【ニッポン未解決事件ファイル】(02) 『帝銀事件』(1948)――戦後最大にして最悪の大量毒殺事件の真実

太平洋戦争後の混乱期、『連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)』の占領下で起きた大量殺人事件『帝銀事件』。手慣れた犯行の為、「犯人は医学的な知識を持つ者だ」と推測されたが、逮捕されたのはテンペラ画家の平沢貞通だった。12人が犠牲となった戦後最大の毒殺事件の全貌とは――。 (取材・文/ノンフィクションライター 窪田順生)

20170106 04
1948年1月26日15時過ぎ。東京都豊島区長崎にある『帝国銀行』(後の『三井銀行』)椎名町支店に、“東京都消毒班”の腕章をかけた男が入って来て、閉店の作業をしていた行員たちに、こんなことを言った。「近くで集団赤痢が発生した。感染者の1人が、この銀行に来たことがわかった。これからGHQが消毒するが、その前にこの予防薬を飲むように」。戦争の爪痕が残る当時の東京は、衛生状況が悪く、腸チフス等の様々な感染病が蔓延して問題となっていた。真剣な眼差しで話に耳を傾ける行員たちに、男は2種類の薬を手渡した。「これはよく効くが強い薬で、飲むとウィスキーのように胸が熱くなる。それに耐えつつ、1分経過したら症状を緩和させる薬を飲む」。そんな手順を説明しながら、男は薬を飲んでみせると、行員16人も次々に薬を口に運んだ。1分が過ぎ、2番目の薬も全員が飲み込んだ。程無く、“異変”が起きる。胸焼けどころか、全員が凄まじい苦しみに襲われたのである。ある者は口を濯ぎに向かった水飲み場で倒れ、ある者はどうにか戻った自分の席で意識を失った。こうして10名が絶命し、残りの6名も虫の息だった。そんな凄惨な現場を尻目に見ながら、男は支店長に差し出した名刺、そして自分が口を付けた茶碗を回収し、出納係の机の上にあった現金16万円と小切手を手に取って、悠然と銀行から去っていった。その後、1人の女性が朦朧としながら、這い蹲って外へ助けを求めたことで、事件が発覚。6人は救急車で病院に搬送されたが、2名は死亡。これが、所謂『帝銀事件』の概要である。警察が先ず着目したのは、2件の類似事件だった。この1週間前に『三菱銀行』中井支店、そして1946年10月にも『安田銀行』荏原支店に、よく似た風貌の男が、同様の手口で行員らに薬を飲ませようとしたが、何れも未遂に終わっていた。

つまり、これらは“予行練習”だった可能性が高いのである。また、犯行に使われた毒物が青酸化合物ということ以外は何も判明しなかったことから、「かなり高度な医学的知識を持っている者だ」と推測。更に、“大量殺人”を躊躇なく、冷静に実行に移していることから、軍隊経験のある医師の線で捜査が進められた。しかし、事件から7ヵ月後、そんな犯人像とかけ離れた男が逮捕される。テンペラ画家の平沢貞通だ。彼が“容疑者”とされたのは、“1枚の名刺”がきっかけだ。実は、三菱銀行に現れた男は“厚生技官 松井蔚”という名刺を出しているのだが、これは当時、宮城県仙台市に赴任中の実在の人物で、名刺も本物だった。そこで、松井本人から名刺を受け取った人物に絞って、捜査をしていたのだ。その中で平松が“クロ”とされたのは、過去に銀行相手に詐欺事件をした“前科”があるということもあるが、出所不明の大金を所持していたことが大きかった。当時の刑事捜査は“拷問”が当たり前で、平沢も暴行を受けながら自白を強要された。裁判では一転して無罪を主張したが、1955年に死刑が確定。こうして帝銀事件は幕を閉じた…かに思われた。しかし、死刑確定後も、平沢の冤罪を主張する声が噴出したのである。「旧日本陸軍で“細菌戦”を想定し、様々な人体実験もしていた“731部隊”にいた医師が関わっていたのではないか?」、或いは「アメリカ軍自体が犯行に関与していたのではないか?」という“陰謀説”まで飛び出した。その根拠となったのは、“731部隊にいた医師”の線で取材を進めていた新聞記者が、「警視庁幹部から『アメリカ軍が困るので手を引いてくれ』と頼まれた」という話を後に明かしたことだった。確かに、事件から2日後の朝日新聞東京版には、「帝銀の前に自動車と2人組の男が待っていて、犯人が乗り込み、走り去った」という証言が掲載されている。“組織的犯行”が時を経るにつれて、“単独犯”へと不自然に歪められているのだ。平沢は死刑執行されぬまま、1987年に獄死。晩年、支援をしていた作家の森川哲郎に、「“出所不明の大金”は、副業として春画を描いて売ったお金だ」と告白。それを裏付けるかのように、平沢が描いたとみられる春画が複数見つかっている。事件直後に目撃された“自動車と男たち”が誰だったのかは、今もわかっていない――。


キャプチャ  キャプチャ
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR