民に賃貸することを可能にすべく、住民投票の実施を求めている。先月6日に住民投票の為の請願運動を開始したが、署名者の数は初日だけで1万5000人に達したというから、投票実施も現実味を帯びる。この日、ベルリンの目抜き通りでは約4万人の市民がデモに参加し、「不動産会社は家賃をつり上げている!」と抗議した。この運動を支持する政治家も登場し、俄かに重要な政治テーマに浮上している。


キャプチャ  2019年5月号掲載

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

シリアが急速に“シーア派国家”化…イスラエルが警戒するイランの影

20190521 03
シリアの“シーア派国家化”が急速に進んでいる。嘗てのシリアは人口の6~7割がスンニ派で、アサド大統領等アラウィー派・シーア派は10%程度とされていた。ところが、内戦で重要な役割を果たしたイランの民兵が、シリア国民の改宗を促すケースが急増している。更に、内戦に加わったレバノンのシーア派武装組織『ヒズボラ』が、戦闘員のシリア定住を促進している。隣国のイスラエルが特に警戒しているのは、イランが、改宗させたシーア派の若者だけで構成する民兵組織を着々と拡大している点だ。シリアのラジオ放送は昨年末、同国国防省が国内でイランが独自に軍事力を整備し活動する権限を認めた文書を作成したと報じており、アサド政権はイランの影響力拡大を黙認する姿勢とみられる。長期的にみると、イランが隣国のイラクだけでなく、シリアをもシーア派国家に変え、一大シーア派地帯を生み出しかねない。


キャプチャ  2019年5月号掲載

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

国政に目が眩んだ“ユダ”…前北海道知事・高橋はるみの失態

20190521 02
因果応報――。女性知事初の4期を勤め上げた前北海道知事・高橋はるみ(65)のことである。念願叶って、7月の参院選北海道選挙区に自民党から出馬する。広大な北海道で16年も顔を売ったのだから、当選濃厚だ。通産官僚時代はぱっとせず、最終肩書きは“経済産業研修所長”なる閑職。国政など夢のまた夢で、知事としても全く実績がないのに、すんなりと何とも厚遇な再就職にありつけることになった。ところが最近、官房長官の菅義偉や自民党幹事長の二階俊博の不興を買っている。後継知事選びでしくじった。イケメンでならす前夕張市長の鈴木直道(38)に入れ上げ、自分から声をかけておきながら、国土交通省幹部を擁立する気運が高まると、いとも簡単に乗り換えた。1月、「道内の市町村長が全体として(国交省幹部に)期待し、道議の大半が推した。これは重い」と言明。水面下で経済人らに“反鈴木”の声を上げるよう嗾けた。「参院選での支援欲しさに、勝ち馬に乗ろうとしたようだ」(自民党道議)。

下手を打ったのは、この時点で実は鈴木擁立が決定事項だったということ。菅が法政大学同窓の鈴木を寵愛しているのは有名な話。自民党による世論調査でも、「中身はすかすかだけど人気はある」(道政関係者)という鈴木に軍配が上がっていた。混迷の末、最後は鈴木本人が痺れを切らし、政党の支援を得られる保証がないまま立候補を表明する。当然、菅はお決まりの創価学会ルートで手を回していたようで、公明党が即座に推薦を出し、自民党があえなく追随。“ジ・エンド”となった。菅が予て「仕事ができない」と見下す高橋の手のひら返しに立腹したのは、想像に難くない。鈴木はご承知の通り、圧勝。参院選で高橋を応援する可能性はあるまい。更には二階である。高橋が渦中、綿密に連携してきた参議院議長の伊達忠一、自民党参議院議員会長の橋本聖子は細田派の幹部。参院選で高橋を全面支援する見返りに、当選の暁には細田派に入るという“密約”があったというのだ。二階派幹部は、「高橋は官邸と疎遠で、何かと頼ってきた。猫撫で声で陳情を持ってきて、幹事長がかなり世話を焼いたのに…」と絶句する。二階も「何でうちじゃないんだ!」と周囲にこぼす。国政に駒を進めても、“ユダ”の前途は多難だ。 《敬称略》


