【ニッポン未解決事件ファイル】(26) 警察庁長官狙撃事件(1995年)――警察内部から瓦解した『オウム真理教』との暗闘

1995年3月30日、警察が『オウム真理教』に包囲網を敷く中、国松孝次長官が自宅前で狙撃され、重傷を負った事件。疑いの目を向けられた信者の現役警察官が犯行を自白するも、決め手無し。2010年、時効成立――。 (取材・文/フリージャーナリスト 李策)

20170818 01
1995年3月30日午前8時25分頃。東京都荒川区のマンション敷地内に、突如として銃声が響き渡った。雨の中、スーツ姿の男性が腹を鮮血で染めて倒れこむ。警護のSPは素早く動いたが、銃声は数回続き、倒れた男性はその度に体をよじらせた。現役の警察庁長官が、自宅前で狙撃される――。“治安の良さ”を世界に誇ってきたこの日本で、誰も想像できなかったことが現実に起きた。この日から警察は、“威信をかけた捜査”に突入。しかし、その迷走ぶりは皮肉にも、「日本の警察が解決できるのは、身内や知人同士の怨恨やカネ絡み殺人だけ。計画的な犯罪には歯が立たない」との印象を強く与える結果になった。以下にその経過を振り返ってみる。目撃情報等によると、当時の警察庁長官・国松孝次(※右画像)は、20m以上離れた場所から撃たれた。犯人の男は、長官が住むマンションの1階敷地内の柱の陰に隠れて待ち伏せして、玄関から出てきた国松長官を狙撃した。犯人の男は40歳位で、身長約180㎝。白マスク、帽子に紺色トレンチコート姿だったという。狙撃後、現場近くで黒い自転車に飛び乗り、同マンション裏の路地を通って逃げ去った。しかし、朝の通勤時間帯の犯行だったにも拘わらず、捜査本部は逃走経路の把握に失敗する。「犯人らしい男を見た」。捜査本部には、事件から5日間で約120件の情報が寄せられた。その内の相当数は、京成本線等の町屋駅方向に逃げた様子を示唆。他方、マンションから南東側のJR・地下鉄の南千住駅方向に逃げたことを窺わせる情報も集まった。犯人と同じ格好をした仲間が、逃走支援の為に別の方向に走った可能性もあるが、何れにせよ、捜査はこの時点から迷走を始めるのである。

犯人像についても同様である。犯人は、歩行中の国松長官に約22mの距離から短銃を4発発射。うち3発を腹部等に命中させた。そのことから“射撃能力が極めて高い男”との見方が出る一方で、評論家の間では「訓練次第で、素人にもできない芸当ではない。寧ろ、プロなら確実に射殺されていた」との声も出た。そんな具合に、捜査の長期化が予想され始めていた1996年10月25日、元オウム真理教信者の現職警察官が狙撃に関与したことを仄めかす供述をしていることが明らかになった。都内の報道機関に、「犯人は警視庁の警察官で、既に犯行を自供している」等とする差出人不明の文書が送られてきたのだ。刑撃事件は、1995年3月20日に地下鉄サリン事件が起き、捜査当局が山梨県上九一色村等の教団施設に対し、大規模な強制捜査に着手する中で発生した。また、国松宅等のマンションの郵便受けに、狙撃事件の前日、オウム真理教への強制捜査を批判するビラが撒かれたという事実もあった。捜査本部は、こうした状況等から、オウム真理教が捜査の撹乱を狙った組織的な犯行との見方も視野に入れていた。そんな中、オウム信者であった現役警察官が、1996年5月初旬から実行を認める供述を開始した。警視庁は警察庁にも報告せず、捜査員が数ヵ月間、共同生活をしながら聴取。オウム真理教の警察官に対するマインドコントロールの影響を考え、専門家にカウンセリングも受けさせた。だが、その様子を収めたビデオが後に民放テレビ局に流出し、却って供述の客観性に疑問を抱かせる材料となってしまう。警視庁は、こうした任意聴取を続ける中で、発砲の状況や現場からの逃走の経緯に関する説明に、実際に事件に関わった者でなければわからない“秘密の暴露”を認めた。しかし、警察官が凶器の短銃を捨てたと明かしたJR水道橋駅近くの神田川からは、物証が見つからなかった。実行メンバーとして警察官が名前を挙げた複数の教団幹部も其々、事件への関与を否定した。結局、警視庁はこの警察官を懲戒免職の上、警察の内部情報を漏らしたとして地方公務員法違反(秘密漏洩)容疑で書類送検したが、そこまでだった。東京地検は1997年6月17日、「供述の信用性には重大な疑問を抱かざるを得ず、狙撃事件の被疑者として捜査を進めるのは適当でない」との見解を発表。「元警察官が銃撃事件の実行犯の可能性は極めて低い」との判断を示した。一方、この間、極秘の事情聴取が発覚したことを受けて警察庁は、①警視庁から警察庁に未報告だった②十分な裏付け捜査を怠った――として、当時の警視庁公安部長を更送。井上幸彦警視総監も引責辞任する展開となった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

和歌山地裁が再審請求を棄却…支援者も驚く林眞須美“生への執念”

20170817 08
1998年の夏に起きた和歌山毒物カレー事件。夏祭りの会場で出されたカレーに猛毒の砒素が混入された事件で、2009年に死刑が確定していた林眞須美死刑囚の再審請求が、2017年3月29日に棄却された。「事件から20年目に突入しましたが、彼女は相変わらず無実を訴えています。しかし、面会した家族に話を聞くと、やはり年齢は隠せず、今は若い頃、逮捕前に頻繁に報道されていた頃の面影は全く無くなっているそうです」と支援者の1人が語る。「再審請求を始めたのは、死刑が確定してから直ぐの2009年。通常、再審請求というのは確定後、2年くらいしてから始めるものです。というのも、現状では確定後、何もしなくても2年くらいは死刑執行の順番が回ってくることはない。慌ててスタートするよりも、暫く時間を置いたほうが、その後のことを考えると、時間が稼げて得策という考えもあるのです。しかし、彼女は絶対にやっていないということで、直ぐさま再審請求に走った。支援者の立場としては、彼女の本当の気持ちがそこに現れていると思っています」。

林眞須美の再審請求は、カレーに混入されていた砒素と、眞須美宅にあった砒素が異なる化学構造を持つ“別物”であったとする新たな鑑定結果等を根拠としたものだったが、和歌山地裁はその鑑定を採用せず、8年がかりで再審請求を棄却した。当時、事件を取材した然るジャーナリストが語る。「この事件は、未だに動機の部分が未解明なのです。どうして眞須美が砒素で無差別に住民を殺害しなければならなかったのか。一部には『体調を悪化させる程度に困らせるつもりで少量を入れるつもりが、量を間違えた』とか、『実の娘が間違えて入れたことを知っていながら、親として庇っている』といった実しやかな説がありますが、何れも推測の域を出ない。しかし、最後まで動機の部分が解明されなかったことは、林眞須美の無実を信じる支援者たちの最大の“拠り所”となっています」。元々、日本では女性死刑囚に対する死刑執行が、男性に比べ先送りにされる傾向が高いと言われており、“フェアレディZの女”と呼ばれた宮崎知子(※1980年の富山・長野女性誘拐殺人事件)や、共犯者の関根元と共に死刑が確定した風間博子(※1993年の埼玉愛犬家殺人事件)らは、未だに生かされている。「前例から言って、事件にかなり謎が残っている場合には、死刑の執行は考え難い。かといって、現代の事件で再審がそう簡単に認められるとも考え難いので、彼女はこのまま“獄中のジャンヌ・ダルク”として、長く無実を求める闘争を続けていくことになるような気がします」(同)。死刑を受容するという木嶋佳苗とは対極を行く死刑囚・林眞須美の戦いは、当分終わりそうもない。 (取材・文/本誌編集部)


キャプチャ  キャプチャ

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

『山健組』血みどろの半世紀――6代目と神戸、2つの山口組を割った武断のDNAを解剖!

一昨年、『山健組』は『6代目山口組』を飛び出して、『神戸山口組』を立ち上げた。だが今年は、その山健組内部から有力組長である織田絆誠が離反し、『任侠団体山口組』が結成された。山口組の保守本流ながら、何故、山健組は山口組を割り続けるのか? 好戦的過ぎるそのDNAに迫る。 (取材・文/フリーライター 本郷海)

20170815 04
山健組の初代である山本健一は、神戸の不良だった1951年、山口組の安原政雄若頭と知り合って渡世入りした。1953年には、当時の人気俳優だった鶴田浩二を煉瓦やウィスキーの瓶で殴り付ける事件に関与して、懲役刑を受けている。その後も、山健初代は進んで対立抗争に参戦。その働きぶりを田岡3代目に認められ、1957年には山口組直参に昇格し、田岡3代目のボディーガード兼秘書役を任された。その後、1960年に山健初代は山健組を旗揚げし、1962年の伝説の鉄砲玉・夜桜銀次が殺された“博多事件”や、翌年の仁義なき戦いで知られる“第2次広島抗争”等、山口組の全国進攻作戦で活躍。それらの功績が認められ、1963年に若頭補佐に昇格し、1971年にはナンバー2の若頭に就任した。当時の組員数は、地元の神戸を含めた関西・九州・東海等に僅か500人ほどだったと言われている。若頭就任から4年目の1975年、山口組と大阪の老舗博徒『2代目松田組』との間で“大阪戦争”が勃発。1978年7月、京都のナイトクラブで田岡3代目が松田組傘下組織の鳴海清組員に銃撃されると、山健初代は本家若頭として、松田組への徹底的な報復戦の陣頭指揮を執った。“山健組の三羽ガラス”と称された渡辺芳則会長(※後の5代目山口組組長)の『健竜会』、杉秀夫会長の『健心会』、盛力健児会長の『盛力会』らが中心となり、松田組へ“血の報復”を繰り広げた。先ずは同年8月、同組の大阪地区責任者格だった盛力会長が牽引する盛力会の幹部2人が、大阪市内の銭湯で松田組の傘下組織幹部を襲撃し、射殺する。「後に、この事件で盛力会長を筆頭に、幹部や組員ら7人が逮捕・起訴された。盛力会長は首謀者として、懲役16年の刑を打たれている。長い懲役に服することになったが、盛力会は一層怖れられるようになった」(関西で活動する他組織幹部)。

「盛力会に後れを取るな」と、翌9月には、渡辺会長が率いる健竜会の幹部2人が、和歌山市内にある松田会傘下の『西口組』組長宅を襲撃。当番で詰めていた同組組員の2人を射殺した。この事件で、当時は服役中だった渡辺会長に代わって、同会の理事長補佐として陣頭指揮を執ったのが、現在の神戸側の井上組長である。大きな戦勲の代償として、三羽ガラスが関わった事件の中では、最も重い17年の長期服役を余儀なくされた。だが、この勇猛果敢な事件に参画した井上組長の勇名は、“健竜会に井上あり”として業界中に広まることとなったのだ。更に同年10月には、会長が統率する健心会の組員2人が、大阪市内のスナックで、松田組傘下の村田組若頭を銃撃して、重傷を負わせている。この事件で、杉会長始め同組の幹部ら6人が逮捕され、大半が懲役6年の判決を受けた。「一連の報復攻撃によって、山健組では数多くの幹部や組員が逮捕され、それらの懲役を合算すると数百年にも及んだ。大阪戦争では、他の山口組直系の傘下組織も奮戦していたが、業界に最も強烈なインパクトを与えたのは山健組だった」(ヤクザ業界の歴史に詳しい実話誌系ライター)。松田組に対する山口組からの激しい報復が落ち着いた同年11月、現在の6代目側総本部である田岡3代目邸に、若頭の山健初代はマスコミ関係者らを招いた。未だ松田組との手打ちに至っていない段階ではあったが、異例にも山健初代は、テレビや新聞を通じて一方的な抗争終結宣言を行ったのだ。これが、山健初代にとって最後の晴れ舞台となる。別件で保釈中だった山健初代は、マスコミに登場して目立った為、警察当局の怒りを買ったのだ。保釈は直ぐに取り消され、収監された獄中では持病だった肝臓病を悪化させ、1981年7月に亡くなった田岡3代目の後を追うように、約半年後の翌1982年2月に亡くなったのである。山健初代の急逝に伴い、山健組の跡目に就いたのは、若頭である健竜会の渡辺芳則会長だった。予てより山健初代の子飼い中の子飼いと目され、また3年以上に亘って社会不在を余儀なくされた山健初代の留守を守ってきた人物である。「渡辺2代目は、山健初代とは対照的に、“数こそ力”を旗印に掲げ、積極果敢に組織力の増強を図った。瞬く間に組員は増加して、警察当局も驚く変貌を遂げ、“山健組1000人軍団”と呼ばれるほどだった」(山健組の元組員)。着々と2代目山健組が勢力を拡張する一方、田岡3代目と山健初代を相次いで失った山口組は、激動の季節に突入していた。1984年6月、竹中正久4代目誕生を受け入れられない一派が離脱し、『一和会』を結成したのだ。渡辺2代目は、4代目山口組体制が発足すると同時に、若頭補佐に抜擢されて執行部入りしていたが、新しい座布団に落ち着く間もなく、一和会との間で“山一抗争”と呼ばれる史上最大の争いが勃発してしまう。

続きを読む

テーマ : 暴力団
ジャンル : ニュース

“ヤクザ界の救命ボート”に次は誰が乗るのか? 『任侠団体山口組』予備軍の面々

『神戸山口組』から飛び出た『任侠団体山口組』に、『6代目山口組』傘下からの合流者が現れた。沈みゆく2つの山口組の“救命ボート”を自称する織田絆誠代表の下には、今や誰が駆けつけてもおかしくない。その顔ぶれは、山菱の代紋を超えた広がりを見せている。 (取材・文/フリージャーナリスト 柳沢十三)

20170815 01
ゴールデンウィークが始まったばかりの4月30日、神戸山口組(井上邦雄組長)でまさかの分裂騒動が起き、任侠団体山口組(織田絆誠代表)が発足した。それから暫くの間、警察やマスコミは神戸側から誰が抜けたのかを把握できず、右往左往していた。「任侠側の会合場所にいた関係者の顔を片っ端から撮影し、急いで社に戻って、過去に撮影した写真と見比べながら“面割り”しました。すると、どうやら神戸側から抜けたのは、大半が4代目山健組(井上組長兼任)系の人間だということがわかりました」(関西の地方紙記者)。山健組の直系組織の中には、親分だけが神戸側に残った組織や、その反対に子分らだけが神戸側に残った組織もあったようだ。ところが、分裂から丁度1週間が経過した5月7日、衝撃の事実が判明する。神戸側陣営の内紛という枠を越え、6代目山口組(司忍組長)の直系組織である『淡海一家』(髙山誠賢総長)から、大谷榮伸舎弟が自らの組織を率いて任侠側に加入したのである。当日、京都府内にある大谷舎弟が統率する組織の事務所を、任侠側の池田幸治本部長(※『4代目真鍋組』組長)・山﨑博司本部長補佐(※『3代目古川組』組長)・久保真一本部長補佐(※『山健同志会』会長)ら一行が訪問。池田本部長がチェーン付きのプラチナ製の代紋バッジを手渡すと、大谷舎弟はその場でスーツの襟に付けたという。「組織名称は“京滋連合”に改められたそうです。いきなり任侠側執行部の“本部長補佐”を任されたことからも、最高級の待遇とみて間違いないでしょう」(全国紙関西支局社会部記者)。

嘗て大谷本部長補佐は、『4代目会津小鉄会』を率いた故・髙山登久太郎会長の若い者として、修行を重ねていた。その後、山健組の有力傘下組織である『健竜会』への移籍を経て、髙山4代目会長の実子である髙山総長が統率する淡海一家で舎弟を任されていたのだ。「大谷本部長補佐は“不死身の大谷”と呼ばれている。それは、過去に3回も銃撃されたが、その度に復活したからだ。修羅場をかい潜ってきた猛者であることは間違いない」(関西地区で活動していた元6代目側関係者)。この度、任侠側に移籍した経緯については公表されていない為、詳細は不明だが、経歴にそのヒントが隠れているという。「淡海一家の髙山総長は弘道会(竹内照明3代目会長)出身だから、大谷本部長補佐も弘道会の強さを知ると同時に、息苦しさも感じていた筈だ。更に、山健組にいた経験があれば、任侠側に知り合いがいても不思議はない。神戸側が分裂するタイミングで、『任侠側で頑張ってみないか?』とスカウトがあった可能性はある。何はともあれ、第三者の組織から任侠側に移った親分がいたことは、紛れもない事実。これは、一昨年8月に神戸側が発足した際には無かった現象だ」(関西で活動する6代目側関係者)。嘗て神戸側が6代目山口組を飛び出した際には、「第三者の組織からも加入があるのではないか?」といった憶測や噂が何度も飛び交った。具体的な親分の実名や組織名も盛んに語られていたのである。だが、現在に至るまで、そうした親分や組織が神戸側に加入したという話は聞こえてこない。それに引き換え、任侠側は古巣以外の組織からの引き抜きをあっさりと成功させている。つまり、任侠側の誕生によって、ヤクザ業界は愈々流動性を増しているのだ。そこで筆者と本誌編集部は、今後の展開を占うべく、業界関係者を中心に、今後、任侠側へ移籍が予想される人材や組織名についてのアンケートを実施した。集計結果によれば、「移籍が濃厚ではないか?」との回答が最も多く集中したのは、神戸側の入江禎副組長(※『2代目宅見組』組長)だった。入江副組長は神戸側の実質的なナンバー2であり、組織の要だ。「入江副組長は、今年の年明け頃から神戸側の会合に殆ど出席しなくなっていた。当初は体調不良とも言われていたが、どうも何かトラブルが起きていたらしい。分裂騒動で有耶無耶になったが、未だトラブルが解決していないなら、今後、飛び出すこともあり得る」(九州地区に本拠を構える神戸側傘下組織組員)。任侠側の分裂騒動が起きて以降は、あらぬ疑いを避ける為か、入江副組長は定例会に顔を見せるようになったが、井上組長との間で何かしらの齟齬を抱えているというのは、今や公然の秘密である。では何故、入江副組長は、織田代表が任侠側を立ち上げる際に、行動を共にしなかったのか?

続きを読む

テーマ : 暴力団
ジャンル : ニュース

指名手配犯逃亡の必需品…偽造IDはソープ街で売られている!

20170814 18
「免許証・保険証・住基カード…。そっくりで精巧な偽造カードは、数万~数十万円で作成可能です」。そう話すのは、ソープ街を渡り歩く泡姫のS嬢。「免許証はICチップ埋め込みなので、見た目だけですが…」と瞬間だけ見せてくれた免許証は、なるほど精巧なものだった。S嬢に業者を紹介した人間によると、プリンターやスキャナーは市販品を使用。オフセット印刷機も活用とのことだが、こじんまりした場所で作成されているという。では、透かしやホログラムの技術はどこから入手したのか? それは、「そっくりな別用紙が使用されている」「背後にもっと大きな組織の活動を匂わせる」とも。しかし何故、ソープ嬢が偽造免許を必要とするのか? 「入店面接用です。年齡・本籍・住所・電話番号等、過去にトラブルが無いか、店側も照会してきます。なので、後ろめたい過去がある応募者には偽造免許が必要なんです。流石にチップの読み取りまではしてこないので、見た目で騙せれば大丈夫です」。それと、案外多いのが“年齢詐称”。これは純然と見栄が理由で、中には実年齢と20歳以上も差のある免許証を偽造する猛者もいるらしい。当然、指名手配犯や逃亡犯にも用途があるだ ろう。虚々実々とした世界を巡る人間たちに、偽造カードは必須のアイテムなのだ。 (取材・文/フリーライター 李哲)


キャプチャ  2017年8月号掲載

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

一度捕まったら逃げられない、人生をドン底に突き落とす…痴漢冤罪から逃れる方法は存在するのか?

“痴漢冤罪”は、男にとって最凶最悪のテロ行為だ。いくら「やっていない!」と叫んでも、一度疑われたら最後。無実を証明するのは不可能に近く、変質者のレッテルを貼られて、奈落の底に突き落とされてしまう。痴漢冤罪から逃れる為にはどうすればいいのか? (取材・文/本誌編集部)

20170814 11
「この人、痴漢です!」「違う、俺じゃない!」――。痴漢に間違われた男が、駅のホームで女性側とこんな押し問答を繰り返した挙げ句、線路に飛び降りて逃走する事件が相次いでいる。東京都内に限っても、JR新橋駅やJR池袋駅で痴漢を疑われた男が線路に飛び降りて逃走し、電車が遅延する事件が今年3月以降で9件も起きているのだ。5月には、東急田園都市線の青葉台駅で、痴漢を疑われて駅員室に連れて行かれそうになった34歳の男が、「俺じゃない!」と叫んで線路に逃走。電車にはねられて死亡するという悲劇も起きた。何故、痴漢を疑われた男たちは、線路に飛び降りてまで逃げるのか? それは、“痴漢冤罪”が恐ろしいからだ。痴漢冤罪とは、全く身に覚えがないのに痴漢の疑いをかけられ、警察に勾留された挙げ句、不当な処分を受けることだ。2011年に起きた三鷹バス痴漢冤罪事件をきっかけに、近年は痴漢冤罪が社会全体でも大きな問題となっている。これが恐ろしいのは、痴漢で捕まったという事実によって、仮に無実になったとしても、折角手に入れた仕事も収入も家庭も全て失い、そこで人生が終わってしまうことにある。いくら「自分は痴漢なんてやっていない」と叫んでも、その主張が認められるケースなど殆ど無い。痴漢で捕まって警察に勾留されたら、会社と連絡が取れなくなり、その時点でクビになる。クビにならないまでも、痴漢騒ぎで職場には居辛くなるだろう。あくまで冤罪を主張しようものなら、警察に罪を認めない犯罪者予備軍とされ、マスコミに実名報道されて社会的に信用を失う。その結果、被害者は精神的に追い詰められ、鬱病等を発症し、妻からも離婚を突きつけられ、家庭が滅茶苦茶になる。運よく無罪となって職場に復帰できたとしても、“痴漢で捕まった変質者”というレッテルが一生ついて回る。こんな悲劇が数え切れないほど起きているのだ。

その癖、「この人、痴漢です!」と告発した女性側は、1人の男の人生を滅茶苦茶にしたというのに、単なる勘違いで済まされ、特に被害を受けない。この理不尽の極みというべきものが痴漢冤罪だ。だからこそ、痴漢を疑われたら線路に飛び降りてでも必死に逃げようとするのだ。それでは、この痴漢冤罪という悪夢から逃れる為には、どうすればいいのか? 最初に言っておくと、線路に飛び降りて逃げるのは最悪と言っていい方法だ。確かに、3月以降に都内で起きた9件の線路飛び降り事件では、その内の8件で逃げた男が逮捕されていない。だが、これは単に運がよかっただけの話だ。痴漢冤罪に詳しい弁護士のA氏によれば、「先ず、線路に降りること自体が違法行為です。それで電車を遅延させれば、損害賠償請求されることもある」という。「しかも、最近は正義感の強い人が女性に加勢する例が多く、混雑した駅構内でそうした協力者や駅員を振り切って逃げ切れる可能性は低い。逃げると自分が痴漢したと言っているに等しく、防犯カメラで特定されて後日逮捕されることになりかねません」(A氏)。だからといって、女性側に「触ったでしょ!」と取り押さえられ、そのまま黙って駅員室に連れて行かれたら一巻の終わりだ。駅員室に行ったら、その時点で“私人逮捕”、つまり私人による現行犯逮捕となる。この時、駅員はマニュアルに沿った型通りの対応をするだけで、当事者の間に入って事実確認することすらしない。いくら「俺は触っていない!」と主張しても、駅員は痴漢を疑われている側の言い分など一切聞こうとしない。痴漢事件では、女性の言い分しか信用されないのだ。そして程なく、最寄りの警察署から警察官がやって来て、痴漢の容疑者として取り調べを受けることとなる。この“逮捕・勾留”というルートに一度乗ってしまったら、最早、最悪の事態から逃れる術は無い。「警察はきちんと捜査する筈」「司法は正しく判断してくれる筈」等というのは単なる幻想だ。実際、前述の三鷹バス痴漢冤罪事件では、痴漢に間違われた男性が「右手で携帯電話を操作し、左手で吊り革を持っていた」と無罪を主張。その様子がバスの車載カメラの映像に証拠として残っていたのに、裁判所は男性を訴えた女子高校生の供述のみを信用し、有罪判決を言い渡している。男性は最終的に逆転無罪を勝ち取ったものの、逮捕から3年近くも痴漢の濡れ衣を着せられ、その間ずっと休職を余儀なくされた。こんな目に遭わない為には、女性側に「触ったでしょ!」と言われて揉めても、絶対に駅員室に行かないことが極めて重要だ。その駅員室に行かずに済ます方法の1つが、“名刺を渡してその場を立ち去る”という対処法である。逃げるのに比べて、素性を明かしてその場を立ち去るのは穏便な方法で、身の潔白を印象付ける効果も見込める為、一般的にも有効な対処法とされている。しかし、一昔前なら兎も角、現在、この方法は通用しなくなっているという。刑事訴訟法では、30万円以下の罰金の軽微な犯罪の場合、「住所や氏名が明らかではなく、逃亡の恐れがある場合のみ現行犯逮捕できる」と規定されている。これが、“名刺を渡せばその場を立ち去ることができる”という方法の根拠だ。

続きを読む

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

六本木で暗躍する女地上げ師…暴力団への資金巡り警視庁が内偵

20170809 02
六本木の超一等地を舞台に、謎の女地上げ師が暗躍し、警視庁は、その新手の詐欺的ビジネスの内偵に乗り出している。幾つかの通り名を使い分けていると言われるこの女地上げ師を巡っては、「地上げで吊り上げた莫大な資金が反社会的勢力に還流している可能性もある」と関係者は指摘している。舞台となっているのは、六本木交差点の角地のワンブロック。ここでは、香港の大手投資会社、そしてこれに連携するアセットマネージングのK社、『東急不動産』系列の会社が街区全体を手中に収めようと策動した。その尖兵として、件の女性が動いたという。というのも、この一角には暴力団系のビルがあり、「香港の投資会社等は、自らが手を汚さぬよう、“濾過装置”として女性を利用してきた」と不動産業界関係者は解説する。当の女性は、既に多額の債務で自己破産に。しかも、「香港の投資会社は、この女性の地上げに巨額の融資をしており、計画破産で土地を手に入れるカラクリではないか」と別の不動産会社幹部は推察する。何れにしても、女地上げ師の暗躍で、この一帯の地価が更に高騰することによって、「暴力団の資金を潤沢にする源泉」(捜査関係者)となっているのは間違いない。


キャプチャ  2017年7月号掲載

テーマ : 暴力団
ジャンル : ニュース

中国人富豪たちに日本のアイドルが買われる現場――1分1万円専用チャットで流出不可避の激ヤバ実態

今、中国人たちが、尖閣諸島だけでなく、日本のアイドルたちを占拠しようとしているという。一体、芸能界の裏側では何が起きているのか? 危ない最新事情に迫る。 (取材・文/本誌編集部)

20170802 03
一時期、日本の百貨店等にバブルを齎した中国人の“爆買い”が収まっているとの報道がなされているが、それとは違う爆買いが今、まさにピークを迎えようとしている。その対象が、日本のアイドルたちに向けられたのだという。日中双方の芸能事情に詳しいルポライターのN氏が、匿名で教えてくれた。「蒼井そらが中国で人気を博していますが、中国では何年も前から日本のAV女優たちに熱い注目が集まっています。それは、中国では表向きアダルトが全面禁止の為、日本のAVが最も優れたオカズだからです。しかし、金銭的にも精神的にも余裕のできた最近の中国人男性の間では、AV女優のような直接的ではない日本のアイドルたちに目が向けられています」。禁止されているAVじゃなければ、自国の芸能人に目を向ければ良さそうなものだが、抑々、中国の芸能界で活躍する為には、愛人の立場を絶対とした当局のお偉方のスポンサーが必要である。これはほぼ周知の事実で、それを知っている中国人男性たちは、自国の“汚れたタレント”たちに目を向けようとしないのだ。その為、カネに物を言わせて、日本のアイドルたちを手籠めにしようとする中国人大富豪が、ブローカーを使って急速に日本の芸能界に入り込んできているという。

「数年前、『破格の価格で中国の富豪がAV女優と愛人契約した』というニュースが実名で流れたことがありましたが、中国人にとって、日本の女性と交際するというのは、それだけで大きなステータスなのです。AV女優ですらそうなのですから、日本で有名なアイドルとどうにかなることができたら、プライドの高い中国人たちにとって何より自尊心を満たすものになります」。日本でもアイドルたちの“枕営業”や“ギャラ飲み”といったことが話題になっているが、彼らが使う額は桁が1つか2つ違うという。「私が知っている話だと、ある国民的アイドルのメンバーが誘いに乗った時には、一晩で2000万のカネが動いたといいます。小一時間ほど酒を酌み交わすだけでも、50万や100万平気で出す中国人もいますね」。そして、今後思わぬ事件が起きそうだと語るのが、インターネット回線を使ってのチャットのやり取りだというのだ。「そう頻繁に日本に来られる訳ではない中国人富豪の中では、『画面の中だけでも2人っきりで話したい』という者がいます。そんな彼らとアイドルを繋ぐ専用回線を最近用意した仲介グループがいるのです。その価格は、何と1分1000元(約1万6000円)。普通のライブチャットの相場の100倍です。アイドルの手元にいくら行くのかはわかりませんが、その高額な金額でも、1時間も2時間も筆談なりで話し込む富豪たちがいるそうです」。大富豪とはいえ、そんな高いカネを払っていれば色々要求したくなるのは男の性。彼らの中には別途、チップと引き換えに裸やオナニー映像を求めてくることがあるという。「それこそ、『おっぱいを見せてくれたら100万円』とか、『エッチな姿を見せてくれたらマンションを買ってあげる』なんて言って誘うそうです。同じ日本人だと警戒するアイドルたちも、異国の金持ちと聞かされると、遠い存在だと思って警戒心が薄らぐのか、予想外の大物アイドルまで参加して、痴態を曝してお小遣いを貰っていると聞きます。携帯電話の画面上ではその場限りのサービスに思えますが、録画されていれば、いつ流出騒ぎになってもおかしくありません」。大物アイドルのまさかの流出騒動は、海を渡った大陸が震源地となるかもしれない――。


キャプチャ  第5号掲載

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

「俺が見た警察官の裏稼業、全部バラす!」――飛松五男氏(元兵庫県警刑事)インタビュー

20170802 06
警察の裏稼業はぎょうさんありますよ。しかも、舛添要一もびっくりするほどのセコさ(笑)。そして、“汚い”・“アホくさい”。警察の裏稼業の特徴は、特権である“捜査権”を悪用して、セコい銭儲けをしていること。その代表が“横流し”。僕が現役の時、シャブを1㎏押収した。シャブは現場で即検査をしますが、そこで1㎏あったのに、調書の段階では何故か600gに減っている。抜いた400gのシャブを、現役の刑事が密売していたんです。僕のいた兵庫県警には、横流しの組織が間違いなくあったし、余所でもある。実際、元大阪府警の刑事と話した時、横流し担当の刑事の名前が一致した。兵庫の横流しシャブを大阪で売り捌いていたんです。この大阪府警の元刑事は、2016年6月25日に公開になった映画『日本で一番悪い奴ら』(東映・日活)のトークショーで一緒になりました。この映画は、銃器対策のエースだった元道警の稲葉圭昭氏が、拳銃を押収する為にシャブや大麻を密輸して、その代金で拳銃を密輸した“稲葉事件”がモチーフになっている。実は、兵庫県警でも同じことをやっているんです。押収した拳銃61丁は、大麻20㎏を刑事が密輸して、その代金で“買った”もんです。勿論、警察は密輸した大麻を自分たちで売り、余ったカネは皆が“ぽっぽ(着服)”してきた。別に今後の捜査の為の裏資金にするとか、そういう高尚なもんじゃない。ただ、自分たちの飲み食い・贅沢に使う。だから“汚い”と言うんです。

裏ビデオもそう。僕が若い頃は、女性の局部の写真が売れるような時代だった。だから、そういう写真を押収すると、刑事が鑑識に「焼き増ししといてや」と頼むんです。鑑識は自前の現像室があるから、どんどん焼いて、刑事がせっせとその写真を“大人の店”に卸して、小遣いにする訳です。裏ビデオも、マスター(原板)を押収すると、ダビングしてショップに卸す。当然、便宜を図るショップは、生活安全課の刑事がオーナーをしている。風俗も同じ手口で、“刑事の店”は一杯ありますよ。しかも、冗談抜きで最低のぼったくり店ばかり。絶対に摘発されないから、やりたい放題。良心的な店になる筈がないんです。もっとセコい話もある。例えば、新しいサービスの店を出す時、オーナーは、法に触れないか知り合いの刑事に相談します。昔で言えばノーパン喫茶とか。ああいう店は、最初にやれば絶対に儲かるでしょ? それを刑事は、そっくりパクって店を出す。邪魔ならアイディアを出した店を潰せばいい訳で、インサイダーもえぇところです。これは聞いた話ですが、大阪のミナミで裏カジノの店を摘発しようとしたら、そのオーナーが何と自分とこの署長の息子だったそうです(笑)。逮捕状を取るのに登記簿を調べたら、オーナーの名字が署長と一緒なんで、念の為に確認したら、ホンマに実の息子やった。つまり、実質の経営者は署長なんですから、若し逮捕していたら現場から証拠も出た筈で、大変なことになった筈です。現職の交通課長がドライブインを経営していた時なんて、店の前の道に右折レーンを作りよりましたからね。似たような話は奈良にもあって、こっちはパチンコ店でしたが。店専用の右折レーンのある店は、警察関係者の店と思って間違いないでしょう。ホンマ、アホらして泣けてきます。正直、ヤクザの店のほうが何倍もマシですよ。何かあれば摘発される分、サービスも値段も安いし、税金もちゃんと払う。何より、女の子が可愛い(笑)。国民にとってどっちが“ワル”なのか、説明するまでもないでしょう。ここまでは個人や小さい組織の裏稼業ですが、組織ぐるみで言うのなら“集金”ビジネスでしょうな。わかり易く言えば、警察による“みかじめ”ですよ。管内の企業に対してカネを要求するんです。明石署にいた時代の話です。新しい署長が来るなり、「3000万円作れ」と命じられたのです。大体、署長は2年で異動します。その時に署から渡す不当な“退職金”も勿論、裏金です。僕も刑事やったからよく知っていますが、自分のやっていない出張やら捜査やらがバンバン付けられて、捜査費を上乗せしていく。公文書偽造による横領ですよ。北海道警の原田(宏二)さんが告発した“裏金問題”は、どこもやっている訳です。それでも足りないと集金が始まる。異動の内示は1週間。その間、足りない分を、各部署の担当者が管内の企業を巡って集めていく。どうして企業が署長の退任や異動にカネを出すのかというと、利権というか癒着があるからです。わかり易い例で言えば、企業は“3点セット”の捜査情報を警察から買っている。これは前科前歴・思想信条・消費者金融の情報で、企業にすれば社員の登用や取引先の信用調査等で非常に価値がある。だからカネを出す。大体、1社あたり年800万円で、警察OBを通じて裏契約しとるんですよ。

続きを読む

テーマ : 警察
ジャンル : 政治・経済

『週刊現代』独占インタビューに同業者から異論続出! 『任侠団体山口組』織田絆誠代表が広げた“脱ヤクザ路線”の大風呂敷

『神戸山口組』を飛び出して『任侠団体山口組』を立ち上げた織田絆誠代表が、『週刊現代』の独占取材に応えて、思いの丈を激白。あまりに理想論ばかりに終始する主張には、多くのヤクザ業界人が眉を顰めている。現代ヤクザ界の異端児は、一体どこへ行くのか? (取材・文/フリージャーナリスト 柳沢十三)

20170721 08
任侠団体山口組(織田絆誠代表)が結成されてから、早くも1ヵ月が経過しようとしている。しかし、新団体の誕生は、未だ大きな波紋を呼んでいる。神戸山口組(井上邦雄組長)の最前線に常に身を置いて戦い続けてきた織田代表が離脱した事実は、ヤクザ業界の人間に大きな衝撃を与え続けているのだ。「現在でも、まさかという気持ちが消えていない。井上組長に尽くそうとする織田代表の姿勢や思いは、並々ならぬものがあったからな。まさに腹心中の腹心だよ。実力が飛び抜けていただけでなく、強い信頼が無ければ、4代目山健組(井上組長兼任)の幹部から、いきなり神戸側の最高幹部(※若頭補佐、その直後に若頭代行に就任)に大抜擢されることもなかったろう」(元山健組組員)。このヤクザに限らず、多くの警察やマスコミの関係者らも、当初は「織田代表が神戸側から離脱する」と聞いても、額面通りには受け取っていなかった。「神戸側に籍を置いたままで織田代表らが6代目側を攻撃すると、井上組長が使用者責任に問われてしまう。そこで敢えて、表面的に神戸側から離れる道を選んだのだろう」と解釈したのだ。つまり、「井上組長に司直の手が伸びないよう気遣って、織田代表らだけで“仕事”をやり遂げる為に決起した」と理解したのである。所謂、この“偽装分裂説”は、かなりの信憑性を以て各方面に出回った。関西地区に拠点を構える他組織幹部も、その偽装説を耳にした1人だ。「分裂には驚いたが、『実は偽装分裂らしい』との話を聞いて、『なるほど』と膝を叩いた。『それなら納得できる』とね。『あの井上組長と織田代表の2人が仲違いする筈がない』と誰もが信じ切っていたから。『織田代表は凄い、流石キレ者や』と大絶賛だった。発売された“アレ”を見るまでの僅かな期間だけだったけどな」。

他組織幹部が語った“アレ”とは、2017年5月8日発売の週刊現代に掲載された『“任侠団体山口組”トップが私だけに語ったこと』と題した4ページのインタビューレポートを指す。フリージャーナリストの溝口敦氏からの問いかけに、織田代表が詳細に答えているのだ。任侠側が発足して以降、織田代表にとって初めてのメディア登場だった。「2つの大きな船はこれからじわり、じわりと沈んでいきます」「“任侠団体”と冠につけたのは要するに我々の最終目標が“脱反社”だからです」等、刺激的で興味を惹かれる織田代表の肉声が、インタビューのあちらこちらに散りばめられていたこともあって、ヤクザ業界を中心に発売直後から大きな話題を呼んだ。先ずは、思いがけなく見送る側となった、関西地区で活動する神戸側の傘下組織幹部から話を聞いた。「6代目山口組(司忍組長)において、多額の上納金・出身団体への贔屓・進言諫言が聞き入れられないの3点が、“名古屋方式”と呼ばれて忌み嫌われていたことは、神戸側の全員が知っている。それが基で、6代目側を離脱して俺たちは神戸側を結成したのに、織田代表は『神戸山口組の組織運営、中でも山健組の組織運営が名古屋方式そのものだった』と言う。だから神戸側を離脱して新団体の任侠側を立ち上げたという理屈だが、『何か嫌なことがあれば逃げ出せばいい』という子供の発想ではないか」。勿論、そういう神戸側の人間たちも、一度は6代目側から逃げ出している訳だが、一度と二度では意味が大きく違うのだという。「正直、神戸側の誰もが、6代目側から出た時点で思いっきり後ろめたさがあった筈だ。あんな思いは2度と味わいたくない。だから神戸側で歯を食いしばって頑張ろうとしているのに、どうして離脱なんて選択ができるのか理解できない。不満を感じる度に新団体を作っていては限が無いだろう」(同)。だが、織田代表によれば、今回の離脱劇は山口組再統一を見据えたものだという。そして、その大同団結が成就する条件について、大胆にも織田代表は、6代目側と神戸側の親分衆の実名を挙げて言及している。「『6代目側の司組長と、髙山清司若頭、それに神戸側の井上組長と、正木年男総本部長が引退しない限り、統一はあり得ない』と織田代表は語った。6代目側のトップとナンバー2、神戸側のトップと違って、一般に名が通っていない正木総本部長を態々名指しした理由は、実際のところ、誰にとっても良い印象が無い人物だからだ。これを見てニヤリとした人間は、3つの山口組に沢山いたに違いない」(中部地方で活動する6代目側の傘下組織組員)。真意を読み切れないインタビュー記事ではあるが、敢えて出された正木総本部長の名には、織田代表の本音が込められていそうだ。

続きを読む

テーマ : 暴力団
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR