女子大生がカメラの前で自ら裸を売った――恐怖の“全裸ローン”、闇金業者が記録した人身売買の瞬間

20170207 07          20170207 08

東京都内某所にあるというその事務所に入ってきたのは、女子アナ風ファッションの若い女だった。女は男から封筒を受け取ると、促されるままにブラウスを説ぎ、軈てソファで裸をカメラへ向け始め…。「隠しカメラの映像なんですけど、素人モノのAV撮影だと思うでしょ? でもこれ、全然違くて。新手の闇金で、“ヌードローン”っていう手口なんですよ」(情報提供者)。この映像が撮影されたのは「昨年のこと」で、「もう時効だし、関係者とも割れているから出せる」という。年々取り締まり強化が伝えられる闇金業界では、近年、インターネット上で完結する“個人貸し”がメインとなっている。インターネット広告や掲示板で投資家を装って、「10万円まで無担保で融資します」等と投稿し、“個人と個人の貸し借り”といった手口で、裏社会では着実に広がっている。その行き着いた先が、このヌードローンだ。業者が客の女性の裸を撮影する手法は以前からあったが、それは“借金のカタ”に撮影するという業者再度の“脅し”の意味合いが強かった。ところが、今は少し状況が違うという。「担保としてヌード撮影をして、返せなかったらインターネット上にばら撒いて、更にアダルト業者に売る。ここまではまぁ、前と同じっていえば同じなんですけど、昔は強引に撮影していたのが、今は女のほうから『裸でお金を貸して下さい』と言ってくる。普通、そんなリスク取らないと思うじゃないですか? それがどんどん来るんです」。以前はパチンコ中毒の30~40代主婦層が圧倒的に多かったが、最近は女子大生が増えているというのも特徴だ。それも、話題になっている“貧困女子”ではなく、比較的裕福なタイプだという。「皆、結構可愛くて、身形もしっかりしている子だから、最初は『何でこんな子が?』って不思議だったんです。けど、理由を聞いてみると、大概は見栄ですね。生活費とかじゃなくて、『ブランド物が欲しい』とか、『友だちに海外旅行誘われたけど、お金が無いから…』っていうパターンが凄く多い。ガキの頃から援交とかしているようには見えないけど、裸のハードルが今は下がっているんですかね」。実は、この異常な現象、お隣の中国では既に社会問題化しているという。「ヌードローンは、新しい闇金ビジネスとして定着しています。“裸貸”のやり方も簡単で、チャットで身分証を持った写真込みで申し込むだけで、SNS経由で現金が振り込まれる。中国は大学の学費が高く、中退者が多いですが、卒業しなければ就職は難しい。殆どが学費を稼ぐ為に裸を売るんです」(事情通)。日本に上隠してきた新しい闇金。理由はどうであれ、“身バレ”すれば就職どころではないと思うが…。 (取材・文/フリーライター 鈴木ユーリ)


キャプチャ  2017年2月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR