【日本の聖域】(23) ジャニーズ事務所――タレントパワーで芸能メディアを支配、“女帝メリー”が引いたタブー崩壊の引き金

20180613 11
2016年1月18日に緊急生放送として流された『SMAP』の謝罪会見は、メディア支配という“ジャニーズタブー”を白日の下に晒した意味でも、芸能史に残る出来事だった。“公開処刑”と言われたあの生放送を見たことで、視聴者の多くが、それまで半信半疑だったタブーの存在を実感した筈だ。そして、SMAP解散の裏で暗躍し、あの会見を仕掛けた『ジャニーズ事務所』の女帝であるメリー喜多川副社長こそ、ジャニーズタブーを作り上げた最重要人物と言えるだろう。ジャニーズ事務所は“少年アイドル”というジャンルに特化し、“ジュニア”という育成システムを採ることによって、常に時代のトップアイドルを生み出してきた。1980年代の『たのきんトリオ』のブレイク以降、『シブがき隊』や『少年隊』が続々とデビューを果たし、その人気と共にジャニーズはタブー化していったのだ。「当時は歌番組が全盛で、どの局も人気のあるジャニーズをキャスティングするのに躍起になっていました。そこでメリーさんが各メディアの幹部クラスと太いパイプを築いて、マスコミを服従させていったんです」(当時を知るテレビ局関係者)。1980年代の隆盛は、『光GENJI』のブレイクによってピークを迎える。この頃には、メディア支配、とりわけテレビ局に対する影響力は強固なものになっていた。実際、ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑を初めて公にした北公司氏の暴露本『光GENJIへ』(データハウス)は、殆どのテレビ局が取り上げようとしなかった。この翌年、近藤真彦の部屋で自殺騒ぎを起こした中森明菜の会見でも、芸能マスコミが露骨に近藤擁護を繰り広げたのは、メリー氏の手腕だったと言われる。未だテレビが“メディアの王様”に君臨していた時代であり、それだけ情報統制も容易だった。

その後も、1991年にSMAP、1994年に『TOKIO』、1995年に『V6』、1997年に『KinkiKids』、1999年に『嵐』がデビュー。ジャニーズはその帝国を磐石にしていく。ジャニーズタブーの源泉は、この豊富なタレントパワーにある。企業は宣伝・広告・ブランディング等の目的で大金を払い、彼らをCMに起用し、番組スポンサーとなった。テレビや雑誌もジャニーズ人気で視聴率を稼ぎ、スポンサーのカネに便乗する為、ジャニーズの価値を落とすような報道を控えるようになったのだ。ジャニーズ事務所はメディアやスポンサー企業、更にこれらの利害を調整する大手広告代理店と一体となって、所属タレントの価値を守り続けてきたのだ。これがジャニーズタブーの正体である。但し、この共同体の力関係は決して対等ではない。一部の活字媒体を除くメディアは、すっかりジャニーズの軍門に下ってしまった。象徴的だったのが、『週刊文春』が1999年から報じたジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑追及キャンペーンだ。ジャニーズ事務所が文春を訴えた裁判は、2004年に「所属タレントへのセクハラに関する記事の重要部分を真実と認める」という判決が確定している。だが多くのメディアは、ホモセクハラとは別の記述に関する、名誉毀損による120万円の賠償金支払いという部分だけを抜き出し、“ジャニーズ側の勝訴”という見出しで小さく報じたのみだった。勿論、こうした動きは多くの芸能事務所も行なっていることではある。しかし、ジャニーズ事務所の“凄味”は、圧倒的なタレントパワーをバックに、これを徹底して続けてきたことにある。「メリーさんがマスコミ対策に力を入れていた最大の理由は、このホモセクハラ疑惑を世間から隠し、弟のジャニーさんを守る為だったのでは。メリーさんの身内を守ろうとする愛情が、時に過剰なほど暴走してしまうことは、SMAPの解散騒動を見ても明らかです」(スポーツ紙記者)。ジャニーズの“圧力”は、メディアの現場だけでなく、CM・イベント・賞レース等あらゆる場面で囁かれてきた。メリー氏が「それなら、ウチのタレントは全員出演しません」と言うだけで、メディアは震え上がって要望を受け入れた。こうしてメディアは、いつの間にかジャニーズの意向を“忖度”して自主規制をするという歪な関係が出来上がってしまったのだ。だが、既に時代は変わった。玉石混交ながら、インターネット上では自由な言論が飛び交っており、御用メディアがどれだけジャニーズに有利な報道をしても、情報は直ぐに広まってしまう。活字メディアでは徐々にタブーは緩んでおり、『週刊現代』が報じた嵐の櫻井翔の熱愛記事をスポーツ紙が後追いするといったケースも出てきている。その意味でも、木村以外の元SMAPメンバーの今夏の動向は注目だ。噂される“9月独立”が本当なら、決断のリミットは3ヵ月前の6月となる。「ここにきて、稼ぎ頭の中居を残留させようとする動きが出ています。解散後、ジャニーズはワイドショーに対して、中居の記事のみ後追い禁止令を出していますからね。中居の判断によっては、4人全員の残留まであり得ます」(同)。ジャニーズタブーは既に崩壊寸前だ。その引き金を引いたのは、事務所を牛耳るメリー氏自身である。視聴者や読者が知りたいのは、決してジャニーズに都合よく作られたストーリーではない筈だ。 (フリーライター 常田裕)


キャプチャ  キャプチャ
スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

告発の背後に“芸能界のドン”の影…“歩く録音男”と揶揄される女子レスリングパワハラ騒動仕掛け人の正体





20180612 06
女子レスリングで前人未到の五輪4連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞した伊調馨。『週刊文春』が、伊調と、伊調を指導する田南部力コーチに対し、『日本レスリング協会』栄和人強化本部長がパワハラを行なっているとして、1月18日、内閣府に告発状を提出したことをスクープ。“文春砲”炸裂と思われたが、これについて同会副会長の馳浩議員はぶら下がり取材に対し、「今回の告発に関し、関係者の会話が本人たちの同意のないまま録音された」と、“第三者”の存在を明らかにした。第三者とは、今回の件で“仕掛人”と言われている人物を指す。この人物が、芸能界で“歩く録音男”との異名を持つ悪名高い男だと明らかになって、パワハラ問題が芸能界にまで飛び火しているのだ。「“仕掛人”とは下谷地卓也。現在は母方の伊藤姓を名乗っています。週刊新潮は文春掲載の翌週号で、“私は伊調の従兄弟に謀られた”というタイトルで栄氏の反論を掲載。下谷地を『恐喝・美人局の常習犯』と報じ、FRIDAYも続いた。彼は、これまでも盗聴・盗撮トラブルを起こしており、芸能人やスポーツ選手に恐れられてきたんです」と言うのは芸能ライター。「文春は下谷地が仕掛人だと知って、彼についてはスルーし、告発状の信憑性だけを報じているんです」。続けて夕刊紙記者が言う。「8年前に私の元に、俳優の河相我聞が当時所属していた事務所から、強面の大手プロ“ケイダッシュ”に無断で移籍するという情報が寄せられたことがありました。移籍を唆したのが下谷地氏だったのですが、彼はケイダッシュとは全く関係がなく、何の目的があって河相の移籍を画策するのかわからなかったんです。関係者への取材で、ケイダッシュの川村龍夫会長と下谷地氏の姉が親密な関係で、彼も川村会長に可愛がられていたことがわかりました。川村会長に気に入られようとして、河相を移籍させようとしたようです」。

下谷地氏は嘗て格闘技団体の設立に関わっていたが、旗揚げ前にトラブルで頓挫。その後、自ら芸能プロを設立したが倒産。その後、川村会長を通じて芸能界に深く関わるようになったと言われている。「4年前にはボクシングの亀田三兄弟が起こした問題で登場。精力的に取材していた元格闘家でジャーナリストの片岡亮氏に、『俺はケイダッシュの者だ』と威圧してトラブルに発展したこともありました。それを報じたウェブニュースに対しては、下谷地氏は電話で『片岡氏を“お前”と呼んだ為に小競り合いになった』と弁明していました」(週刊誌記者)。更に、格闘技界事情に詳しいフリーライターはこう話す。「昔、下谷地は格闘家だったんです。彼は、元プロレスラーで格闘技団体を主宰する高田延彦がキックボクシングに詳しくないのをいいことに、『自分は有名なキックボクサーだ』と吹聴して、人気ボクサーだった前田憲作を挑発しておきながら、いざ“キングダム”という格闘技団体で試合が組まれると敵前逃亡したり、人を通じて相手に『恋人が見に来ているから負けてくれ』という話をして相手が激怒すると、靴や荷物を置いたまま裸足で逃げ出した。その様を片岡氏も見ていた為に、下谷地は『俺はケイダッシュの者だ』と威圧したんです」。格闘技界で“ダメ男”のレッテルを貼られた下谷地氏は、その後、再び芸能プロを設立。所属の女性タレントを「業界で生きていけないようにしてやる」と脅し、100万円を脅し取ったとして、2014年に恐喝容疑で警視庁に逮捕された。逮捕後、『東京スポーツ』が下谷地氏について、『芸能人を怯えさせた“歩く録音男”の正体と闇』というタイトルで短期集中連載。同紙によると、ガッツ石松・ブラザーコーン・安西ひろこ・西山茉希らも下谷地氏の被害に遭っていたという。「安西もガッツ石松も盗聴の被害者です。ブラザーコーンは2012年、自身の元マネージャーに対して暴力団の名前を使って脅したとして、暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕された。真相は、下谷地氏が元マネージャーを唆し、コーンを怒らせるようなことを言わせて、その会話の一部始終を盗聴させたんです。暴力団の名前を使った恐喝事件ということで、コーンは芸能界を追放されそうになった。ところがその後、元マネージャーが同じ罪状で逮捕されたことで、コーンの汚名は晴れました」(前出の夕刊紙記者)。下谷地氏は格闘家時代から“録音小僧”と呼ばれ、芸能界に転身してからも常に録音機を持ち歩いて、芸能人や業界関係者の会話を隠し録り。会話の内容を脅しのネタにしていた。「何故、下谷地氏が芸能人や業界関係者に接触できたのかといえば、川村会長のコネクションがあったからですよ」(芸能関係者)。2013年、週刊文春に『巨人エース内海が“女性問題”で脅されていた!』という記事が掲載された。「記事は、内海哲也が広島のキャバクラ嬢と付き合っていたら、嬢の男に脅されたというもの。内海は知人を通じて100万円を渡して、その男と話をつけてもらった。知人に直筆のお礼状を出したんですが、今度は知人が脅してきた。知人は元暴力団員だったんですが、この脅迫事件に下谷地氏が絡んでいたんです」(前出の夕刊紙記者)。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

【ここがヘンだよ日本の司法】(10) 業界内から聞こえる“タレント弁護士”への本音

20180611 04
法曹三者の内、裁判官と検察官は公務員であり、自分の判断でテレビ番組に出演することはできない。番組で法律や裁判に絡むコメントが必要となれば、必然的に弁護士の出番だ。それが臨時の出演であっても、コメントにキレがあったり、キャラが立っていたりして視聴率が取れるとなると、再び声がかかる。頭脳明晰で社会的ステータスが高く、職業柄、弁が立つ弁護士は、法律関連の番組のみならず、ワイドショーや報道番組のご意見番として需要の大きい存在なのだ。出演頻度が高い弁護士の場合、本業である筈の弁護士活動に支障をきたさないのだろうか? あるタレント弁護士は週の半分以上、テレビとラジオに出演していた頃、「睡眠時間は3時間半くらい」「仕事は電話とノートPCと資料があれば移動時間にもできる」と語り、時間のやりくりをすれば弁護士活動とタレント活動の両立は可能だとしていた。しかし、ある若手の弁護士は否定的だ。

「弁護士は一般的に、複数の案件を同時に抱えます。書類作成だけでもかなりの仕事量ですし、基本的に時間的余裕の少ない職業だと思います。タレント弁護士と呼ばれる方たちがテレビに出て名前を売ることを批判するつもりはありませんが、『依頼を受けた仕事がちゃんとできているのかな?』という疑問は、正直残ります」。タレント弁護士は、複数の弁護士が所属する法律事務所の一員であることが多い。その場合は、本人が望んでいないとしても、広告塔の役割を担うことになる。知名度を生かした政治家への転身も、近年は見られるようになってきた。大阪市の橋下徹前市長や自民党の丸山和也議員(※左上画像)は、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ家)へのレギュラー出演が無ければ、政治家になることはなかったかもしれない。テレビ番組の制作者が、出演する弁護士に先ず求めるのはタレント性だ。タレント性とは人を惹きつける魅力だから、選挙においては強力な武器になる。しかし、タレント性と弁護士としての資質や能力は別のものだ。一例としては、テレビで名を売った女性タレント弁護士が、依頼者から規定を超える金銭を受領したとして、業務停止1ヵ月の懲戒処分を受けたこともある。『東京弁護士会』に所属するベテラン弁護士が言う。「弁護士業界内で評価されていたタレント弁護士はいない。優れた弁護士というのは、依頼者に寄り添って、案件と真摯に向き合い、のめり込んでいく弁護士だ」。自分がそうであると自信を持てるタレント弁護士が、果たしてどれだけいるだろうか? (取材・文/フリーライター 永井孝彦)


キャプチャ  キャプチャ

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

<画像7枚> 剛力彩芽&前澤友作、2人仲良くスーパーで買い物デート!





20180608 10
先月下旬の午後8時半過ぎ、東京都内の高級スーパーマーケットで、幸せそうな笑みを浮かべながら食材を選んでいる1組のカップル。女優の剛力彩芽(25)と、交際相手の『ZOZOTOWN』前澤友作社長(42)である。2人はまるで新婚夫婦のようなムードを漂わせながら、スーパーでの買い物を楽しんでいた。

20180608 11
スーパーで苺を買って車に乗り込む2人。前澤氏が紳士的に剛力を先に乗せ、夜の街へと消えた。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

<画像6枚> 『西郷どん』俳優・堀井新太がEカップAV女優・吉澤友貴と同棲中





20180601 09
3時間もの岩盤浴デートを終えた2人。店を出てからずーっと手を繋いだまま、最寄り駅へと向かった。

20180601 10
吉澤の運転手(※奥)に見送られ、部屋へ向かう堀井。送迎車の中でも寛ぐ等、すっかり打ち解けている様子。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

<画像5枚> 三浦春馬がトップモデル・三吉彩花と深夜のデート愛





20180525 09
バーから出てきた2人。近くを通りかかった車のドライバーは思わず、三吉(右)の美脚を二度見していた。

20180525 10
三浦のトレーナーをせしめて、してやったりの三吉。ファッションショー等で何度か共演しており、ここ最近、親しくしていたという。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

所属タレントの反逆続く芸能界2大事務所…『ジャニーズ事務所』・『バーニングプロダクション』、帝国崩壊の序章





20180509 12
昨年11月の『AbemaTV』特番成功に加え、今年2月にはノンアルコールビールのCM、4月には映画の公開と、解散後も順調に仕事を続けているように見える元『SMAP』3人の『新しい地図』。ところが、彼らに対する『ジャニーズ事務所』の攻撃が加速している。「今までウェブメディアを敬遠していたジャニーズ事務所は、3人の成功に危機感を強めて、遂にインターネットに進出するようになったんです」。こう話すのは然る芸能ライター。「ジャニーズに残留したキムタクですが、1月からの主演ドラマ“BG~身辺警護人”(テレビ朝日系)の視聴率も伸び悩んでいます。中居正広も、“めちゃ×2イケてるッ!中居&ナイナイ日本一FINAL”(フジテレビ系)は6.4%と振るわなかった。こうしたことでも焦っているんでしょうね。今年に入って“3人潰し”が露骨になっていますよ。特に草彅に対しては敵意丸出しです」。共に3月で終了する香取の『おじゃMAP!』(フジテレビ系)は、早くから打ち切りが決定していたが、草彅の『“ぷっ”すま』(テレビ朝日系)は継続と言われていた。「香取は、退所する前から反ジャニーズを露わにしていましたが、草彅は態度には出さなかった。風向きが変わったのは、草彅が週刊女性のインタビューを受けてから。週女はジャニーズ批判も行なう女性週刊誌。そこに出たことが、ジャニーズを仕切る藤島ジュリー景子副社長の逆鱗に触れたんです」(女性誌記者)。

結果、2月7日に行なわれた草彅の主演舞台『バリーターク』の記者会見に、民放カメラは1台も無かったという。「草彅の会見にぶつけて、嵐の松本潤が出ている明治チョコレートのイベントと、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎と大橋和也がダブル主演するミュージカルの公演初日イベントが行なわれています。明らかに草彅に対する嫌がらせですよ」(舞台関係者)。また、1月期の連続ドラマ『FINAL CUT』(関西テレビ・フジテレビ系)は元々、草彅が主演予定で、ジャニーズ退所後も“草彅ありき”と言われていたのだが、いつの間にか『KAT-TUN』の亀梨和也主演に替わっていた。「ジャニーズが強引にねじ込んだんです。挙げ句、視聴率は6%台と低迷を続けている。現場では、『やはり草彅でいけばよかった』と後悔する声が挙がっていますよ。カンテレは草彅で強行すればよかったんですよ」(フジテレビのドラマ関係者)。この放送枠は、草彅主演の『銭の戦争』がヒットして以降、“復讐ドラマ”でシリーズ化している。特に、昨年1月期の『銭の戦争』の続編『嘘の戦争』は、木村拓哉主演の『A LIFE~愛しき人~』(TBSテレビ系)とのドラマ対決として大いに注目された。「独立で袂を分かったキムタクと草彅の遺恨対決として注目されたんです。平均視聴率では、キムタクドラマが14.3%、草彅ドラマは11.3%でしたが、総合的な評価としては草彅のほうが上だったんです」(ドラマ制作会社プロデューサー)。FINALは、この“戦争”シリーズの第3弾として、当初は草彅主演で用意されていたものだった。「演出も同じ三宅喜重氏が起用され、ライバル役も“嘘の戦争”の藤木直人。ところが、カンテレがジャニーズを忖度して、亀梨を起用したんです」(前出のフジドラマ関係者)。亀梨はジュリー副社長の一推しタレント。『怪盗 山猫』や『ボク、運命の人です。』(共に日本テレビ系)に立て続けに主演したが、フジテレビは2006年の『サプリ』以来、11年ぶりの主演だった。しかし、ドラマ関係者からは、運命の平均視聴率が9.5%だったことから、「草彅には勝てない」と危惧する声も放送前から挙がっていた。案の定、初回視聴率は7.2%。2話目以降は6%台と低迷が続き、3話目だけは亀梨が制作のカンテレをジャック。情報番組等に生出演して番宣した結果、関西地区は10.8%を記録したが、全国的な底上げにはならなかった。民放では“いわくつきのドラマは当たらない”というジンクスがあるという。しかし、フジテレビを含めた民放の、ジャニーズに従順な態度は変わらない。昨年9月の退所後、元SMAPの3人は飯島三智氏の新事務所『CULEN』に所属。『新しい地図』を立ち上げた。「3人がオムニバス形式で主演する、4月6日に公開予定の映画のタイトルは“クソ野郎と美しき世界”。ジャニーズに喧嘩を売る姿勢です。飯島女史を最も慕う香取は、ジャニーズ時代と今との違いを連想させるツイートを連発しています。こうしたことから民放は神経質になっていますが、一方でNHKとジャニーズの関係が、今年に入って悪化しているんです」(テレビ番組制作会社プロデューサー)。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

説明できないクソらしさが魅力だというが…『ポプテピピック』のファンにどこが面白いのか聞いてみた

アニメ『ポプテピピック』が大流行中? タイトルが発音し難い上に、パンピーにウケている理由が意味不明過ぎ! そこで、ポプピなんちゃらのファンが集まるカフェで、その理由を教えてもらいました。 (取材・文・写真/フリーライター兼編集者 建部博)





20180503 11
『ポプテピピック』というアニメをご存知だろうか? 端的且つその全てを説明すれば、気持ちの悪い女子高生?おっさん?のようなキャラクター2人が、時事を斬ったり、何故か原作の版元である『竹書房』のビルを破壊したりする、よくある“ちょっと尖った”系のキモアニメだ。どうも信じられないぐらいの人気を集めているらしく、コイツとコラボした飲食店は盛況過ぎて入店数時間待ちになっているらしい。よくわからんけど、どうせ女子どもがワーキャー言っているのだろう。何が面白いんだっての。という訳で、原宿にある『スイーツパラダイス』へ。ここはスイーツやパスタなんかが食べ放題の店で、例のポプなんちゃらとコラボしているという。おじさん1人でふらっと店舗に向かってみれば、入口付近にアホみたいな混雑を発見。まるで米騒動のような喧騒の先に、客を捌き切れずに焦りを見せる店員さんがいた。何これ? マジでポプなんちゃら目的で皆来ている訳? 取り敢えず、人をかき分けて店員の元へ。「入れますか?」「多々今からだと18時半頃になります。ここにお名前を書いて、お時間のころに来て頂けますでしょうか?」。はいはい18時半ね…ってあと3時間もあるじゃん! 何が悲しくてスイーツのお店に入るのに3時間待たなきゃなんないんだよ。ポピなんちゃらマジで恨むわ…。溜め息を吐き、その場を離れる。それにしても、混雑している連中を見ていると、予想通り女子どもが多いものの、意外に男2人組なんかもいるもんだ。そうだ、店に入る前に、この人らにポプなんたらのどこが面白いのか聞いてみよう。

直ぐ近くにいた制服姿の女子2人組に声をかける。おじさん、緊張しちゃうなぁ。「あの、つかぬこと伺いますけども」「はい? どうしました?」「やっぱり、お2人はポプテピ、ポプテポ、ポピ…えっと、これ(※店頭のイラストを指差しながら)のファンなんですか?」「あっ、超スキですよ。ね?」横の子も笑顔で首を縦に振っている。「僕、正直よくわかっていないんですけど、これの面白さってどういうとこなんですか?」「あー、それって中々難しい質問ですよ。ねー?」「うん、何ていうか、クソなところが面白いかなっていうね」「クソなところ…ですか?」「そうー。クソ過ぎて笑えるっていうか。ニヤってしちゃいますよ。ねー」「そうだねー」。カーリング女子のような話しっぷりは別として、クソなところが面白いとは何ぞや? それが罷り通るなら、“クソゲー”とか“クソ野郎”とか“クソニート”みたいなのも全て面白いってことになっちゃうんですけど。「何でクソだと面白いんですかね? 具体的にどうクソなんですか?」「それは説明難しいですよー。でも、観ているとジワりますよ。ジワるよね?」「ねー。これわからない人とは仲良くなれない(笑)」「あっ、じゃあお姉さんたちと仲良くなるにはクソアニメを好きになればいいんですね?」。…両者無言。一気に冷たい視線。何なら後ずさりしているし、眉間に皺を寄せている。やばっ、何か空気変になっちゃったので退散! 少し離れたところに座り込む男子2人組が目に留まった。2人とも20代半ばだろうか? お弁当を詰めるライン工場にいそうな雰囲気の野暮ったい人たちだ。「ちょいとお聞きしたいのですが、ポプテポ?でしたっけ。やっぱりファンなんですか?」「ポプテピピックですね。はい、好きじゃなきゃこんなところ来ないですよね。アハハ」。何それ? 何か嫌味ったらしいっ! まぁ、そりゃそうか。「僕はあまり詳しくないんですけど、かなりの人気らしいですね。やっぱり、人を惹きつける何かがあるんですかね?」「まぁ、一言で言うと、くだらないを最先端まで突き詰めているところがいいんじゃないでしょうか?」「…というと?」「ネタなんかは他の漫画とか、色んなもののパロディーや風刺が多いんですけど、それをライトな流れでバカっぽく見せているというか。シンプルといえばシンプルなんですけど、それって意外と他では突き詰めていない部分だと思うんですよね」「…というと?」「あー。説明するのは難しいです。取り敢えず観てもらえばわかると思いますよ。ていうか、何で観ていないのにここに来ているんですか(笑)」。(笑)じゃねーんだよ。こういう人たちって直ぐに「観ればわかる」とか「説明が難しい」とか言うんだよな。「俺らの感性がわからないなら来るな」的な雰囲気も醸し出してきたり。パロディーや風刺をライトにバカっぽく見せるんて、バカ殿とかドリフと一緒だと思うんだけど。えっ、まさかドリフ級の面白さだって言う訳? 「ドリフってことですか?」「いやー、違うでしょうね。兎に角、観て下さいよ」。キーッ!!!!!

続きを読む

テーマ : ゲーム、アニメ、その他
ジャンル : ニュース

<画像7枚> 『関ジャニ∞』錦戸亮が瑛太にボコボコに殴られた午前2時…現場写真入手&2人を直撃

20180420 10
10日の午前2時半頃、恵比寿の『S』から出てきた瑛太。酔っ払っていたようだが、足取りはしっかりしていた。

20180420 11
上写真の約10分後、店から出てきた錦戸。同席者らしき何名かの男性と一緒に店を出て、そそくさと帰った。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

カネの為に文春砲を逆利用して引退…最後まで一貫した小室哲哉の詐欺人生

『週刊文春』に不倫スキャンダルを報じられ、引退を発表した小室哲哉。世論は小室擁護&文春批判が多い印象だが、果たしてこの男に同情の余地があるのか甚だ疑問だ。その虚飾に満ちた半生を振り返る。 (取材・文/フリーライター 小松巌)





20180413 19
音楽プロデューサーの小室哲哉が、不倫報道をきっかけに引退を発表した一件が、世間に様々な議論を巻き起こしている。周知の通り、第一報は又もや炸裂した“文春砲”の報道だ。記事によれば、小室の不倫相手はバツイチの美人看護師。小室の妻であるKEIKOさんがくも膜下出血で倒れた2011年頃から交際が続いており、互いの自宅やホテルで密会を重ねていたという。つまり、介護の必要な妻がいる男が、家の外に愛人を作って密会していたというだけの話である。ところが、この報道が世に出た直後、小室は記者会見を開いて、“お詫びとけじめ”をつける為として、“自主的な音楽活動”からの引退を宣言。「精神的に支えられ、依存度が強くなっていた。好意も持っていた」と、誤解を招く行動だったことは認めたものの、報道された女性との不倫疑惑については否定している。この会見を受けて、芸能マスコミやインターネット上では激論が巻き起こった。「不倫はやはり許せない」という論調がある一方で、「介護の苦労は他人には計り知れない」「同情すべき点はある」という同情の声が出る中、いつの間にか世の中は小室擁護が趨勢を占めるようになっていく。更に、小室擁護に加えて、「文春の報道が引退に追い込んだ」「不倫報道にはもううんざり」といった文春・やメディアを批判する声も高まったのだ。普通に考えれば“不倫”と“引退”は全くの別問題であり、元々作曲家やプロデューサーのような職業には引退などあって無いようなもの。このタイミングで大々的に引退を公表した裏には、当然ながら小室側の思惑があった筈だが、世間はその部分を黙殺し、小室擁護の声を上げることに酔い痴れ始めたのだ。

「小室は、自身の不倫問題をKEIKOさんの介護の問題にすり替え、更に、これ以上マスコミに追及されない為に引退宣言をしたようなもの。引退するのも自主的な活動だけですから、実質的にはこれまでと大差ない筈なんですけどね」(音楽業界関係者)。更に不可解なのは、現在の小室がそこまで世間のイメージを気にするようなポジションにいたとも思えない点だが、では、小室が引退を宣言してまで守ろうとしたものとは一体何だったのか? 小室がアーティストやプロデューサーとして一時代を築いたことに異論は無い。1983年に結成した『TM NETWORK』でメジャーデビューを果たした後、1990年代半ばから2000年にかけては、安室奈美恵・『TRF』・華原朋美・篠原涼子・『globe』といった、小室が楽曲提供やプロデュースを手掛けた“小室ファミリー”がヒットチャートを席巻した。その人気ぶりはまさに桁外れで、これまで手掛けたCDの総売り上げ枚数は凡そ1億7000万枚。稼いだ個人の総収入は約96億円に上ると言われ、ピーク時には一般人も含む長者番付で2年連続国内4位という時代もあった。この勢いを駆って、1998年には香港に音楽制作関連プロダクション『ROJAM』を設立。東南アジアを足掛かりにした世界進出に着手しているのだが、これが躓きの元となってしまう。「小室サウンドは、J-POPにユーロビートやダンスミュージックの要素を取り入れて圧倒的な支持を受けましたが、元ネタはロンドンやロサンゼルスといった都市の最先端クラブで流行っていたEDMを日本流にアレンジしただけのもの。世界的に見れば劣化版コピーでしかなく、海外では全く評価されませんでした」(レコード会社関係者)。ROJAMは2001年に香港の市場『GEM』に株を上場しているが、僅か2週間で公開価格の半値を割ってしまうほど業績は低迷。小室は金融機関から億単位の融資に加え、自身の資産も注ぎ込んでいく。また同時期には、音楽配信ビジネスや不動産投資等、持ち込まれた様々な投資話にも手を出すが、上手くいかず、最終的に2004年に持ち株を売却して経営から撤退。この時点で約70億円と言われる借金を背負ってしまう。そして2008年には、詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕されるという事件を起こし、懲役3年執行猶予5年の有罪判決が下っている。「投資家に『自分の持つ音楽著作権を譲る』と持ち掛けて、5億円を騙し取ったのですが、既に権利は小室の元には無かった。現金だけでなく、莫大な印税収入も失っていたことが明らかになっています」(全国紙社会部記者)。その後、音楽活動を再開しているものの、プロデューサーとしてもプレイヤーとしてもヒットらしいヒットは1曲も出せていない。「2014年にはTM NETWORKがデビュー30周年ということでシングルを発売しましたが、昔の人気は望むべくもありませんでした。精々、当時のファンを相手にした懐メロとしての価値がある程度でしょうか」(前出の音楽業界関係者)。つまり、現在の小室は、不倫をしようが引退をしようが、世間の好感度を気にするような活動はしていない筈なのだ。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接