FC2ブログ

对不起....

由于24号台风,我受伤了,星期一我无法更新我的博客。我会在医院治疗你的。
スポンサーサイト



【テレビの裏側】(40) 滝沢秀明引退→裏方へ…元アイドルたちの“転身”

滝沢秀明(36)が芸能活動を引退し、裏方に回ることが発表された。今後は舞台やコンサートのプロデュースと、ジャニーズJr.の育成に注力するという。未だ多数のファンを抱える滝沢の引退に衝撃が走ったが、レコード会社スタッフは「滝沢は以前から裏方志向があった」と言う。「タッキーは音楽に合わせて映像を流すVJ(※ビデオジョッキー)にハマっていて、8年程前には名前を伏せて、新木場等のクラブでシークレットイベントを開催。腕試しをしていました。お笑い芸人やミュージシャンを呼んで大々的なイベントを打ったこともある。今思えば、裏方に転身することを見越して経験を積んでいたのかもしれません」。ジャニーズの先輩でもある『少年隊』の錦織一清(53)は、数多くの舞台演出を手がけ、演出家としても高い評価を得ている。ここのところ、アイドルを辞めて裏方に転じ、成功する例が増えている。「渡辺直美のスタイリストを務める大瀧彩乃は、チェキッ娘の元メンバーです。直美がファッションに目覚めたのは大瀧の影響が大きい。好みを理解した上で、タレントの魅力を最大限に引き出すスタイリングをすると好評です。ファッション本も出版する等、アイドル時代より活躍していますよ」(ファッション誌編集者)。

今年2月、小泉今日子(52)が長年所属していた『バーニングプロダクション』から独立。今後、プロデュース業に力を注ぐことを発表して周囲を驚かせたのは記憶に新しい。「彼女が代表を務める制作会社“明後日”と関係の深い脚本家の本が出版されるのですが、これは小泉の企画だそうです。既にイベント等も手がけていて、プロデューサーとして会場に顔を出していますよ」(制作会社スタッフ)。その小泉の個人事務所『オフィス日新』の取締役で、彼女の右腕として辣腕を振るっているのが、『おニャン子クラブ』の元メンバーでソロ歌手としても活躍した福永恵規(51)だ。「ここ数年の小泉の活動は、ほぼ彼女がプロデュースしていたと言っても過言ではないですね。敏腕スタッフとして業界では知られた存在です。タレントとしては後輩ですが、小泉の信頼は厚い。福永が押したら、キョンキョンが表舞台に戻ってくる可能性もゼロではないでしょう」(キー局スタッフ)。おニャン子クラブと同じ、フジテレビ発のアイドルグループとしてデビューした『アイドリング!!!』の元メンバー・遠藤舞(30)は現在、ボイストレーナーとして活動している。「後継グループの“アイドルING!!!”等、女性アイドル向けのレッスンを行なっています。やはりアイドリング出身の伊藤祐奈は、引退後にイベントマーケティング系会社を設立しています。今夏、鎌倉にアイドルたちが手がける海の家をプロデュースして、話題を集めていましたよ」(アイドル雑誌編集者)。光も影も熟知する経験者たちがアイドル界を再興できるか!?


キャプチャ  2018年10月5日号掲載

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

【高校野球なんかやめちまえ!】(下) 夏の甲子園を止めるべきこれだけの理由

“バカのひとつ覚え”の様に、灼熱のグラウンドで毎年行なわれる甲子園という名の儀式。かけがえのない若者の生命を危険に晒し、“感動物語”を消費し続ける大人たちの罪は計り知れない――。 (スポーツ文化評論家 玉木正之)





20180928 29
私は、スポーツに関する原稿を書き始めた40年以上も前から高校野球を批判し続けてきた。いや、高校生の野球そのものを批判してきたわけではない。高校生がスポーツに打ち込むのは悪くない。が、『朝日新聞社』や『毎日新聞社』が主催している高校野球大会には、断固としてスポーツとは呼べない“異常”な出来事が多過ぎるのだ。夏の甲子園大会は、気象庁発表の阪神地方の気温が35℃を超え、炎天下の甲子園球場では40℃を超し、NHKのテレビ中継でも、画面の周囲に高温注意報と、屋外での運動の危険性を警告するテロップが流れる中で行なわれる。スポーツ大会なら、最も素晴らしいパフォーマンスが発揮できるよう環境に配慮がなされるべきで、真夏の大会なら北海道の日高地方あたりで開催されるべきだろう。甲子園球場と同じ建造物を北の大地に建設し、そこで盛大に大会を開催すれば、地方の活性化にも繋がる筈だ。高校生の移動交通費くらい、主催する新聞社が負担したらいい――。こんな意見を口にしたら、あるマスコミ関係者に嗤われた。「涼しい場所で高校生に野球をやらせたらどうなる? 下手なプレーが目立って白けるだけだ」。そうなのだ。高校野球には、高校生たちの稚拙なプレーを美しく覆い隠す汗と涙を絞り出す舞台装置が必要で、それこそがぎらぎらと輝く真夏の太陽に他ならない。選手も観客も、涼しいグラウンドや観客席で冷静に野球と取り組んでいては、高校野球にならないのだ。だから、熱中症の危険も省みず、このバカ騒ぎは続けられるのだ。開会式でプラカードを持つ女子高生、合唱団や吹奏楽団の高校生たち、それに応援席に座る観客や同級生の中には、これまでに暑さで倒れた人が何人も出たと聞く。

が、幸い重症には至らなかったせいか(※或いは報道規制があったからか)、表沙汰になることもなく、恐らく将来も誰か犠牲者が出るまで、炎天下の開会式は(※そして試合も)行なわれ続けるだろう。この開会式という不思議な儀式も、スポーツには相応しくない“軍事教練”の残滓と言う他ない。明治44(1911)年、野球が全国的に大流行したことから、東京朝日新聞が“野球と其害毒”と題した批判記事を22回(※同年8月29日~9月22日)に亘って連載。新渡戸稲造や乃木希典といった大物が登場し、「野球は巾着切りの遊技」「脳の作用を遅鈍にさせる」「風紀を乱す」等と大批判を展開した。それに対して「野球は教育的」との反批判も巻き起こり、野球人気は益々高まった。その結果、4年後の大正4(1915)年、大阪朝日新聞社が全国中等学校野球大会(※今の全国高等学校野球選手権大会)を主催・開催するに至る。東京と大阪で当時は別会社とはいえ、同じ朝日を名乗る新聞社が、“野球害毒論”から“野球推進論”への180度の手の平返しをするにあたって持ち込んだのが“野球教育論”で、9人の選手が一致団結して一糸乱れず闘うことが如何に教育的かと主張。試合開始前に両チームの選手がホームプレートを挟んで礼をすることや、帝国陸軍の閲兵式に倣い、開会式での行進を取り入れた。また、優勝チームにコンサイスの英和辞典が贈られるといった教育的配慮(?)もあった。軍隊とスポーツの結び付きは高校野球だけでなく、嘗てはオリンピックの開会式でも軍隊式行進が一般的だった。が、スポーツにとって何の意味もない軍事色は、今では一掃された。にも拘わらず、高校野球では今でも帝国陸軍式の行進が何の疑いもなく続けられているのだ。いや、最近では行進する高校球児たちは、指先を伸ばして腕を前後に振る帝国陸軍式ではなく、拳を握って腕を振るようになった。これは自衛隊の行進のやり方だ。一体、誰がどのような意図で自衛隊式行進を取り入れたのか? 主催者の高野連と朝日新聞社は、見解を明らかにするべきだろう。神奈川県のある高校の野球部監督がこの軍隊(※自衛隊)式行進を嫌い、地方大会の開会式で生徒たちに、「両腕を頭の上にあげ、観客席に向かって手を振り、喜びを表しながら行進してはどうか?」と提案したことがあった。生徒たちはその提案に従い、予行演習で実行したが、その瞬間、激怒した高野連の関係者が飛んできて、両手両脚を揃えて行進するよう命令したという。監督は注意されたが、何故軍隊(※自衛隊)式行進をさせるのか、その説明はなかったという。

続きを読む

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

【高校野球なんかやめちまえ!】(中) スポ根押し付け100周年…朝日新聞“偽善”の大罪

夏の甲子園を主催する『朝日新聞社』。これまで偽善と虚飾に満ち満ちた“感動ドラマ”を販促に利用してきたが、その効果は薄れてきたどころか、自らが抱える矛盾を浮き彫りにする“毒”にすらなっている――。 (取材・文/本誌特集班)





20180928 28
7月14日、朝日新聞デジタルで配信されたある記事は、同紙が抱える矛盾を鮮明にした。“運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を”。内容は、「酷暑のスポーツは大変危険であり、一歩間違えば生死に関わるから気を付けよう」といった内容。冒頭、「主に中高の運動部員のみなさんに読んでもらいたい」とする、当たり前過ぎる内容の記事だが、まさに“お前が言うな”であろう。フリージャーナリストの津田大介氏は自身の『ツイッター』で、「『なら朝日新聞は夏の全国高校野球選手権の主催をやめろ』と言われるのは当然」とした上で、「夏の甲子園を止めることを検討したほうがいい」と発言。多くの賛同が寄せられた。また、5日後の同19日、高校野球熊本大会を観戦に訪れた生徒ら22人が熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送されたりした。同日、朝日は高野連と共に、地方大会を開催している各都道府県高野連に対し、こう呼びかけた。「各地方大会でも、応援団や観客の方等多数の人が熱中症で搬送されています。そこで、各地方大会の運営にあたる皆さんに、熱中症の対策に万全を期して頂くようお願いする次第です」。まさに「我々は注意喚起しました」という責任逃れの免罪符。“どの口が言うか”である。万が一、高校野球で死者が出るようなことになれば、朝日は責任を取れるのだろうか? それとも、「我々は注意喚起していました」とでも説明するのだろうか?

どのみち、死者が出てからでは遅過ぎることは明白。労働問題や教育問題は朝日が最も煩さそうだが、こと高校野球に関しては“真逆”の印象を受ける。お得意の電力問題も然りだ。「電力消費は全国高等学校野球選手権大会がピークになっており、電力供給もそれに合わせて調整を行なっているという通説がある。電力需給の観点から、経済産業省が開催時期をずらすことについて検討、実施に試合時間を夕方中心にずらしたこともある」(元朝日新聞記者)。果たして、朝日のこの異常なまでのダブルスタンダードは、どこに起因するのか? 高校野球、そして朝日の闇を検証しよう。夏・春の甲子園大会を主催する朝日新聞と『毎日新聞』、そしてプロ野球球団を持つ『読売新聞』は、高校野球を販促ツールにしてきた。しかし、昨今の活字離れ・野球離れで、部数激減の新聞販売のてこ入れ効果も今は昔。教育の一環である高校野球を“宣伝・広告塔”として上手く商品化できているのは、今やマンモス私大系列校や宗教法人、広報・経営戦略のある学校法人だけというのが実情だ。地方大会が始まる6月頃から、全国紙の地方面は高校野球一色に染まる。人口60万人でも600万人でも地方版は2~3ページ。しかし昨今、読者の野球離れから、「夏場は野球新聞になるでしょ? 興味ない」と講読を止めるケースも後を絶たない。「宿直明けの野球担当が、『何で高校野球の記事ばかりなんだ? 他に重要なニュースがあるだろ!』と読者からお叱りを受けることもしばしば」(同)。朝日が得意の市民運動・憲法改正・地方議会・脱原発等、どんな記事も地方版では野球に追いやられ、ベタ記事にすらならないことが多い。また、地方版は2ページ程度しかないので、野球好きの県民には物足らない。NHKや、ページが多い地元の地方紙で高校野球を楽しむ。その結果、全国紙は地方で売れなくなる。野球好きといわれる県の部数は、関東と関西の部数の100分の1程度である。野球記事で紙面を埋め尽くす結果、自分の首を絞めているのだ。最早、高校野球は地方読者獲得の為の販促ツールどころか、“お荷物”といえるが。読売・産経も含め、戦前より続く時代錯誤な“儀式”を毎年派手に報じる姿は、マーケティング論から見ても最早思考停止状態。尤も、プロ野球離れに直面する読売には、大谷翔平のようなスターを盛り上げてくれる朝日の高校野球報道が“漁夫の利”を齎すが、日本のプロ野球、特に巨人そのものが二軍化した古臭いコンテンツだ。「高校野球報道が新聞の四番打者の時代は終わり、読者から戦力外通告されている現実に目を背けているだけ」(朝日新聞野球担当記者)。そんな意識があるにも拘わらず、球場への若手記者の戦力投入戦は相変わらず。「高野を止めれば、高給の運動記者・カメラマンが食えなくなる」との心配も聞く。実際、新聞各社とも地方大会のエース級球児を社員にしてきた現実もある。

