胡散臭いブームに乗ってダラダラしたいだけの社会のクズが増殖中…高樹沙耶逮捕で明らかになったスローライフの馬鹿馬鹿しさ

スローライフを送っていた高樹沙耶が逮捕されましたね! これをきっかけに、『ダウンタウン』の松本人志がスローライフ批判をしたり、スローライフのキナ臭さに注目が集まるようになりました。スローライフ、ダメ絶対!

20170113 17
先月25日、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者。逮捕時は沖縄県石垣島に在住し、自称ナチュラリストとして、エコロジーなスローライフを送っていたことでも注目を集めました。このスローライフ。“大量生産や高速化等、効率重視の社会に背を向け、ゆっくりした暮らしを通して質の高い生活を送る”という考え方。で、ナチュラリストとは、自然と積極的に関わり、人間界と自然界の融合を図っていく人たちのこと。というか、この肩書き自体が胡散臭いのですが、そんなスローライフでナチュラリストな高樹容疑者も、似たような仲間とジャングルを切り開いて、『虹の豆 浮世離れ』なるペンションを建設。それを収入源に活動し、グアバ、パパイヤ、ノニ等の熱帯植物も育て、男性4人と怪しい共同生活を送っていました。しかも、石垣島に移住する前は千葉県南房総市に住み、『エゴコロハウス』という家を建て、地球に優しい暮らしをする為に自給自足生活の実現に邁進していたとか。そんな中、松本人志が同30日、レギュラーコメンテーターを務めるテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、高樹容疑者の“スローライフ”について言及。高樹容疑者が自力生活をしている姿に、「車にも乗っているし、家電も使っている」「自分たちだけで生きているみたいな…人の力、めっちゃ借りているのに」と批判したのです。この辛辣な意見。今まで、あまり叩かれることがなかったスローライフな人々は、「えっ? スローでシンプルな生活を送っているエコな俺たちが叩かれるなんて! 何で?」とビックリしたかも知れません。が、はっきり言って、スローライフを送っている人って非生産的なダメ人間ですよ。「人類と地球が共栄共存!」とか抽象的なことを言って、恰も崇高なことをやっているように周りの人間に思わせていただけじゃないですか! 人の手を借りているどころか、クソみたいなメンタリティーで何も生み出さず、人の為にも世界の為にもなっていません。という訳で、ここでは、如何にスローライフを送っている人たちの言っていることが間違っているか、皆さんにお伝えしたいと思います。

先ず、彼らのモノに対する姿勢について。住居は築数十年の古民家を好み、態々茅葺き屋根の家に住む人も。で、既製品を組み 合わせ、切り売りした土地に建てられた建売住宅を、「こんなプラモデルみたいな家なんて人間の住むところじゃない!」と批判。ある意味、家族を思って新築の建売を購入し、ローンを払う為に毎日、一生懸命会社で働くサラリーマンを冒涜しているとしか思えません。どう考えても、碌に働かないスローライフな人より、サラリーマンのほうが社会的に有益なのに、一体何様なんですかね。抑々、耐震性や安全面においては、ボロい古民家より建売住宅のほうが優れています。こんなことを言っていたら、地震でスローライフな人のボロ家が崩壊しても、誰も助ける気にならないぞ! で、“アンチ産業社会”という思想から農業に憧れ、プロの農家に比べて農業経験が全然ないのに、ドヤ顔で畑仕事。しかも、その土地の伝統的な食文化や、そこで収穫された食材・郷土料理を食べることに価値を見出す“スローフード”の影響を受けているので、『マクドナルド』に代表されるファストフードを全否定。「加工され、化学物質が使われた汚染食品なんて、人間が食べるモノじゃない!」「そんなモノばかり食べてブクブク太るとか、人間としてどうなの?」と主張し、ハンバーガーを食べている人を完全に見下しています。というか、何を食べるかはその人の自由。3大欲求の1つである食欲にも口を出し、自分の価値観や正義感を振り翳すって…。「お前らのほうが人間としてどうなの?」と思いますが。食べ物について、もう1つ。スローライフを送る人たちは、白米よりも雑穀を好みます。要は、稗や粟等、江戸時代の貧民が食べていたような穀類ですね。「人間に必要な栄養が殆ど含まれている!」とか言っていますが、これらの雑穀なんて不味いどころか、見た目は完全に鳥の餌だし、炊き上がりの臭いも最悪で、食感も酷いです。大体、刑務所よりもリアルに臭い飯を自ら進んで食べるとか、完全に頭がおかしいですよね。そんなクソみたいなモノを食べながら、便利さを否定する彼ら。特に自動販売機を敵視し、「いつ来るかわからない客の為に1日中稼働させて、どれだけの電気を無駄にしているんだ!」と怒り狂っています。夜間の照明としても役立ち、閉店後に無人となった店舗の防犯対策にもなっているのに…。災害による緊急時では、自動販売機の存在がライフラインの確保に繋がりますよね。あらゆる面で人の役に立っている自動販売機を、単に“飲み物を買うだけの機械”としか考えていない想像力の低さに、開いた口が塞がりませんよ。