キャプチャ  2019年5月号掲載

テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

ブーム去って4期連続赤字…クリスピードーナツの凋落

20190521 01
高品質のドーナツとコーヒーを提供し、世界32ヵ国に1300店舗を展開するアメリカの『クリスピークリームドーナツ』。ふんわりとした食感のドーナツを口にしたことのある方も多いだろう。日本で事業を手がける『クリスピークリームドーナツジャパン』(東京都渋谷区)が今、深刻な業績不振に苦しんでいる。同社は、大手菓子メーカーの『ロッテ』と経営支援会社『リヴァンプ』が共同でアメリカ本社とフランチャイズ契約を締結し、2006年6月に設立された。設立時の初代代表取締役社長には、『日本マクドナルド』出身の香坂伸治氏が就任。同年12月に国内1号店の新宿サザンテラス店(※2017年に閉店)がオープンすると、連日長蛇の列ができ、“行列のできるドーナツ店”として大ブームを巻き起こした。以来、積極的な出店攻勢で直営店を展開し、ピーク時の2014年頃には60店舗を超えた。そのまま目標の100店舗まで突き進むかに見られたが、程なくブームは一巡。大手コンビニのドーナツ市場参入等もあり、2015年以降は業容拡大に急ブレーキがかかった。この結果、2015年3月期から2018年3月期にかけて4期連続の最終赤字を計上。特に、2018年3月期は不採算店閉鎖に伴う特別損失が膨らんだ。当期純損失額は11億円を超え、財務面は一時的に資本食い込み状態に。今年2月には計10億円の減資を行ない、資本金は1億円、資本準備金は0円まで其々目減りした。今や店舗数は40店台にまで落ち込み、嘗ての勢いは見る影もなくなった。日本法人の代表は、2017年4月から若月貴子氏が務める。若月氏は、大手スーパーマーケットの『西友』を経て、本誌3月号で既報の“政商コンサル”冨山和彦氏率いる『経営共創基盤』で経験を積んだ人物。冨山氏仕込みの“突破力”で、難局をどう乗り切るか? 先ずは、直近の2019年3月期決算で黒字転換できるかが試金石となりそうだ。


キャプチャ  2019年5月号掲載

テーマ : 経済ニュース
ジャンル : ニュース

【US Affairs】(73) フィリバスター無き世界…党派対立は更に深まるか?

アメリカの議会で、多数党の権限を強める動きがある。狙いは、フィリバスターと呼ばれる議事妨害の弱体化である。フィリバスターとは、少数党が議事進行を妨害する為の手続きだ。超党派の話し合いを促し、じっくりと時間をかけた議論を可能にする役割が指摘されてきた。フィリバスターが繰り返されてきた上院の過半数は51議席である。だが、仕掛けられたフィリバスターを止めて審議を進めるには、60票の賛成が必要となる。2大政党の力は拮抗しており、共和・民主のどちらかが60以上の議席を獲得するのは稀である。その為、フィリバスターを止めるには、多数党であっても、一定の賛成票を少数党から得なければならない。類似の手続きが存在せず、多数党の一存で審議を進められる下院とは違う。そのフィリバスターに廃止の動きがある。上院多数党の共和党は、2017年4月、最高裁判所判事の指名承認をフィリバスターの対象から外し、ニール・ゴーサッチ氏の承認を強行した。先月には、判事の承認審議にかけられる時間を制限する等、多数党に有利な仕組み作りを進めている。民主党からも同様の声が上がる。2020年の大統領選挙への出馬を表明しているエリザベス・ウォーレン上院議員は、フィリバスターの廃止を謳う。2020年の選挙で民主党が大統領と議会の多数党の座を獲得した場合、格差対策の強化といった公約を実現する為に、フィリバスターを使った共和党の抵抗を無力化する必要があるというわけだ。廃止論の背景には、党派対立の深刻化がある。

近年のフィリバスターは、じっくりと議論を進めるどころか、上院の機能不全を齎す手続きと化していた。嘗ての上院には、確かに超党派の協力があった。フィリバスターで審議が妨害されるのも、1980年代までは年に20回程度に過ぎなかった。だが、党派対立の深刻化に伴い、フィリバスターの利用は急増している。年間の利用回数は、バラク・オバマ政権の第2期には約70回に達した。ドナルド・トランプ政権の最初の2年間では、実に100回を超えている。一見すると、フィリバスターの廃止は多数党の議会運営を楽にする。しかし、実際に恩恵に与るのは大統領かもしれない。近年の大統領は、フィリバスターを目の敵にしてきた。議会の多数党が自身と同じ政党でも、少数党に公約の実現を阻止され易かったからだ。それだけでなく、大統領に批判的な多数党の議員が、少数党によるフィリバスターの可能性を口実に、公約の審議を渋る場合もあった。実際にトランプ大統領やオバマ大統領は、フィリバスターの見直しを提案してきた。フィリバスターがなくなれば、大統領は少数党の反対を退け易くなる。また、大統領に批判的な多数党の議員も、公約の審議を進めざるを得なくなる。フィリバスター無き世界では、アメリカの政策は選挙結果によって大きく振れ易くなりそうだ。少数党の支持を得る必要がなくなれば、大統領は公約を見直す理由がない。議会が歯止めにならなければ、大統領による極端な公約が実現される可能性は高まる。トランプ大統領であれば、非常事態を宣言せずとも、メキシコ国境に壁を建設する予算を成立させ易くなる。民主党であれば、メディケアフォーオール(※国家主導の国民皆保険制)等の大型公約に実現の芽が出てくる。超党派協力の動機をなくすフィリバスターの廃止は、党派対立の深刻化を追認する動きである。実現すれば、アメリカ政治の力学は様変わりする。


安井明彦(やすい・あきひこ) 『みずほ総合研究所』欧米調査部長。1968年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、1991年に『富士総合研究所』(※現在のみずほ総合研究所)入社。在米日本大使館専門調査員・みずほ総合研究所ニューヨーク事務所長・同政策調査部長等を経て、2014年より現職。著書に『アメリカ 選択肢なき選択』(日本経済新聞出版社)。共著として『ベーシックアメリカ経済』(日経文庫)・『全解説ミャンマー経済 実力とリスクを見抜く』(日本経済新聞出版社)等。


キャプチャ  2019年5月18日号掲載

テーマ : アメリカお家事情
ジャンル : 政治・経済

【人が集まる街・逃げる街】(75) 京都府京都市…増え過ぎた観光客に困惑する古都

最近の京都の街は、いつ訪れても観光客の波に圧倒される。『阪急電鉄』京都線の河原町駅を降りて、木屋町通を高瀬川に沿って御池通方面に歩けば、平日・休日に関係なく、大勢の観光客でごった返している。夜の帳が下りる頃、河原町から東へ進み、鴨川に架かる四条大橋を渡っていくと、右手が祇園である。花見小路を南に下がると、小科理屋やおしゃれなバー、カフェが軒を連ねるが、この界隈も人熱れで噎せ返る。京都は古くから観光で栄えてきた。だが、この街は観光地であるだけでなく、多くの企業を生み出してきた街でもある。世界トップの総合モーターメーカーである『日本電産』や、大手電機機器メーカーの『オムロン』を始め、『京セラ』・『ローム』・『村田製作所』・『任天堂』・『島津製作所』・『ワコール』等名だたる企業が本社を置いている。京都は独自の文化を築き、どちらかといえば閉鎖的な風土でもある。それらが相俟って、長らく観光はあくまでも二の次という位置付けがなされてきた。そんな京都の街が観光客だらけになった様子は、統計からも読み取ることができる。2000年度の京都市内の観光客数は4051万人。その内、宿泊者数は実人数ベースで942万人。外国人の宿泊者数は40万人に過ぎなかった。ところが、2017年度には観光客数が5362万人、宿泊者数が1557万人に膨れ上がった。特筆すべきは、外国人宿泊者数が353万人に及んだことだ。観光客数の増加率が約32%である一方、宿泊者数は65%の増加、外国人宿泊者数は何と8.8倍に膨らんだ。

遠方から、とりわけ外国から京都にやって来る人が増えた結果、観光客や宿泊者で溢れ返ることになったのだ。外国人観光客にも変化が見られる。以前は、京都を訪れる外国人は欧米系が多いと言われたが、現在では約半数が中国・台湾・韓国・香港といった東アジアからの宿泊者である。このように、激増した宿泊需要を狙って、京都市内では宿泊施設の建設ラッシュが続いている。同市が許可した新設宿泊施設数は、ホテル・旅館・簡易宿所の合計で、2012年度の49棟から、2017年度に909棟にまで増加した。その内、ホステル等と呼ばれる簡易宿所が871棟に及んでいる。弊害も出ている。観光客が市バスを利用することで市民の通勤・通学の足に支障が生じる等、市民生活に影響が出始めたのだ。これは、市バスの一日乗車券の販売枚数が、2000年度に100万枚だったのが、2015年度に614万枚にまで増加したことからも窺える。こうした事態を重く見た京都市は、昨年6月施行の住宅宿泊事業法(※民泊新法)で独自規制を打ち出した。新法によれば、民泊の年間営業日数の上限は180日。しかし、京都市の住居専用地域では年間僅か60日、しかも営業許可期間を毎年1月16日から3月15日までに限定するという、国内で最も厳しい条例を作ったのだ。観光消費額が1兆円を超え、大いに街は潤っている筈の京都だが、“増え過ぎた観光客”に困惑しているのが実態だ。京都市の観光協会の調査では、市内主要宿泊施設における日本人観光客の宿泊者数は、2017年4月から2018年12月まで21ヵ月連続で前年同月を下回ったと発表した。街の舵取りに変化の兆しが表れている。


牧野和弘(まきの・ともひろ) 不動産事業プロデューサー。1959年、アメリカ合衆国生まれ。東京大学経済学部卒。『第一勧業銀行』(※現在の『みずほ銀行』)や『ボストンコンサルティンググループ』を経て、1989年に『三井不動産』に入社。『三井不動産ホテルマネジメント』に出向した後、2006年に『日本コマーシャル投資法人』執行役員に就任し、J-REET(不動産投資信託)市場に上場。2009年に『株式会社オフィス・牧野』、及び『オラガHSC株式会社』を設立し、代表取締役に就任。2015年に『オラガ総研株式会社』を設立し、代表取締役に就任。著書に『なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか』(祥伝社新書)・『2020年マンション大崩壊』(文春新書)等。


キャプチャ  2019年5月18日号掲載

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

【劇場漫才師の流儀】(84) どっちが兄さん騒動

先日、『爆笑問題』の太田光君(54)とうちのぜんじろう君(51)の間で、互いの呼び方について一悶着あったようですね。芸人は、相手の名前の後にどんな敬称をつければいいか気を使うものです。特に、この2人は年も近く、事務所も違うので、かなりややこしいケースです。吉本では原則、入った日が1日でも早ければ先輩になるので、仮に年下であっても先に入っていた人のことは“兄さん”・“姉さん”と呼びます。今回のケースでいうと、太田君はぜんじろう君より3つ年上ですが、芸歴はぜんじろう君のほうが1年くらい長いそうです。だから、ぜんじろう君からしたら太田君は後輩になるわけです。但し、太田君は吉本の芸人ではなく、今やあれだけ売れているわけですから、年下のぜんじろう君を後輩扱いするのもわからなくはありません。因みに先日、ぜんじろう君が太田君のラジオ番組に出演した時は“太田君”と呼んでいましたが、太田君は“ぜんじろう”でした。ぜんじろう君も“太田”とか“光”とか呼べば、バランスが取れる気もするんですが。吉本は元々、落語と縁の深い事務所なので、この“1日でも早く入っていたほうが兄さん”という風習は、恐らく落語の世界からきているんだと思います。

因みに、僕はさんちゃん(※明石家さんま)と紳ちゃん(※島田紳助)より少し後に吉本に入ったので、初めは“兄さん”をつけて呼んでいましたが、2人が「同期やねんから“兄さん”は止めてくれ」と言うので、呼ばなくなりました。そういう個別のケースはまま、あると思います。ただ、以前にエド・はるみさんが吉本に入った時には違和感を覚えました。というのも、エドさんは40代で吉本からデビューしましたが、その前にも女優をやっていたりと、それなりに芸歴があります。それでも、吉本では新人なので、若手からは“はるみ”と呼ばれていました。うーん、これはどうなんでしょう? 僕は“エドさん”と呼んでいましたが、やっぱりそれまでの芸歴は重んじるべきではないですかね。因みに、去年のM-1の時、同じ審査員に落語家の立川志らくさんがいたんですが、何て呼べばいいのか凄く迷いました。芸歴も年齢も僕が上ですから“志らく師匠”はおかしいし、かといってあれだけ売れている方に“志らく君”も失礼です。親友とかなら“志らくちゃん”とかでもいいのかもしれないですが(笑)。恐らく、向こうは“巨人さん”と呼んでいる筈です。“巨人兄さん”とは呼ばないでしょうからね。若し“兄さん”と呼ばれたら、こちらは“志らく君”でいいんですけどね。因みに、東京の場合は“兄さん”・“姉さん”と呼ぶみたいですね。果たして今後、何と呼んだらいいのか、今度、志らく…さんに会うたら直接聞いてみようかな(苦笑)。


オール巨人(おーる・きょじん) 漫才コンビ『オール阪神・巨人』のボケ担当。1951年、大阪府生まれ。大阪商業高校卒業後、1974年7月に『吉本新喜劇』の岡八朗に弟子入り。翌1975年4月に素人演芸番組の常連だったオール阪神とコンビを結成。正統派漫才師として不動の地位を保つ。著書に『師弟 吉本新喜劇・岡八朗師匠と歩んだ31年』・『さいなら!C型肝炎 漫才師として舞台に立ちながら、治療に挑んだ500日の記録』(共にワニブックス)。


キャプチャ  2019年5月27日号掲載

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

【山根明のノックアウト人生相談】(25) お金もないのに格好つけるな!

Q. 仕事後にキャバクラやガールズバーに行くのが趣味です。ハマっている女性がいるわけではないのですが、行きつけの店には其々お気に入りがいます。ただ、酒が入ると気が大きくなり、高級店でもないのに一晩で10万円以上消えていることもしばしば。友人が初めて行ったキャバクラの女の子とセックスしたなんて自慢話を聞くと、物凄く腹立たしいです。散財しているわりに、女の子をお持ち帰りするなんてラッキーにはありつけません。口説けるものなら口説きたい。それが無理なら散財する癖を止めたいのですが…。どうすればいいのでしょう? (千葉県・35歳・会社員)

A. 結婚しているのか、彼女がいてるんか、書いていないですね。それによって僕も答えが変わるんですけど、彼女も家庭も無いと考えて答えますね。キャバクラやガールズバーに行くのが趣味だと。ただ、女性はやっぱりお金が欲しい為に、夜の世界で仕事をしていますからね。そこで相手を見つけて、万が一結婚しても、普通の女性と違って高い物が欲しいとか、付き合うならお金持ちがいいとかいう感覚の方が多いんですよ。夜の仕事をしている女性が悪いとか、そういう意味じゃありませんよ。やっぱり、昼の仕事と夜の仕事いうのは、収入が2倍も3倍も違いますからね。彼女が「ヴィトンが欲しい」とか「車一台買ってほしい」とか言っても、買えるだけの甲斐性があれば、夜の世界の女性との結婚も成立しますけどね。35歳でサラリーマンの方のようですけど、一晩で気分が良かったら10万以上も使っているって…この方ももうちょっと考えるべきね。お父さんが財産あるとか、2代目でその会社を継ぐとかいうんやったら結構ですよ。お勤めしている方にとって、10万って大きいですよ。今のやり方では借金だらけになりますよ。若し、好きな女性がおったらの場合ですけど、10万も使わずにして、5万ぐらい使って誘いを入れてみてですよ、女性に物を買ってあげるとかね。好きな女性がおったら、はっきり言ったらええ。「してくれ!」とかね。それで、相手がNOと言ったら諦める。他にも、そういうチャンスはいっぱいありますからね。気を多く持たずに、口説きたい女性を見つけたほうがいい。今、飲みに行っている店に気に入った女性がおれば、ざっくばらんに「つきあいしてくれ」とか言ったらいいですよ。目標を立てずに、あれもこれも中途半端なことをしては、お金放るんと一緒ですからね。お金は無いのに、中途半端に格好つけるんじゃなく、店に行ったら、女性一人を目標に絞ったらええんです。この方は女性が好きやのに、すましている! 格好つける必要がない。僕に言わしたら、勇気がないね。抑々、女性を口説くのに勇気はいりません。直接、一言でいいんですから。「食事でもしませんか?」とか「お酒でも飲みませんか?」とか。「つきあいしてくれんか?」と、はっきり言ったらええんです。夜の世界に行ったら、可愛い子もいっぱいおりますからね。格好つけて無駄遣いせずに誘えばええ!


山根明(やまね・あきら) 『日本ボクシング連盟』前会長・在日コリアン2世。1939年、大阪府生まれ。大阪商業大学ボクシング部ヘッドコーチ、大阪経済大学ボクシング部監督、シドニー五輪日本選手団ボクシング競技監督を歴任。2011年2月に日本ボクシング連盟会長に就任、2012年10月に理事会全員一致で終身会長となったが、助成金の不正流用等を理由に2018年8月8日を以て同会長・理事を辞任。近著に『男・山根 “無冠の帝王”半生記』(双葉社)。


キャプチャ  2019年5月27日号掲載

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接