続きを読む

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

【高校野球なんかやめちまえ!】(上) 朝日新聞が運動部の熱中症リスクを指摘する欺瞞

『朝日新聞社』のダブルスタンダードがインターネット上で物議を醸し、炎上している。同社は「炎天下での部活動にNOと言う勇気を持とう!」との記事を出しているが、自らが主催する夏の甲子園は別という矛盾したスタンスを貫いているのだ。 (ノンフィクションライター・元朝日新聞記者 窪田順生)





20180928 26
猛暑の日本列島で連日のように熱中症被害が報じられる中、朝日新聞の“特大ブーメラン”が大きな話題になったのをご存知だろうか? “運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を”(※朝日新聞2018年7月14日付掲載)というタイトルからもわかるように、中学・高校の運動部に所属する子供たちへ向けたもので、「炎天下で運動中に異変を感じたらすぐさま声を上げなさい」と注意喚起を行なったのだ。記事では7月12日、滋賀県大津市の中学校で、男子ソフトテニス部の2年生がサーブミスを繰り返した罰として、「校舎の周りを80周走れ」と命じられ、走っている最中に倒れて救急搬送されたケースを紹介し、「無理だ」と感じたら声を上げるよう呼びかけた。「素晴らしいことじゃないか」と思うかもしれないが、この記事を受けてインターネット上には「お前が言うな」「どこまでご都合主義なのか?」という批判が溢れ返って、炎上してしまったのである。何故かというと、実は、この記事は綺麗な放物線を描いて、朝日の後頭部に突き刺さるブーメランとなっているからだ。子供たちの熱中症死亡事故の温床は、この記事の主張する通り部活動である。『日本スポーツ振興センター』のデータによると、1975年から2011年の37年間で、学校管理下の熱中症による死亡事故は161件あって、その内、部活動は139件。そこで最も子供が死の危険に晒されているのは野球部だという。野球経験者はわかると思うが、この集団スポーツの練習では「無理」「もうダメ」なんて甘えた言葉は許されない。白球を追いかける球児たちが目指す聖地・甲子園へ行く為には、それくらいの困難を乗り越えるのが最低条件とされているからだ。

そう言うと、もうおわかりだろう。中高運動部で野球をする子供たちが目指す夏の甲子園をここまで神格化させたのは、他でもない、主催者である朝日新聞である。全国紙のネットワークをフル活用して、「栄冠は君に輝く」「日本の夏の風物詩」なんて調子でごりごりと煽ってきたのだ。彼らが何故ここまで社運をかけて甲子園を盛り上げてきたかというと、新聞ビジネスにおいて販売戦略的にもブランド戦略的にも非常に有効だったことが大きい。全国47都道府県の代表が競い合うのだから、その詳細を報じれば全国で注目が集まる。全国紙である朝日からすれば、これほどおいしいコンテンツはない。しかも、選手は皆、高校生たちなので、ギャラは発生せず、費用対効果も抜群。おまけに、“爽やかな球児”が炎天下に死力を尽くして戦う大会を主催するというのは、“清く正しい報道機関”というイメージ戦略とも見事に合致する。つまり、朝日新聞社にとって、甲子園という“炎天下でぶっ倒れそうになりながら少年たちが野球する全国大会”というのは、同社が成長していく上で必要不可欠なキラーコンテンツなのだ。こういう経緯で最盛時は800万部を売ってきた張本人が、そんな事実などはなからなかったように、「炎天下の運動はよくない」と神妙な顔でご高説を垂れている。これはたとえるのなら、戦争で大儲けしている武器商人が、自分のことを棚に上げて“反戦平和”を訴えるようなものである。このような朝日の矛盾は、甲子園に常に付き纏ってきた。中でも非常に有名なのが“日の丸・君が代論争”だ。2004年春、東京都立高校等の卒業式で、国旗掲揚時の起立や、君が代を歌うことを拒否した教職員らが都教育委員会に戒告され、5人の嘱託教員が契約更新を取り消された。当然、朝日は噛みつく。「恐ろしい軍国主義の復活だ」と言わんばかりに、社説で痛烈に批判を行なったのである。これぞ左…いやリベラルという立派な主張だが、程なくして嫌なところから茶々が入れられる。ライバルの『読売新聞』が「甲子園では普通のことなのに」(※2004年3月31日付)と、社説でチクリとやったのだ。ご存知のように、甲子園の開会式では国旗掲揚と国歌斉唱が行なわれ、役員や審判だけではなく、丸坊主の子供たちも脱帽し、観客にも起立を呼びかける。「貴方たちが主催している甲子園では、こういうことを当たり前のようにやらせているんだし、子供に範を示す公立高校の教職員ならきちんとやってもらわないとダメなんじゃないの?」という至極真っ当なツッコミが寄せられたのだ。今なら「またブーメランかよ」なんて“祭り”になりそうだが、当時は未だ従軍慰安婦の捏造問題もなく、そこまでアンチもいなかったので、朝日も超強気だった。

続きを読む

テーマ : 教育問題
ジャンル : 政治・経済

<画像5枚> 寄席ではあんなに楽しい人なのに…桂春蝶、“10年不倫”の愛人を顔面殴打





20180928 19
顔面を殴打され、それを写真で撮らされた愛人。左目の周りが大きく痣になっている。

20180928 20
春蝶との『LINE』。暴力を示唆するものか、「セックスしたい」といった内容ばかりだったという。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

<画像12枚> 板野友美、“元彼の友人”人気デザイナーとポルシェでお泊まり愛





20180928 07
焼き肉を食べ終えて、宮﨑泰成氏の待つポルシェへ向かうともちん。この後、六本木の高級ホテルへ移動した。

20180928 08
起業後、数ヵ月で立ち上げたブランドが成功。宮﨑氏は都内屈指の高級マンションに暮らす富豪となった。

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

譁・ュ怜喧縺代→縺ッ縲

枚蟄励さ繝シ繝峨・驕輔>縺ェ縺ゥ縺ァ豁」縺励¥譁・ュ励′陦ィ遉コ縺輔l縺ェ縺・樟雎。縺ョ縺薙→縺ァ縺ゅk縲

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

卸業者が告発! 肉食ブームの裏側で蔓延る恐怖の“肉リサイクル”

20180928 06
表向きには厳しいとされている食肉の衛生管理。2011年、富山県の焼肉店で5人の犠牲者を出した集団ユッケ食中毒事件を受けて、2012年7月には食品衛生法が改正。レバ刺し等の生肉の提供が禁止された。だが、関西の食肉卸業者の経営者は、「小売店となあなあの関係になっている卸業者は、スーパーマーケットから賞味期限ぎりぎりの食肉を引き取り、それを業務用食品を扱うGや関西で展開するS等の激安スーパーに流したりしています」と明かす。「何故なら現在、小売店には廃棄ロスに関するノルマが社内で設定されているからです。業者は、引き取った肉をミンチや、タレ等の調味液に漬け込んだり、総菜等に変えて再出荷します。多少傷んでいても添加物で食べられる状態になっていますし、冷凍すれ ば半年から1年は保存できる。こうしたワケあり肉の卸値は通常の5分の1程度の為、激安スーパーだけでなく、飲食店や弁当屋等にも人気です」。

因みに、消費者はどのようにして見分ければいいのか? 「冷凍食品の場合、簡易包装の如何にも業務用っぽいヤツは要注意。弁当だと200~300円の激安弁当は、ほぼ間違いなくワケあり肉を使った総菜が入っています。あと、成形肉は激安系じゃない普通のスーパーでも販売されていますが、添加物の力で屑肉を食える状態にしている粗悪品も少なくありません」(同)。一方、再出荷されたワケあり肉は飲食店等でも流通している。「AやG等の大手焼肉チェーンは自社工場で食肉加工を行なっているのですが、その際に出る廃棄肉を引き取る業者がいます。そうした業者は、廃棄肉を添加物で食える状態にして、別の飲食店に流している。特にレバーは、青みがかった素人目にもヤバいものでも、添加物パワーで色を変えてしまう。食べ放題を売りにするS等の激安焼肉チェーンは、基本的に添加物の使用頻度が高いですね」(同)。しかも、自分で肉を取りに行くスタイルの店は、総じて肉の衛生状態が悪いという。「棚は扉が無いところが多いですが、それは空気中の埃やウイルス等が付着しているリスクが高いということ。つまり、ワケあり肉をよりヤバい状態にして食べているわけです」(同)。安く食べられる肉には、それなりの理由があるのだ。 (取材・文/フリーライター トシタカマサ)


キャプチャ  2018年9月号掲載

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

中国がCIA協力者を大量拘束…背景に“サイバー防衛能力”の向上





20180928 05
中国国内のCIA要員や協力者が、2010年から2年間で約30人摘発され、処刑されていたことが昨年判明したが、摘発の背景に中国の高度なハッキング能力があった模様だ。アメリカの情報機関内では、一斉摘発は「この数十年でCIAが犯した最大の失敗の1つ」と見做され、動揺が広がっている。当初、摘発の理由は、中国系の元CIA職員が中国の国家安全部に寝返り、協力者らの身元情報を提供した為とされていたが、CIAやFBIの合同調査で、この職員が把握していた人数は限定的で、30人もの摘発に繋がった理由は不明だった。その後の追跡調査から、中国の情報機関が暗号解読やハッキング技術を強化し、CIAの通信網を経て機密データにまで侵入していたことがわかったという。この極秘データから中国国内のCIAスパイ網が一網打尽となり、事実上の壊滅状態に陥ったとされる。アメリカの情報機関内では、中国の高度技術能力に衝撃を受け、対中国情報戦の根本的な見直しを迫られているという。

                    ◇

習近平国家主席の首席経済顧問格である劉鶴副首相が、米中貿易戦争開始前、「アメリカと貿易戦争を展開したら中国は負ける。中国経済を崩壊させるかもしれない」との弱気な見通しの内部報告を、指導部に提出していたことがわかった。劉氏は、「中国の工業部門は未熟で、先進諸国との差は大きい。関税対象となる輸入品総額は、アメリカが中国の3倍以上だ」とし、アメリカ側の条件を受け入れ、本格的な貿易戦争を避けるよう提言したという。習主席は劉氏をアメリカに派遣したが、交渉は失敗した。持論を正当化する為、最初から熱心に交渉しなかった可能性があり、劉氏はその後、米中交渉から遠ざけられた。

                    ◇

インドが台湾への潜水艦売り込みに前のめりになっている。台湾の“国産防衛的潜水艦”調達を巡って、日本も含めた各国が売り込み合戦を繰り広げているが、インドの積極性が群を抜く。台湾海軍の担当者をインドに招聘するだけでなく、将官級退役軍人をトップとするセールスチームを台湾に派遣。また、技師152人を送り込み、潜水艦設計ノウハウのない台湾の造船企業を全面バックアップする構えだ。インドが売り込もうとしているのは非大気依存推進型(AIP)で、日本が得意とする分野。日本も水面下では動いているが、中国に配慮して大っぴらにできない。現時点ではインドが一歩リードという情勢だ。

                    ◇

先月、北朝鮮の金正恩委員長が国内医療機器工場を視察して、「馬小屋か!」と罵倒したニュースが発信された。“国の恥”ともいうべき内情を流したのは、医療援助という人道分野で国際的な制裁包囲網を突き崩そうという意図が見える。先月の『東南アジア諸国連合(ASEAN)』地域フォーラムでは、李容浩外務大臣が「北朝鮮の善意に応じるべきだ」と制裁解除を求めた。既に7月時点で、国連のアントニオ・グテレス事務総長が“北朝鮮人民を救う人道計画”に言及しており、北朝鮮としてはもう一押しで『世界保健機関(WHO)』等の支援を引き出せると踏んでいるようだ。

続きを読む

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接