20170113 18
更に、テレビを見て過ごすことを嫌い、そこに流れるコマーシャルも否定。「テレビで宣伝しているモノは、企業が儲ける為に作ったもので、人間の為のものではない!」「コマーシャルの本質とは、不必要なものを『必要だ』と思わせることなんだ!」と偉そうに言いますが、テレビよりも文明的なSNSに自分のスローライフをこれ見よがしにアップしているじゃないですか! しかも、インターネット上には大量の広告が表示されていますけど…。コマーシャルを批判するのは勝手ですが、全然説得力が無いですよね。便利さで言うと、自動車も完全否定。「排気ガスが大気を汚染するし、道路建設で環境が破壊されるし、交通事故で人が沢山死ぬのでけしからん!」と言います。でもね、日本の自動車業界は、アメリカの厳しい排ガス規制をクリアしようと必死なんですよ。少なくとも、スローライフとかナチュラリストとか言って、実態は何をやっているかわからない人よりも、自動車業界の人のほうが頑張っていますから。というか、ド田舎に住んでいて、本当に車を使っていないんですか? 怪し過ぎるぞ! で、便利さに対する批判の矛先はお金にまで向かい、「お金なんていらない!」と言い出す始末。「無人島に取り残されたら、お金をいくら持っていても仕方ないだろ!」と小学生のようなアホな論理で、拝金主義を否定。更に国内総生産(GDP)まで批判し、「GDPの成長なんか意味ない!」「GDPの成長は、生物の絶滅や環境破壊の上に成り立っている部分もある」と難癖をつけ、「地球が滅茶苦茶になった元凶は、GDPという指標があるからだ!」と声を上げているのです。日本の成長の為に頑張って働いている人たち全てを敵に回すようなこの思想。かなり気持ち悪いですよ。ここまで読んだだけで、「スローライフを送っている人はクソの中のクソ」と感じた人は多いと思いますが、彼らの精神性も最悪です。先程も多少触れたように、兎に角、働きません。「は? ご飯を食べて農業をして寝るだけで十分なのに、何でこれ以上働かなければならないんですか? 貴方はバカですか?」と真顔で言い、「好きなように生きていきたい」「身の丈にあった生活をしているので、頑張らなくても大丈夫」「相手のペースには合わせたくない」と、まるでニートのような主張を続けるのです。仕舞いには、「“労働は素晴らしい”という勤勉の思想が、今の荒んだ社会の元凶だ!」と開き直る始末。

その為、時間が腐るほどあり、常にブラブラしている彼ら。「真面目に働け!」と怒りたくもなりますが、「生産性を追い求める社会に組み込まれない自分って最高!」「1日中ダラダラして、生産やお金に結び付かないことをやっている俺って最高!」と悦に入っている為、何を言っても無駄です。救い様がありません。しかも、時間に追われている人々を批判するのでタチが悪いです。然もわかったような顔で「“心を亡くす”と書いて“忙しい”と読む」と言い、より速く仕事を進めようとしている人をバカにしています。当然、待ち合わせ場所には遅れて到着し、「自分が着きたい時間に到着しているだけですよ」と、悪いことをしている認識が全くありません。更には、同じく暇で時間にルーズな人に親近感を覚え、「あれ? この人ってホームレス?」みたいな人に「いい顔しているね!」とか言って近付き、あっという間に友だちになります。まぁ、“類は友を呼ぶ”というか、“ゴミクズの周りにはゴミクズが集まる”ということです。勿論、生産性を否定している為、競争も嫌います。つまり、日本人は競争することにより、良いモノを作ってきた訳ですが、「人間は競争する為に生まれた訳じゃない!」と温いことを平気で言うのです。その上、特に目的も無く毎日ブラブラしているだけで何の努力もしていないのに、「競争で疲れている人って可哀想だよね。あんな人間にはなりたくないよね」と、「競争を勝ち抜いてきた優秀な人よりも、人間ランク的には自分のほうが上だ」と思っています。というか、マジでムカつきますよねコイツら。もう、誰かブン段ってもいいんじゃないかな? 更に、物質的な豊かさを追い求めることを拒否し、流行のブランド物等を買う人を心底見下している彼ら。要は、豊かさ故に大量に消費して大量に廃棄する今の世の中に言いがかりをつけ、日本の経済成長の足を引っ張っているのです。挙げ句の果てには、「生活に必要なモノが植物で作られ、全てリサイクルできた江戸時代に戻りたい」と言い出す始末。「だったら水洗便所も使うなよ」って感じですが、最早、こういう類の人間は現代社会に必要ありませんので、江戸時代でも原始時代でも行って下さいよ。で、そのまま二度と帰ってくんな! 扨て、ここまでスローライフを送っている人たちを調査・分析してきましたが、如何にその思想が間違っていて、何の為にもなっていないことがおわかり頂けましたでしょうか? 「地球温暖化に歯止めをかけよう!」「本当の豊かさへの回帰!」とか偉そうですが、実態はダメ人間が耳触りのいいことを言っているだけです。というか、「文明も嫌い」「効率化も嫌い」「生産性も嫌い」と、現代社会や頑張って働いている人に文句ばかり言って、傍から見れば全然豊かじゃないですよ。何の才能も無い人間でも、適当に畑を耕して後はダラダラと過ごせば、それなりに輝いているように見えて、人生上がったような気分を味わえる“スローライフ”。少子高齢化で、今後は労働力が不足していくのに…。本当、社会の癌としか言い様がありませんね。


キャプチャ  2017年1月号掲載

スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR