FC2ブログ

【村西とおるの「全裸で出直せ!」】(97) 自分に諂う者は敵で、𠮟る者は先生

老人は私に向かい、「ここで待っていなさい」と言い捨て、杖の音をカツーン、カツーンと響かせながら、D銀行本店の中に入っていきました。その威風堂々たる立ち振る舞いに、入り口の警備員も最敬礼して迎え入れたのです。それから10分程経って、老人が現れ、 「頭取が急に大蔵省に呼ばれたというんで会えんかったが、来週の約束を取り付けたから、今日のところは帰ろう」と言うのでした。その夜、再び老人を銀座のクラブに招待し、宴を催しました。前夜と同じ料金の100万円は、これも先行投資と考えれば少しも惜しいとは思いませんでした。すると、老人が別れ際に「明日は向島に」と言う。翌日、老人のご要望通り、向島の料亭で芸者遊びをしました。すると、その夜の別れ際に、今度は「神楽坂にも」と申されたのです。これも40億が手に入るまでの辛抱と、歯を食いしばって老人のご希望に応え、翌日も神楽坂の料亭で芸者遊びに興じました。その次の日の昼頃です。神楽坂に詳しいということで、前夜一緒に老人との遊びに同行を頼んだ友人が血相を変えて私の事務所にやって来たのです。「あの野郎はとんでもない嘘吐きだ。昨晩、タクシーで送った後に後ろをついて行ったら、中野の木造ボロアパートに入っていったんだよ。何が大物だ、40億円は任せておけ、だ。詐欺師だよ」と色をなして怒るのでした。

その夜、老人を件の銀座のクラブに誘い出し、問い詰めると、「本性を現しやがったな」と怒りの声を上げたのです。「そんなことだろうと思って尾行をされているのがわかったから、態々ボロアパートに入ってみせたんだよ。わしはお前さんを信用し、40億のお金を出してやろうとしたのに、よくもコケにしやがったな!」と、顔を達磨のように真っ赤にして怒鳴ったのです。私は即座にその場に土下座をして、「申し訳ありません、許して下さい」と白旗を上げたのですが、一緒にいた友人は「馬鹿らしい」と捨て台詞を吐いて、店から出て行きました。その夜、老人のご機嫌をとり結ぼうと、米つきバッタとなり男芸者を続けたのです。未練でした。帰りには老人の袖の下に「お食事代です」と20万円の札束をねじ込みました。老人は目を細め、「出してやるから心配するな」との頼もしい言葉を残し、タクシーの人となったのです。私は老人が乗ったタクシーの尾灯が遠く見えなくなるまで頭を深く垂れ、見送ったのでしたが、それっきり老人の消息は絶えました。それから暫くして、です。老人が銀座界隈では有名な“出す出すジジイ”であることを知ったのは…。


村西とおる(むらにし・とおる) AV監督。本名は草野博美。1948年、福島県生まれ。高校卒業後に上京し、水商売や英会話教材のセールスマン等を経て裏本の制作・販売を展開。1984年からAV監督に転身。これまで3000本の作品を世に送り出し、“昭和最後のエロ事師”を自任。著書に『村西とおるの閻魔帳 “人生は喜ばせごっこ”でございます。』(コスモの本)・『村西とおる監督の“大人の相談室”』(サプライズBOOK)等。


キャプチャ  2021年4月22日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

【教科書に載らない経済と犯罪の危ない話】(199) 悪党・ヴォートランが説いた“お金持ちになる正しい方法”

お金持ちになって良い暮らしをしたいなら、勉強して弁護士になっても無駄だ。良い暮らしを望むなら、お金持ちの娘を見つけて結婚することだ――。パリで上流階級に憧れる法学生のラスティニャックに、悪党のヴォートランがした説教である。富裕層と労働者の格差が極めて大きかった19世紀のパリ。道徳や勤勉さは資本の前では何の役にも立たなかった。ヴォートランはラスティニャックに、父親の莫大な財産を相続する娘のヴィクトリーヌと結婚するよう唆す。そして、ヴィクトリーヌ一人に財産を相続させる為に、彼女の兄をヴォートランが殺してやると提案する。バルザック著『ゴリオ爺さん』は、ナポレオンがワーテルローで敗北して、復古王政の始まった直後のパリが舞台である。当時のパリは人口の8割が貧困に喘ぎ、下層階級の人々があらゆる手を使って上流階級を目指す社会であった。フランスの経済学者であるトマ・ピケティの著書『21世紀の資本論』では、第7章でヴォートランのお説教が登場する。ピケティは格差の構造とその問題点を、バルザックのゴリオ爺さんとその登場人物で解説している。21世紀の資本論は“r>g”の公式で一躍有名になった。“return=資本収益率”は、“growth=経済成長率”より大きいという公式である。つまり、資本によって得られる富は、労働によって得られる富より成長が早く大きいということだ。資本家はお金持ちであり続けるが、労働者はいつまでも裕福になれないという資本主義社会の構図を冷酷な数式で表したものだ。

新型コロナウイルスの猛威が本格的になった昨年3月、日経平均株価は1万6000円台まで下落したが、そこからこの1年で46%も上昇。平成バブル崩壊後の戻り高値を更新し続けている。アメリカ市場のダウ平均株価も、昨年2月に1万8000ドル台まで下げてから上昇に転じ、今では3万ドル超え。こちらも史上最高値を更新し続けている。このおかげで、アメリカの富裕層上位660人が保有する資産は約40%増加して、4兆1000億ドル(※約450兆円)となった。何とも景気の良い話であるが、実体経済はどうだろう? 失業率は改善してきたとはいえ、未だ6%台である。長期失業者は400万人以上で、800万人が貧困状態、500万世帯が家賃不払いで立ち退きを迫られている。日本も日経平均株価が3万円台と好調だが、昨年の実質GDPはマイナス4.8%。それでも株価が上昇するのは、FRBや日銀が大量に資金供給しているからだ。日銀の統計によると、今年2月のマネーストック(※通貨供給量)は9.6%も増加している。経済成長以上に通貨供給を行なうことで貯蓄と投資が増大したのだ。その結果が株価の上昇である。しかし、その恩恵に与れるのは、生活に余裕のある者、金融市場にアクセス可能な者だけである。まさに、ピケティの格差拡大原因“r>g”そのものだ。有史以来、不平等の是正や格差が縮小されるのは、大規模な戦争や革命等破壊によってであった。新型コロナウイルスは近代で最も大きな格差拡大の原因となった。戦争と違い、国家の分断や社会システムの破壊はされたけれども、インフラや財産は無傷だったことが大きい。そこへ大量の資金供給がされた為、金融市場にアクセスできる者にチャンスが訪れたのだ。そして、この熱狂に乗り遅れまいと投資に新規参入する人が殺到している。「道徳や勤勉など何の役にも立たないのだ」――。ヴォートランの囁きが聞こえるようだ。 (http://twitter.com/nekokumicho


キャプチャ  2021年4月20日号掲載

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

【言論StrongStyle】(120) いざという時、男は女を守らねばならぬ…それの何が悪い?

https://megalodon.jp/2021-0419-2101-45/nikkan-spa.jp/1748452
https://megalodon.jp/2021-0419-2102-45/nikkan-spa.jp/1748452/2
https://megalodon.jp/2021-0419-2103-16/nikkan-spa.jp/1748452/3


キャプチャ  2021年4月20日号掲載

テーマ : フェミニズム
ジャンル : 政治・経済

【INSIDE USA】(85) 弱小のアジア系抗議デモ、BLMとの違いは何故?

アメリカでのアジア系住民に対するヘイトクライムやヘイト行動が後を絶たない。昨年の主要都市でのアジア系へのヘイトクライム数は前年の2.5倍(※カリフォルニア州立大学調べ)、ニューヨーク市では20倍(※同市警察調べ)だった。また、罵り等も含めたヘイト行動は、昨年3月から今年2月までの間に全米で3800件報告されている(※NPOの『Stop AAPI Hate』調べ)。標的になっているのは主に高齢者や女性で、路上でいきなり攻撃される例も目立つ。AAPIと称されるアジア及び太平洋諸島系住民が、アフリカ系住民の権利を守る『ブラックライブズマター(BLM)』と同様の大規模な抗議活動を組織するべきだと考えるのも当然だろう。実際、昨年から各都市でそうしたデモ活動が展開されている。ダラス市のように3月26日を『アジア系へのヘイトを禁止する日』と銘打ち、地元政府としてサポートする動き等も出てきた。だが、前途は長いものになりそうだ。昨年、BLMの抗議活動に参加したのは、全米で延べ1500万~2600万人と推定される。一方、昨年からニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、フィラデルフィア等各都市で報告されるAAPIの抗議活動の参加者は其々、数十人から数百人規模。数の上でもインパクトの上でもまだまだ及ばない。人種に関する複雑な事情も影響している。今年2月、ハーバード大学で教えるアジア系の准教授が、「BLMであんなに声を上げていた皆は一体どこにいるの?」とツイートして批判を浴びた。

批判の理由の一つは、アフリカ系とアジア系を対立させる視点があったという点、もう一つはBLMに至るまで100年以上の道程を経てきたアフリカ系住民の抗議活動と比較して、AAPIには纏まった歴史がなく、比較はナンセンスだったという点だ。抑々、奴隷としてアメリカに連れてこられたアフリカ系と、自ら進んで移民として渡米したアジア系との違いは大きい。当初、鉄道建設に従事した中国系住民はその後、数が増えた為に“黄禍”として敬遠され、虐殺や人権的差別にも遭った。だが近年は、あからさまな差別は抑制されていたと言える。状況を大きく変えたのは、武漢で発生した新型コロナウイルスだった。更に、ドナルド・トランプ前大統領が“チャイナウイルス”と連呼したことで、AAPIを見る目が変わった。『センターフォアパブリックインテグリティー』の調べでは、昨年3月から4月末までの間に、32%のアメリカ人がアジア系住民に対する差別を目撃していた。アフリカにルーツを持つことで一体化されるアフリカ系住民と比べると、AAPIはインド、フィリピン、ポリネシア等多様なルーツを含み、外見が似た中国、韓国、日系間でも文化背景が異なる。これも課題だろう。アメリカには“モデルマイノリティー”という表現がある。アジア系住民は教養があり、経済的にも恵まれ、法に従順で文句を言わないという模範的イメージだ。だが、これを植え付けることで、アジア系はアフリカ系やヒスパニック系とは異なる存在であると特殊化し、実際には根深く存在するアジア系への差別を覆い隠してきたと言われる。こんなイメージも、アジア系自らが払拭しなければならないだろう。“アジアンライブズマター”は、未だスタートラインに立ったところだ。


瀧口範子(たきぐち・のりこ) フリージャーナリスト兼編集者。大阪府生まれ。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒。フルブライト奨学金(ジャーナリストプログラム)を得て、1996年から2年間、スタンフォード大学コンピュータサイエンス学部にて客員研究員。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?』(プレジデント社)・『行動主義 レム・コールハース ドキュメント』(TOTO出版)等。


キャプチャ  2021年4月17日号掲載

テーマ : アメリカお家事情
ジャンル : 政治・経済

【人が集まる街・逃げる街】(169) 埼玉県八潮市…町工場多数、河川に囲まれた“水の街”

埼玉県八潮市は県南東部にある人口約9万2000人の街だ。市域の三方を河川で囲まれ、東側は中川を挟んで埼玉県三郷市と、南側は垳川、綾瀬川を挟んで東京都足立区及び葛飾区と、西側は綾瀬川を挟んで埼玉県草加市と接する。東西5.23㎞、南北7.45㎞、北に行くと東西の幅は約1000m程度になる。東京都心部からは15㎞圏と、吉祥寺、桜新町、田園調布、千葉の新浦安、松戸、埼玉の川口近辺と同程度の距離だ。都心に近い割に知名度が低かったが、2005年に『つくばエクスプレス』が開業。市の東南部に八潮駅が設置され、秋葉原まで最短17分という好条件により、人口の増加が始まった。駅周辺にはマンションが林立。型の商業施設も誕生した。八潮市は中川低地に位置し、海抜は2m程度、土地の高低差は殆どない。河川の他、八条用水路や葛西用水路等もあり、暗渠を含めて水路の多い“水の街”である。歴史的にも水運と、豊富な水を利用した農業が盛んだった。規模は小さいが、現在も近郊農業が行なわれ、小松菜、枝豆、葱、ほうれん草等が生産されている。街には多くの中小町工場が犇めき、金属加工業や化学、食品、印刷、繊維等業種は多岐に亘る。市も、ものづくりを八潮の重要な特色と位置付けている。八潮市市民活力推進部では、ものづくりに拘る市内の企業51社を“YASHIO COMPANY COLLECTION 51”として取り上げ、事業の情報発信の手助けや企業間マッチング等を行なっている。

街中には緑が少なく、自然環境の豊かな印象は持てないが、中川河川敷に目を向ければ豊かな水と植生に気付く。『中川やしおフラワパーク』では毎年3月に『花桃まつり』が開催される等、四季折々の花が楽しめる。綾瀬川放水路八条さくら堤、八条ふれあい緑道、中川遊歩道等散策道も多い。葛西用水路では自然や水生植物の生育に配慮した親水護岸整備が行なわれ、東京葛西用水どんぐり遊歩道として市民に親しまれている。そんな八潮市だが、同じつくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅や流山おおたかの森駅の周辺に比べて、人気は今一つ。その理由の一つに、学校の選択肢の少なさがありそうだ。市内に私立の学校はなく、中学・高校から多くの生徒が市外に流出している。一方で市は2006年から市内の全小中学校を対象に、小中一貫教育を行ない、義務教育における連続性や一貫性を推進、“学力・体力の向上”や“豊かな心の育成”を目指している。約15年間の取り組みからは徐々に成果も上がり始め、不登校児童生徒や非行問題行動の減少が報告されているという。1991年には、生涯学習都市宣言をした。特に20~30代を対象に、“楽しく学ぶ”をテーマとする様々な取り組みを行なっている。また、地域への理解を深め、リーダーを育成する目的で、2003年にはやしお市民大学を、2007年には同学院を開設した。更に、2011年からはジョイスタと呼ばれる子供向けの土曜勉強会を開催する等、教育環境の充実に力を注いでいる。こうした地道な努力は市民の定着に繋がり、軈て愛着を形成するだろう。そんな期待を抱かせる街だ。


牧野知弘(まきの・ともひろ) 不動産事業プロデューサー。1959年、アメリカ合衆国生まれ。東京大学経済学部卒。『第一勧業銀行』(※現在の『みずほ銀行』)や『ボストンコンサルティンググループ』を経て、1989年に『三井不動産』に入社。『三井不動産ホテルマネジメント』に出向した後、2006年に『日本コマーシャル投資法人』執行役員に就任し、J-REET(不動産投資信託)市場に上場。2009年に『株式会社オフィス・牧野』、及び『オラガHSC株式会社』を設立し、代表取締役に就任。2015年に『オラガ総研株式会社』を設立し、代表取締役に就任。著書に『なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか』(祥伝社新書)・『2020年マンション大崩壊』(文春新書)等。


キャプチャ  2021年4月17日号掲載

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

【劇場漫才師の流儀】(173) 河童、キツネ、UFO

突然ですが、僕ね、河童の存在を微かに信じているんですよ。ちょっと前に『ytv漫才新人賞決定戦』のROUND2の話をした時に、『さや香』というコンビの河童のネタが非常に面白かったと書きました。ただ、他の審査員の評価は然程高くなく、上位に入れなかったんです。このギャップは何なのかなと考えた時、河童を信じている者とそうでない者との差だったんじゃないかなと思いまして。さや香のネタは「河童を見た」という秘密を打ち明ける話なんですけど、僕も似たような話を聞いたことがあるんです。といっても知り合いとかからではなく、テレビ番組なんですけどね。『関西テレビ』のある番組の街角インタビューで、神戸のボクサーの男性が「自分は河童に助けられたことがある」っていう話をしていたんです。なんでも側溝にはまってしまったことがあるらしくて、その時に助けられたんやと。彼は意識が朦朧としとって、気付いた時にはもう河童はおらんかったそうです。彼の話しぶりも含めて、えらく信憑性があって、僕はすっかりこの話に引き込まれたんです。以来、「河童はおるんやないかな~」って本気で思っているんです。霊の存在も信じています。小学1年生ぐらいの時、うちの母がキツネに憑かれたことがあってね。えらいもんで「コンコン」って本当に言うんですよ。父がお寺参りが好きやったので、その時に憑かれたんちゃうかな。

それで、あるお寺に行ってお祓いをしてもらったら、す~っと消えましてね。キツネの他にもヘビとか犬とか、動物の霊はほんまにいると思います。今でも、変な声を上げる漫才師とかを見ると、「何か憑いとるんちゃうかな」と思ってしまいますもんね(笑)。それから、綺麗な夕日を撮影したら、偶然、UFOが写っていたこともあります。皆に写真を見せても大体、「違うやろ」って言われるんですが、相方の阪神君だけは信じてくれます(笑)。考えてみたら、地球がある銀河系の直径が約10万光年。宇宙全体の半径は今、わかっているだけで約150億光年もあるそうです。つまり、銀河系だけでもとんでもない大きさやのに、宇宙の直径はその30万倍もあるんやって。宇宙人がおらんと考えるほうが不自然じゃないですか。ただ、何でもかんでも信じているわけではありません。ツチノコはおらんと思います。人魚も絶対におらん。雪男は昔はおったんでしょうけど、もう死んでしまったと思います。ネッシーはネス湖にいると言われていますけど、あれもおらんやろな。ただ、どこかにああいう大型爬虫類が生息していてもおかしくはないと思います。絶滅していたと思われていたシーラカンスだって生きとったんですから。それにしても、あの河童に会ったという男性の話、もういっぺん聞いてみたいな。関西テレビの人に頼んだら見せてもらえるんかな。皆さんもその人の話を聞いたら、きっと信じたくなりますよ。「河童はおる」って。


オール巨人(おーる・きょじん) 漫才コンビ『オール阪神・巨人』のボケ担当。1951年、大阪府生まれ。大阪商業高校卒業後、1974年7月に『吉本新喜劇』の岡八朗に弟子入り。翌1975年4月に素人演芸番組の常連だったオール阪神とコンビを結成。正統派漫才師として不動の地位を保つ。著書に『師弟 吉本新喜劇・岡八朗師匠と歩んだ31年』・『さいなら!C型肝炎 漫才師として舞台に立ちながら、治療に挑んだ500日の記録』(共にワニブックス)。


キャプチャ  2021年4月26日号掲載

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

【山根明のノックアウト人生相談】(108) 女性のほうから誘われる男になれ!

Q. 社内の配置転換で、私以外が全員女性の職場で働くことになりました。2歳上の女性上司の下、自分を含めて全部で4人だけの部署です。仕事中は女性特有の雑談が多く、ダイエットや化粧、子供の話、他人の噂話等、私の興味のない話題ばかり。無言を貫いていたら浮いてしまったのか、仕事を回してもらえない、必要な連絡もしてくれない等、業務に支障が出るようになりました。会社は仕事をする場です。彼女たちの態度を改めさせたいのですが、どう話せばよいでしょうか? (埼玉県・50歳・会社員)

A. この男性、幸せやわ。50歳にしてね、女性の傍で働けて。煩い思うたらダメなんだよ。最初からそういう気持ちを持ったらダメなんですよ! 普通に思うたらいいわけ。女性特有。こういうことね、この人が思うたらダメなんだよ。雑談でも、知らん顔して放っといたらいいんや。どっかのオリンピックの会長がね、「女性は喋り過ぎや」とか言うて問題になりましたけど、それと一緒。だから、女性とか、男性とか思わずに。 最初の入り口から、女性として見る必要も何にもないわけね。恋心を持っている女性であるんやったら、意識もしてもええけど。そうじゃない、職場の問題ですから。女性が3人いて、ベチャベチャ喋っているとか言うて、そんなもん気にする必要ない! 自分の仕事をちゃんとしたらいいわけね。気にしだしたら、何でも嫌いになるんですよ。夫婦の間でもね、もう愛が冷めたら、何をしても腹が立つし、言い合いになるんです。だから、そういう気持ちは全部捨てて、女性として見ないようにしてね。ベチャ ベチャ、未だ喋っとんなと思っても、それは左から右へ流して。この相談者の方もね、彼女たちの話を気にかけているから、仕事にロスが出るんじゃないかと思うんやね。そういう余計なことをする間に、自分自身の仕事だけすればいいんだよ。それと、やっぱり女性のほうから「○○さん、お茶でも飲まない?」「一杯飲まない?」とか誘われる男になってもらいたい。普段から自然とね、仲間に入るんですよ。その為には食べ物ね。3人の同僚に食べてもらうように、パッと買って行って。果物やお菓子、クッキーか何か女性が好むやつね。「この果物、食べてみたら美味しかったもんで、先輩にも持ってきた」と。「皆で食べて下さい」って。それで、その上司が気に入って食べて「あ~甘いわ」「美味しいわ」とか言ったら、自然とそこへ色んな仲間が入ってくるんですよ。そういうタイミングを作らんとダメですよね。甲斐性があったら、焼き肉にでも誘うとかね。1回やっぱり、仲間に入らんと。いやぁ、僕、幸せや思うんですよ、この女性ばかりの職場。僕も、そういうところに近付けんかなぁ? 代わりに働きますよ(笑)。


山根明(やまね・あきら) 『日本ボクシング連盟』前会長・在日コリアン2世。1939年、大阪府生まれ。大阪商業大学ボクシング部ヘッドコーチ、大阪経済大学ボクシング部監督、シドニー五輪日本選手団ボクシング競技監督を歴任。2011年2月に日本ボクシング連盟会長に就任、2012年10月に理事会全員一致で終身会長となったが、助成金の不正流用等を理由に2018年8月8日を以て同会長・理事を辞任。著書に『男・山根 “無冠の帝王”半生記』(双葉社)。


キャプチャ  2021年4月26日号掲載

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

【テレビの裏側】(162) 福田雄一や福澤克雄ら“○○組”所属のメリット

https://friday.gold/article/80761


キャプチャ  2021年4月30日号掲載

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

【ときめきは前触れもなく】(71) 別れで知る出会いへの感謝

https://dot.asahi.com/wa/2021040700027.html?page=1


キャプチャ  2021年4月16日号掲載

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

【西川美和の「今日も箱馬の上で」】(02) 不思議なお餅



広島に住む大正14年生まれの伯母は、物忘れが多くなった。子供がおらず、大学で英語を教えていた夫は20年前、夕餉の卓でおちょこ一杯の日本酒を「美味しいですねぇ」と舐めながら眠るように逝き、以後は小さな戸建てに一人で暮らしている。超が付く程の綺麗好きで、帰省した折、手土産を持って訪ねても、台所の調理台、廊下、家具調度品、何もかもがぴかぴかに磨かれて、玄関には季節の花が生けられている。90を過ぎても足腰は強く、私が東京に戻ろうとするのを見かけると、ポチ袋に小遣いを包み、軽い足取りで走ってきて手に握らせた。おばちゃん、私もう五十路が見えてるのに…。「ええんよ、持っちゃ死なれんのじゃけぇ」。しかし、数年前から物覚えが怪しくなってきた。私は脚本を書く時、実家で長逗留するのだが、その間、伯母と出くわす度に、「ありゃ! 帰ったんね!」と新鮮に驚くのだ。そして、呼び止める声も聞かずに家に駆けて戻っては、またポチ袋。「あんた、監督なんかやっているより、よっぽど実入りがいいじゃないの」と母に嫌味を言われながら、私は伯母の短期記憶――新しくインプットされる情報の記憶装置が衰えてきていることを悟った。昔からの習慣や知識は全て体に染みついている。規則正しい生活のルーティン、家事の手際の良さは変わらない。しかし、新調した電化製品は仕舞い込まれ、私の兄の小学2年生の息子は、今だによちよち歩きだと思っている。恐らく、5~6年前の時点で伯母の脳は新たな記憶を受け付けるのを止めてしまったのだ。

認知症のテストを受けたら、進行を抑えるパッチ薬を処方されたが、“これまで使っていなかった薬を貼る”という新習慣はルーティンに定着しない。母が毎日、背中に貼りに通っていたが、新型コロナウイルスが出現し、通院も途絶えたそうだ。それから1年が経ったが、伯母の世界にコロナ禍はない。毎日、居間の炬燵で朝刊を読み、テレビの情報番組がつけっ放しになっているが、その口から“コロナ”という単語は出ない。週に一度、母が車でスーパーマーケットへ連れて行く際にはお化粧をし、スカーフを巻いているのに、マスクは忘れて家を出てくる。「お義姉さん、今はこんなだからマスクしようね」と使い捨てマスクを手渡すと、「そうだった」とうっかりを装うが、本当はよくわかっていないと思う。伯母は社会からは隔絶されているが、何の不安もなさそうだ。そんな伯母の妹が、昨秋、亡くなった。生涯独身の人だったこともあり、若い頃から伯母の家に通っては、病院や買い物に付き添ったり、世話を焼いてきたが、一昨年に末期癌がわかり、約1年後に病院で息を引き取った。少数の親戚や友人で身辺整理して葬儀も終えたが、一番縁が深かった筈の伯母には未だ妹の死が認識されていない。折に触れ、「ヤスコが死んだ? 何で!」「ヤスコさんは癌だったでしょ」「いつ!」と、その繰り返しが続いている。「その度におばちゃんはショックを受けるんだね。可哀想に」と、遠方に住む私は無責任に感傷的になる。人が一度聞けば済む筈の身内の悲報に、無限に心を痛めなければならないなんて。しかし、本人は都度、記憶が上書きされるので、辛いことが度重なるという意識はないらしい。

続きを読む

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接