「私の店は食べログの“工作屋”に潰されました」…カネを貰って悪評をばら撒く“風評被害”捏造集団の正体

初めての飲食店で食事をする際、先ずグルメサイトで評価を確認するという人も多いのではないだろうか。しかし、そこにある情報は、必ずしも正しい評価とは限らない。何故なら、こんなヤツらが跋扈しているのだから…。 (取材・文/フリーライター 原口一成)

20161220 06
近頃、インターネット上での情報交換・共有が盛んになっている。初めて訪れる街で「何を食べるか?」と考えた際に、インターネットで調べて判断する人も少なくないだろう。そして今、そうした人々に最もよく利用されているのが、一般ユーザーによる飲食店のレビューサイト『食べログ』ではないだろうか。しかし、同サイトには予てより指摘されているように、情報や評価が“一般人による私的な見解”であるという性質上、胡散臭いものが紛れているということを忘れてはならない。「全く、あんなサイト、本当に碌でもないですよ。単なる風評被害サイトじゃないですか。しかも、運営側は何の責任も取らない。あれじゃ、飲食店版の2ちゃんねるですよ」。そう語るのは、以前、東京都内の某繁華街でラーメン店を開業していた元経営者のAさん(46)。彼の店は所謂“行列店”で、最盛期には1日当たり100万円近い売り上げをコンスタントにキープしていたという。しかしその後、ある事件を境に人気が急落。廃業を余儀なくされたという。「元々、ウチは皆さんによくして頂き、売り上げも順調に伸びていました。でも、そんな矢先に、直ぐ目の前に新興チェーン系の新店(※“B店”とする)が出来たんですね。ちょっと嫌な気持ちにはなりましたけど、味で負けるとは思っていなかったので、最初はただ見守っていたんですが…」。店が隆盛を極めた約2年前の冬、出店ラッシュをかけていたB店が目と鼻の先に開店。咋にAさんの店の人気に便乗してのものであると思われ、いくら何でも酷いとは思いつつも、文句を言わずに静観していたというAさん。しかしその後、信じ難い事態に見舞われることとなる。

「急に客足が激減したんですよ。それで食べログを見たら、咋におかしな評価を付ける人が激増していました。それに対し、あちらの店は高評価だけで、絶賛コメントばかり。明らかに不自然でした」。Aさんは、そのおかしな事態に、同サイトの運営側に質問を投げかけたが、先方から何の返答も無かった。その間にもどんどん客足は遠退き、B店のオープンから半年も経たない内に、Aさんの店は廃業に追い込まれた。だが、失意に暮れるAさんに、更なる追い討ちが待っていた。「正々堂々と勝負して負けたなら、私も自分の力不足と反省していました。けど、別の仲の良い同業者のオーナーが、全く同じような状況に追い込まれているっていう話を聞いたのです。それで、仲間内で調べてみたら、どうもカネを貰って悪評をばら撤いたり、逆に高評価を付けて荒稼ぎする“工作屋”みたいな連中の存在がわかったんです」。Aさんの話によると、その工作屋と呼ばれる集団は、特定の店からカネを受け取って依頼を受けると、先ず対象店舗の評価を集団的に上昇させる。それと同時に、ライバル店への誹謗中傷を繰り返すことで廃業に追い込むという悪行を繰り返しているという。今回、筆者が取材したところ、こうした集団は確かに実在し、『食べログ』は素より、『ツイッター』や『フェイスブック』といったSNSへの投稿等、インターネット上の工作活動も手広く展開していることが明らかになった。だが、再三に亘って大手メディアが報じているように、いくら飲食店側が投稿の削除を依頼しても、サイトの運営側はそれに応じてはくれない。実際に訴訟を起こした事例においても、今年5月、最高裁判所により訴えが退けられるという異常事態が発生しているのが実情だ。つまり、それが“一般”のユーザーによる誹謗中傷だとしても、ライバル潰しを目論む“プロ”の犯行だとしても、一度でも被害に見舞われてしまえば、やられた側は“泣き寝入り”するしかないという状況なのだ。「私にとってはね、“小さくても皆さんに愛される店を開く”っていうのが、子供の頃からの夢だったんです。それをこういう形で潰されてしまって、本当に辛い。でも、激戦区ではない本当の片田舎だったら、こういうことも起こり難いと思うんです。だからまたいつか、頑張って自分の店を持ちたいですね」。“工作屋”による被害に見舞われつつも、力強い言葉で将来の夢について語るAさん。“被害に遭ったら泣き寝入り”という状態が野放しにされている今、せめて彼の細やかな願いが叶うことを、筆者も願って止まない。


キャプチャ  第4号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR