【特別対談】 「ヤクザが仕切るAV業界は昔から最低最悪の世界だ」――太賀麻郎(元AV男優)×中村淳彦(ノンフィクションライター)

AV出演強要事件――。元AV女優が「望まない作品への出演を強要された」と主張し、業界が揺れに揺れている。人権派弁護士も登場し、騒動の収束は見えない。AV業界の黎明期からAV男優として業界を見てきた太賀麻郎に、気鋭のライター・中村淳彦が話を聞いた。

20161230 01

中村「AV業界が大荒れです。2016年3月3日に、国際人権NGOの“ヒューマンライツナウ”が出演強要の調査報告書を発表し、6月12日にはプロダクション最大手“マークスジャパン”の村山典秀代表が逮捕。更に7月8日、キャンプ場でのAV撮影で52人が書類送検され、そして人気女優が『前所属事務所社長に騙されて出演させられた』と告発…。もう無茶苦茶」
太賀「『夢を利用されて騙された』って女優の話はおかしい。『騙された』『洗脳されていた』って言い方して、それが醒めたということだった。18歳・19歳の子が言っているならばわかるけど、成人だよ? カメラの前で泣いていて、『何それ?』って」
中村「プロダクションは、口説いて出演させるのに凄く時間をかけている。単体か企画単体で大きなカネにすること前提で、労力を費やした洗脳。騙されて怒るのは理解できるけど、嘘を自分が信じてAV出演したことを刑事で訴えるのは無理があるよね。嘘の勧誘が犯罪だったら、例えば介護業界とかリクルートとか皆、壊滅しちゃいますよ」
太賀「最低でも出演料を全額返還してから言わないと。売上にしたら何千万円か億単位の収入があった訳でしょ? 単体になって有名になってAV女優を続けていたって結果オーライなのに、全く意図がわからない」
中村「AV女優は、この15年で人気職になって応募が増えたから、騙して出演させるケースは減った。でも、それまで騙すのはずっと当たり前だった。問題だらけなことは確かで、怒る女優がいるのもわかる」
太賀「俺は、“騙している”って言い方がちょっと引っかかる。結局、女にも下心がある。プロダクションは“AV出演”って下心があって、女のほうは『有名になりたい』とか『芸能人になりたい』とか下心がある。結局、利害が一致したから出演した訳でしょ?」

中村「『AV出演が死ぬほど嫌だった』というなら、何本も出演しないし、パニックになって直ぐに訴えるよね。夢を利用する夢喰いみたいなことは何もAV業界だけじゃないし、あまりにも今の日本社会に溢れていること」
太賀「AV業界は、女優も男優も、監督もスタッフもギャラが高い。一般の仕事より高い。どうしてかというと、“リスク”があるから。“有害業務”だからですよ。今までの業界人は、『有害業務をしている』って覚悟があってやっていた訳。元々、AV業界は問題だらけなの」
中村「中途半端だったり、能が無かったり、不良だったり、一般社会から排除された人が流れ着く仕事だった。有害業務を自覚して、女の裸を利用しながら売り上げて、何とか生きていく…みたいな」
太賀「今、おかしくなっているのは、皆、覚悟が無いから。AVなんて、どう考えても普通の仕事ではない。昔の女優とか関係者は、お金が欲しかった訳ですよ。『本番するだけの約束だったのに、レイプされた』とか。そういうこともあった訳。でも、『お金を貰えるから』ってことで納得していた訳よ」
中村「AV業界の性質が変わったのは、この15年くらい。一般人が増えることは、個人的に歓迎すべき流れだったけど、大手セルメーカーが新卒採用を始めて、“普通の人”が業界で働くようになった」
太賀「普通の子たちが入ってくるから、“有害業務”とか“底辺”って意識が無い訳。それに、お金に困っている層って訳でもない。だから覚悟が無い。プロダクションも、『覚悟が無い女を“カネになるから”って適当なことを言って口説くのはどうなの?』って話」
中村「『AV女優になりたい』って応募が増える中で、プロダクションが態々時間と費用をかけて口説くのは、超美少女とか美人とかお嬢様とか。問題になったプロダクションは“夢”とか“家族”とか稚拙な言葉を使っていたけど、『今の時代に合わせて、そこまでお花畑な言葉を使っているのか?』って。何ていうか、騙される側が劣化しているよね」

20161230 02
太賀「一番売れていた1980年代は、本番でもなければ大した女は出ていない訳。作品のクオリティーが高かったから売れた。初期の頃は“ニューメディア”って呼ばれていたくらい。今までのテレビとか映画では観ることができないもの。特別な存在だった」
中村「レンタル時代だった2002年まで、AVは“作品”だった。セルビデオ勢が参入して、2000年前後から作品を作りたい監督や男優はパージされて、徹底して商品作りに方向転換した。商品となると“サービス業”。AVユーザーの要望をサービス業として聞いたら、『もっといい女を出せ』『もっと過激なことをさせろ』となる。裸を物凄い勢いで消費させてしまったのが、AV不況の一番の原因。皆が不幸になった」
太賀「只の性風俗のサービス業となって、飽きられたAVは、もう儲かることはない。だから、『女の子を騙して出演させて、そんなことして本当にメリットがあるかな?』って」
中村「騙すとか搾取することが常態化していた1990年代以前より、現在のほうが明らかにマシ。『この15年で大きく変貌している』ってことをわかっていないから揉める。女性団体も大手メディアもエリートの恵まれた人たちで、徹底してAV業界側の意見は聞かないよね。認識が15年前のままで、『AV業界人はゴミクズ』みたいな意識があって、会話をする気が無いかな」
太賀「『AV業界を救おう』って言うなら警察を巻き込まないと。昔はビデ倫があって、警察の天下りがやっていた。又は、警察に天下り団体を作ってもらう。団体があることで守られる訳」

中村「背景を言うと、ビデ倫審査を通過した作品だけが、AVと認められてレンタル店に流通した。参入障壁と利益率が高い産業だった。1990年代後半にセルビデオが“反ビデ倫勢力”として参入して、無審査のインディーズが始まった。結果的にセルビデオは圧勝。最終的にはビデ倫を潰すまで追い込んだ。パニックになっている現在をみると、“ビデ倫を潰す”という選択は大きな間違いだった」
太賀「ビデ倫があったら、こんなことにはならなかったかな。警察も、『AVはグレーだけど必要悪』って事情はわかっている。三十数年間“お目溢し”をしてきた訳だから、警察は『AVを潰そう』とは思っていない。だから、グレーを自覚しながら無茶しないようなルールを作っていた。そのルールに従わないプロダクションとか海外配信が問題を起こしている訳」
中村「2004年の“バッキー事件”は、AV業界の大事件。逮捕されたバッキーの人たちは、AV業界人ではなく、B級出版流れ。バッキーの全盛期は、事件になった暴行や暴力以外にも、出演した女性の本名とか住所とか子供の顔とか曝したり。『どれだけ女優の人権を踏み躙るか?』みたいなことに拘っていた。当時、刑事事件を起こしまくったB級出版業界の悪影響」
太賀「純粋なAV業界というのは、レンタルやセルのAVメーカーとその周辺。純粋なAV業界は、かなり無茶しないようにやっているけど、一般の人たちは海外配信とか業界外と一緒に思っている。AV業界の人たちは、他に行き場所が無い。できるだけ長く、長期的に安全にAV業界で働きたいから、無茶しないし、トラブルは避けようとする」
中村「AV強要が社会問題になって摘発されたのがマークスジャパンだった。マークスは“業界の良心”と言われるプロダクションで、それで話が更に加速してこんがらがった。被害を訴えた女優は400本出演している人気企画単体で、やっぱり額面通りじゃなくて、報道されていない事情はあるみたい。“AV出演を強要した”ってことで大々的に報道されたのに、予想通り、強要では起訴されていないし」
太賀「未だ、AV業界で恐喝しているグループがあるでしょ? 去年から随分、被害者の相談に乗っていたけど、女優の被害とか不満を聞きつけては、乗り込んでお金を盗る…みたいなことが何件もあった訳。俺は、『その事件と今回のことが繋がっている』って勘繰っているの」
中村「悪徳プロダクション摘発だったら丸く収まったけど、混乱に拍車がかかった。マークスジャパンは、AV業界の中で最も女優の人権みたいなことを考えていたプロダクションだったよね。多少の問題はあるにしても、この10年間くらいのAV業界は儲からないし、ギャラは下がっているけど、かなり平穏だった」

20161230 03
太賀「俺は、この業界に32年くらいいる訳でしょ。入ったばかりの時はレンタル店も無かったし、当時はもう、業界はヤバそうな人ばかりだった訳。“ヤバそう”っていうのはヤクザもいるし、ヤクザではないけどロン毛で髭ボーボーみたいな。反社会的な人たちがプロダクションをやっていたの」
中村「本名も名乗らなかった。“芥川”とか“夏目”とか“ルー”とか“ジョニー”とか」
太賀「有名な芥川さんなんて、もう名前が20個くらいあったから。もう、凄まじいスカウトで半端じゃない訳。『火曜サスペンスドラマに出てみない?』って声をかける。引っかかった女の子を騙して、どんどんAV撮影に供給した」
中村「AV強要ってことなら、1990年代は今の50~100倍くらいの被害はあった筈。芥川さんは、声をかけて5分で本番まで口説く天才で、初脱ぎのハメ撮り映像も売り捌いていたよね」
太賀「それと、Kも酷過ぎた。俺の前で女の子をボコボコに殴って、無理矢理出演させていたから。そういうのを“強要”って言うの。やっぱり、彼らは詐欺師。女の子に何だか要領を得ないことを言って連れて来て、Kはセックスして写真を撮る。『その写真をバラされたくなかったら…』って脅す訳。もう、絵に描いたような強要・脅迫だよ。更に、ギャラを払わない。滅茶苦茶儲かる」
中村「昔は『お金を払わないで凄い』みたいな、そういう犯罪的な行為を賛美する空気すらもあった。プロダクションの搾取は、女優を供給してもらわなければならないAV業界側も協力していて、昔から撮影現場で女優にギャラの話をするのはタブーになっている」

太賀「悪徳なところは、“折半”って約束しても、女優に伝えている出演料の金額が嘘。だから、良心的なところ以外は、本当は折半なんかにしていない訳。『ギャラ30万円だった』って言って、15万円を女の子に渡しても、本当は100万円とか。85万円はぽっぽに入れる」
中村「昔話を蒸し返すと、本当に犯罪塗れですね。最低の業界だ」
太賀「そう、最低最悪。元々はヤクザがやっていた仕事だからね」
中村「マークスジャパンを潰したことで、業界は更に悪くなるだろうし、被害も減るどころか増えるでしょう。更に、キャンプ場の撮影を刑事事件にして、大勢のAV女優を犯罪者にしてしまった。問題提起をしている団体は一体、何をしたいんだろうか?」
太賀「普通に、女優の人権なんてどうでもいい訳でしょ。弁護士業界で過払い金が下火になっているから、新しいカネ儲けとして着手しているようにしか見えない。“AV女優の人権”みたいなことは口だけで、全ては自分の儲けと功名心ですよ」
中村「裸の女優を利用して稼ぐとなると、悪徳AV業界人と変わらない」
太賀「目糞鼻糞。俺は正論ぶったこと、正義感ぶったことが嫌なの。本当に胡散臭い。恐喝グループだって同じ手口。相手を脅す理由は『女性を守る為』みたいな建前で乗り込んでくるでしょ? 結局、ヤクザが昔からやっている“善意の第三者”ってヤツと全く同じ」
中村「今回、問題になっているのはプロダクション。マークスジャパンが起訴されたのは労働者派遣法。『AV女優は労働者ではなく、個人事業主ってことにしないと違法状態が続く』と言われている」
太賀「かなり苦しい。時代が変わっても、ヤクザ的な手法はそのまま残っている。プロダクションの旨みは、女の子を独占して、自分たちの意のままにさせること。女優を個人事業主にして立場を逆転させると拙い訳。ギャラがバレちゃう訳だから。旨みが無くなる」
中村「個人事業主になるとエージェント制となって、“所属”ではなく、女優が営業をプロダクションに“委託”することになる。それは考えられないですね」
太賀「儲かる為にやっているから、プロダクションはヤクザ的な手法を中々捨てない。エージェント制は無理にしても、良心的なプロダクションがそうしているように、女の子にちゃんとギャラを可視化して折半する。何とかそこから始めるのがいいと思う。今時、折半は一般的だから、嘘を吐かなければ女の子は納得する。後は嫌だって人を騙さないで、『やってもいい』って人だけを入れる。それくらいはできるでしょう」


キャプチャ  第1号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR