映画宣伝に名前が無かっただけで作家引退を表明しちゃう小物っぷり…“豆腐のメンタル”な薄毛ベストセラー作家・百田尚樹の華麗なるアホ伝説!

此花商案高校(現在の大阪偕星学園高校)卒業、吉本新喜劇研究生出身、『吉本興業』大阪本部所屬、代表的なギャグは「あ~りが~とさ~ん」…ん? あ、失礼。これは“アホの坂田”のプロフィールでした! お話したいのは、“アホの百田”のアホ伝説! (フリーライター ダテクニヒコ)

20170228 08
同志社大学法学部中退。関西ローカルで放送されていた恋愛バラエティー番組『ラブアタック!』(朝日放送)でフラれまくりの“みじめアタッカー”の常連を経て、放送作家に。視聴者参加型の長寿娯楽番組『探偵!ナイトスクープ』(同)のチーフ構成作家を29年務める男、百田尚樹大先生。一時期、テレビによく出ていた為、アホの坂田のように頭を丸めた風貌を覚えている方も少なからずいるだろう…。いや、これは失礼致しました! 大先生をアホの坂田と比べ称するなんて、万死に値します! 非常に弁の立つ聡明な大作家であられる百田大先生。当然、小説の人気は頗る高く、50歳の時に発表した処女作『永遠の0』(太田出版)はミリオンセラーを達成。2013年に発表した『海賊とよばれた男』(講談社)に至ってはダブルミリオンを達成し、その年の本屋大賞に輝いているのです! そう、押しも押されぬ大ベストセラー作家! ところが、昨年末に『海賊とよばれた男』が映画化されて公開となった時、主演の岡田准一は映画のプロモーション活動でテレビに出まくっていた一方、傍らに百田大先生の姿は無し。それどころか、百田大先生の原作を映画化したという宣伝も聞こえてくることはなく、キャッチコピーには“岡田×山崎 『永遠の0』チーム再結集!”と書かれていた…。おいおい、そこは“岡田×百田×山崎 『永遠の0』チーム再結集!”でしょうが! おいおい、どうした広告代理店! 因みに、同作の製作委員会に名を連ねる日本テレビの報道番組『NEWS ZERO』で特集が組まれた時も、百田大先生の話は一切出ずに、原作の文庫本が映されただけだったという。黙殺っぷりが半端ない。

当然の如く、お怒りになった百田大先生は、自身のツイッターにてこう呟かれた。「“海賊とよばれた男”の映画の宣伝に私の名前はほとんど出てこない。映画会社は、百田尚樹の名前を出せば客の入りが悪くなると考えているのかもしれない。たしかにこの三年くらい朝日新聞はじめマスコミから、百田尚樹は極右とかネトウヨというイメージキャンペーンをはられていたからなあ(^^;」。それ、マジですかぁ! 「新刊を出しても一切紹介されないし、どれだけ売れても報道されない。地上波テレビには絶対に呼ばれない。マスコミの世界では既に百田尚樹はいないものとなっている」。マスコミ、正気か! 「“海賊とよばれた男”の映画の宣伝で、私の名前がまったく出されないので、もう小説家を辞めると決めた」。大先生、落ち着いて! 「この際だから、小説家引退と同時に、作品も全部絶版にしようかな」。先生! 先生ー! 何がどうしてこうなっちゃったんですかー! 放送作家に小説家と、表舞台に登場することの少ない筈の百田大先生がメディアに顔を出すようになるのは、2013年頃からであった。『海賊とよばれた男』が本屋大賞に選ばれた年の末、映画『永遠の0』が公開された。この時、百田大先生は主演の岡田准一と共に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演する等、プロモーション活動を積極的に行っていた。「原作はあの百田尚樹!」と大々的に謳って。同時期に『情熱大陸』(毎日放送/TBSテレビ系)に密着取材されたり、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)で先生役をしたり、作家が出ることは殆ど無い『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)でサイコロトークをしてみたり、まさに引っ張りだこであった。そして遂に、同年11月、安倍首相自ら百田大先生をNHKの経営委員に抜擢したのである! 快挙! これに対して周囲は「首相までも百田大先生人気に便乗した」という向きもあったが、いやいや、その前年。月刊誌『WiLL』2012年10月号において、百田大先生は安倍首相と対談し、「もう一度、内閣総理大臣を目指すように」と背中を押したのである! そう、再び安倍政権が誕生したのは百田大先生のおかげだ! 言うなれば、アベノミクスで景気回復となったのも、百田大先生のご尽力の賜物であることを知るがいい! 百田大先生、バンザーイ、バンザーイ!

20170228 09
尚、安倍首相とは『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』(ワックマガジンズ)という共著も出している。まさに昵懇の仲! 当然、政治に関する意見も公に述べるようになり、評論家の渡部昇一との対談にて、「安倍政権は最も大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋を作っていかねばなりません」としている。ん? 大先生は改憲派なんですね。また、『民間憲法論調』の主催する憲法フォーラム等で、「占領下で制定された憲法が70年間全く改正されていないことは異常である」等と主張。ん? ん?…いや、まぁ、「“日本から戦争を無くしたい”という思いはある」と言っていますからね。そして2014年2月、東京都知事選に立候補した田母神俊雄の応援演説をした際…田母神俊雄の応援演説!? NHKの経営委員ですよね? 大先生、大丈夫ですか? 他候補のことを“人間のクズ”呼ばわりした後、南京大虐殺について「日本兵による犯罪は少数あったものの、日本軍による大虐殺は無かった」と主張した。えーっと…。更に、東京大空襲や原爆投下こそ「大虐殺だった」として、「東京裁判はそれを誤魔化す為の裁判だった」とまで主張した。はい、ダウト! はい、右翼! しかも極右! 前述したように、「朝日新聞はじめマスコミから、百田尚樹は極右とかネトウヨというイメージキャンペーンをはられていたからなあ」とか言っていましたよね? いやいや、大先生。あんた、右翼ですやん。その発言をしておいて「右翼じゃない」って言い張るのは無理ですやん。完全無欠の右翼ですやん。この発言を受けて中国政府外交部は、「南京事件は事実であり、日本の一部の者がその存在を抹殺し、捻じ曲げようとする行為は、国際正義と人類の良識に対する公然たる挑戦」と批判した。大先生、中国に喧嘩売っちゃってんだけど…。そりゃあ、腫れ物に触るような態度になっていくよね! 自業自得が過ぎる! 自由過ぎる発言で順調にメディアへの露出が減りつつある中、2014年11月7日に『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ系)に出演した百田大先生。その日は著書『殉愛』(幻冬舎)の発売日。百田大先生自ら作品の解説をするといった大規模なプロモーションになったのだが、この著書が大問題となる。

『殉愛』は、やしきたかじんの最晩年を自筆メモや看病に人生を捧げたとする未亡人の証言や看病日記等を基に描いたノンフィクションとして発売された。2014年3月4日に行われた『やしきたかじんを偲ぶ会』に出席した百田大先生は、未亡人の家鋪さくらに初めて出会う。後日、さくらに呼び出された百田大先生は、「たかじんが百田氏のファンであった」という話を聞かされ、「僕の本を出してもらうなら百田に助けてもらう」というたかじん自筆のメモを見せられた。それが『殉愛』出版に至った経緯である。しかし、発売直後からインターネット上を中心に様々な疑問が投げかけられるようになる。「さくらがたかじんからプロポーズを受けて交際していた時期に別のイタリア人男性と結婚をしていて、たかじんとは不倫関係、若しくは重婚状態にあったのではないか」といった疑惑。これに対して、百山大先生は同年11月18日、重婚の疑惑は否定しつつ、さくらにイタリア人男性との結婚・離婚歴があることを事実と認め、「それについて書くかどうか大いに迷った」と発言した。えーと…事実を伏せて捏造したということですよね? 大先生、それってノンフィクションでも何でもないです。アウトです。更に同年11月21日には、たかじんの長女が出版元の幻冬舎を相手取り、出版差し止めと1100万円の損害賠償を求める裁判を起こしている。著書の中で、「長女がたかじんに金の無心をくり返して辟易させ、たかじんは親友に対し娘と絶縁したいとこぼした」等といった虚偽の記述が複数みられるという理由。これに対し、百田大先生はツイッターで以下のような発言をしている。「たかじん氏の娘が出版差し止め請求の裁判を起こしてきた。裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ」。扨て、どうなったか。2016年7月29日、東京地方裁判所は「百田氏のノートには曖昧なメモしかない」と指摘。「(『殉愛』の)6ヵ所の記述が真実とは認められず、プライバシー侵害及び名誉毀損に当たる」と判断し、被告である幻冬舎に330万円の支払いを命じた。一方で、出版の差し止めは認めなかった。百田大先生は、この判決に対して一切コメントをしていない。おーい! 大先生! 大丈夫? 息してる? 大先生はテキトーなことを言ったり書いたりしちゃうトンデモ野郎じゃないよね? 改めて、時系列に沿って百田大先生の発言を見ていこう。2014年9月20日に死去した土井たか子氏に対しては、「土井たかこが死んだらしい。彼女は拉致などない!と断言したばかりか、拉致被害者の家族の情報を北朝鮮に流した疑惑もある。まさしく売国奴だった」。死んだ直後にそんなことを呟かなくても…。「土井たかこを批判したら、何人かの人から『死者の悪口を言うな』とのリプライをもらった。他人に人格を説く人たちに聞きたい。政治家は死ねば批判から免れるというのか。もうひとつ言いたい。他人に品格を要求するくらいなら、あなたたちも私を批判するな」。…何か面倒臭い。

20170228 10
2015年3月9日。「編集者たちと話してると、最近みな口を揃えて『本が売れなくなった』と言う。専業作家はまもなくいなくなるだろう。僕も来年の還暦を機に引退しよう」。その1時間後…。「たったの1時間で、もう私のツイートがネットニュースになってる。腹立つから、引退撤回! 80歳まで書く!」。その翌日…。「作家をやめるとツイートしたら1時間で、ネットニュースにされた。それで腹が立って、作家をやめないとツイートしたら、また1時間後にネットのニュースにされた。腹立つから、やっぱり作家やめる!」。どっちやねん! 2015年6月25日、『文化芸術懇話会』にて「(アメリカ軍基地に反対意見を持つ)沖縄の2つの新聞を潰さないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ます筈だ」と発言。いやいや、中国に思いっきり喧嘩を売っていたアンタは抑々どうなの! 2015年8月7日に行われた集会にて、前述した沖縄の新聞社から「言論弾圧だ」と言われたことを受けての発言。「言論弾圧の意味を解っているのか。言論弾圧というのは、国家権力、或いは公的な権力を持って言論を弾圧、或いは封鎖すること。一民間人がどこで何を言おうと、言論弾圧でも何でもない」。あの『殉愛』騒動で『週刊文春』も『週刊新潮』も真面な記事を書かなかったのは、双方の出版社に著書を多数持つアンタが封じ込めた疑惑があるんですけどね! 2016年6月18日。「東京都知事に立候補しようかと真剣に考えている」。2015年12月26日に、「政治家になりたがるような作家やジャーナリストは、すべてイカサマ野郎だと思っている」とツイートしていますけど、大丈夫ですか? その同日夜のツイート。「都知事選立候補ツイートに、電話取材してきたのは、朝日新聞だけやった(^^;」。知らんがな! 2016年11月27日、千葉大学の学生による集団強姦事件で、当初、県警が犯人たちの名前を公表しなかったことに対してのツイート。「私は在日外国人たちではないかという気がする」。いい加減にしなさい! もういいわ! どうもありがとうございました~。さようなら~! …ん? そういえば年末に引退するって言って、未だ引退していないですね。まぁ、アンタの言うことを信じるヤツはもう誰もいませんけどね!


キャプチャ  2017年3月号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカが多いのには理由がある [ 橘 玲 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サイコパス [ 中野信子 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)



スポンサーサイト

テーマ : ネトウヨ・ネット右翼
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR