「芸能界にシャブを広めたのはこの俺だ」――伝説の売人ヤクザが全てを語った!

20170127 13
東京の下町生まれのA氏(50代)は30年ほど前、バブル景気前夜の1980年代に稼業入りし、以来20年ほど関東某所を本拠とする組織で活動していた元ヤクザである。10年ほど前に足を洗ったが、現役時代の主なシノギは“バイ”――覚醒剤を始めとする薬物の売人だった。「稼業に入ったのは24歳の頃。カタギの仕事が続かなくて、先輩に連れられて行ったのが都内の組事務所だった。親分は気前がよくてね、『ちょっと家に帰ります』と言うとポンと5万円くれたり、『煙草買ってこい』って1万円くれて、『釣りはいらない』とかね。当時は地上げとか恐喝とか、そういうので稼いでいたから羽振りがよかった。それが、暴対法ができてからは難しくなっていったね。そんな中で、俺はシャブの売人をやっていて、1日に10万~50万円位は稼いでいた」。多くのヤクザ組織は“薬物厳禁”を掲げ、「シノギが見つかれば破門・絶縁等、厳しい処罰が下る」とされている。だがA氏は、「そんなのは建前だよ」と一笑に付した。「黙認だね。ルートはいくらでもあるから、頼まれたら渡しにいく訳。覚醒剤でもハッパ(大麻)でも、コカインでもLSDでも、何でもありだった。親分は俺に対して、上納金だとか『カスリを寄越せ』とは言わなかったね」。仕入れ値は10gで2~3万円。それを0.6~1gのパケに分けて、1万円で売っていたという。1g4万円程度とされる現在の末端価格と比べると、破格である。

「客は10人しか持たなかった。1週間連絡が無いとこっちから『大丈夫か?』って電話して、それで本人と連絡取れなかったら体躱したり。俺は自分でもシャブをやっていたからね、慎重にやっていた。客が『仲間を紹介していいか?』って来ても、『ダメだ』と。『お前が代表で来い。その分、安くしてやるから』って。まぁ、“ねずみ講”みたいなものだよ」。どんな客を相手に売っていたのか。近年は、シャブと言えば芸能人(※当時でも、1987年に尾崎豊が覚醒剤で、1990年に勝新太郎がマリファナとコカイン所持で逮捕される等していた)だが、A氏の顧客にも芸能人はいたのだろうか。「組に出入りしていた彫師と噺家のH・Kが仲良しでね。『一緒にやるから』って彫師に頼まれて、寄席まで持って行ったことは何度かある。その時はハッパだったね。シノギとしてではなくて、知り合いだからトモ(※原価)で渡していた訳。100g10万円で引いてきて、10万円で渡した。後は、AV男優のKには回した事あるな。『冷たいのありますか?』って歌舞伎町のパチンコ屋で声かけられて、4~5回渡したかな」。“密接交際”という言葉など無い時代、「ディナーショーの手配等を通じて、芸能人と付き合うことも珍しくなかった」とA氏は言う。「自分が売った訳ではないが」と前置きした上で、こんな話も…。「枝の若い衆が、『I・Aを事務所に連れ込んだ』って電話をしてきた。『今、シャブ射って輪姦そうとしているんだけど、来ますか?』って。俺は『当番で行けない』って断ったんだけど、後からエイズって噂も出てきたでしょ。『行かなくてよかったな』と(笑)。それと、K・K。これは知り合いのヤクザから聞いた話だけど、大阪で地元のヤクザが拉致して、シャブ射って輪姦して、それを盗撮したと。結局、ヤクザは警察に捕まったが、公にしない形で有耶無耶になった。K・Kは、俺の親分も一晩50万円で借りたことがあるらしいけど、芸能人をカネで買うなんて話もよく聞いたね」。

20170127 14
芸能人相手のシノギは、やはり旨味があるのか――。その問いに、A氏の顔が曇った。「芸能人に売るメリットなんて一切無い。そいつが捕まったら、こっちもパクられるのが目に見えている。警察も徹底しているから。芸能人相手には相場の5~10倍は高く売るのが普通だが、それだけのリスクがあるということ。芸能人も、何が楽しくてやってんのかなって思うよ。エフェドリンもアンナカも規制されて入っていない今のネタなんかシモに来ないのに(笑)」。そう言って、近年の芸能人逮捕ラッシュに疑問を呈すのは、自身も現役時代に数度、刑務所を行き来しているからだろう。そんなA氏の刑務所でのエピソードを最後に紹介したい。「長野刑務所に入っていた時、I・Eの隠し子っていうのがいた。やっぱりシャブで捕まっていたヤツで、同房の仲間連中にだけ内緒で教えてくれたんだ。I・Eに息子がいるなんて聞いたことなかったけど、面会に来るでしょ。看守が皆、『サインくれ』って言ったらしいよ。『出たら会おう』って連絡先渡したけど、直ぐにまた捕まったらしくて、結局会えなかった。会っていたら、一緒にシノギをやっていたかもしれないね」。事実なら衝撃だが、今から15年ほど前の話だという。 (取材・文/本誌編集部)


キャプチャ  2017年1月号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR