【WEEKEND PLUS】(173) 『報道ステーション』に在日ミャンマー人が激怒! 『日本財団』笹川氏の見解を垂れ流す暴挙

2022-01-14T00:28:47+09:00

Posted by George Clooney

-

テレビ・ラジオ

20220114 01
『報道ステーション』(テレビ朝日系)が2021年11月に放送した内容が、在日ミャンマー人に不評だ。番組は、11月中旬にミャンマーを訪れ、ミンアウンフライン国軍最高司令官と会談した『日本財団』の笹川陽平会長(※左画像)のインタビューを中心に構成された。ミャンマーを担当する日本政府代表も務める笹川氏は、拘束中のアウンサンスーチー氏と軍の間に「交渉がなかった」ことがクーデターの引き金になった等と解説。国軍が国際社会から孤立することを「私は最も恐れている」とも言及した。メインキャスターの大越健介氏は笹川氏の一連の発言を受け、「日本がアメリカ等の制裁路線に右倣えするばかりで【中略】人道支援すら手を拱いて【中略】許されるのか。日本政府は今日の提言にしっかりと向き合うべきだ」と纏めた。放送後、在日ミャンマー人のインターネット上コミュニティーでは、「酷い番組だった」「軍側の意見を無批判に垂れ流した」「無意味なインタビューだ」という意見が溢れた。2020年の総選挙監視団の団長を務めながら、国軍に選挙結果を尊重するよう求めない笹川氏に、「日本政府代表の任を解くべきではないか」と批判も出ている。


キャプチャ  2022年1月号掲載
前の記事 次の記事