【変見自在】 Bye American

朝日新聞の読者は大体、団塊の世代とその前後1~2年生まれに限られる。その世代は、あまり頭が良くない。団塊を“ダンコン”なんて読んだりする。それに、70年安保闘争が生涯の自慢だから、“日本は悪い”ものと決め込んでいる。「日本と聞くと腐臭がしますの」と言った団塊の世代の大お姉様もいた。そういう読者を抱えているから、朝日は殊更日本を悪く描いてきた。それは、お仕えするアメリカの思惑、所謂“自虐史観”と一致したから、下手すると日本政府より強い権限を持った。権限があれば嘘だって通せる。天声人語は、「戦前の日本人は平気で粗悪品を輸出した」「牛肉の缶詰を開けたら石ころが出てきたものだ」と書いた。大杉栄が『自叙伝』で流した嘘だが、それがばれたのに“お詫びと訂正”すら載せなかった。アメリカで『プリウス』に乗った女がずっとアクセルを踏み続け、「ブレーキが利かない」と大騒ぎした。自動車と言ったら、アメリカの国力の象徴だった。小林旭もリンカーン、パッカードと歌にも歌った。アメリカ製の『ジープ』は一頃、世界の戦場の全てで走り回っていた。そのアメリカの自動車業界で、ビッグスリーを押しのけて大きな信頼とシェアを得た『トヨタ自動車』。戦場でもジープを駆逐してトヨタの『ランドクルーザー』が独占し、『IS(イスラミックステート)』まで愛用を始めた。そんな時に、この演出過多の詐欺師が登場した。嫉妬に燃える運輸長官のレイモンド・ラフッドは、「トヨタに乗るな」と言い、当局に「トヨタの欠陥を暴け」と号令した。ああいう上から下まで詐欺師みたいな国だ。余程慎重に取材すべきなのに、天声人語は即座にラフッドの言葉に従い、「ブレーキを踏んで利かない感覚は地面がないのと同じ」とか、「不良品を不良品にあらずと言いつのるトヨタは小さく見える」とか悪態をついた。

普段は4行で締める嫌味のコラム『素粒子』も、異例の14行巨編で臨んで、「プリウスを買った」「ブレーキが心配」「途方に暮れる」と書く。筆者本人が「プリウスを返品したい」「有利に買い取らせたい」という魂胆が透けて見える。恐喝だ。そして真打に登場したのは、当時の主筆・船橋洋一。1面に、「トヨタは今や(アメリカで)欠陥商品の代名詞になった」と書いた。アメリカのスラングで、欠陥品のことを“レモン”と言う。智恵子が「がりりと噛んだ」あのレモンと同じスペルだ。念の為、アメリカに住む娘の知人に「レモンがトヨタに置き換わる」という船橋の話を確かめてもらったら、「そんな話は聞いたこともない」だった。それもその筈で、船橋の記事が出て間もなく、ラフッドは「残念ながらトヨタに欠陥が無かった」「娘にトヨタを勧めた」と言った。これでも、詐欺師には精一杯の謝罪の表現だったのだろう。しかし、彼に追従した朝日は、天声人語も素粒子も船橋も、あの大袈裟な誤報を詫びもしなかった。そんな破廉恥漢が、今も編集の重鎮で残る。因みに、船橋は退社し、今は月刊『文藝春秋』でコラムを書いているが、そのせいか、ここも売れなくなった。彼らに反省は無い。“石ころ缶詰”・“暴走トヨタ”に次いで、“日本製はダメ”の嘘シリーズ第3弾に、『三菱航空機』の『MRJ』を社説で非難した。日本の航空機製造は、GHQの禁止令が切れた後も、アメリカの厳しい掣肘で抑え込まれてきた。それを撥ね退けてやっと飛ばしたMRJは、アメリカに型式証明を取りに行く旅で2度も躓いた。為に、納入時期は7年も遅れた、困ったものだ――。そう社説は言う。しかし、ホントの原因を社説は隠す。MRJは空調でトラブった。実は、それがアメリカ製だった。アメリカは碌な品質管理もできていない癖に、「ウチのを使え」と圧力をかける。ドナルド・トランプは今、それを国策の柱にする。MRJのトラブルは、その“バイアメリカン”による貰い故障だった。団塊の世代がやっと死に絶えそうだ。新聞も真実を書いていいんだよ。


高山正之(たかやま・まさゆき) ジャーナリスト・コラムニスト・元産経新聞記者・元帝京大学教授。1942年、東京都生まれ。東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ・羽田クラブ詰・夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985~1987年までテヘラン支局長。1992~1996年までロサンゼルス支局長。産経新聞社を定年退職後、2001~2007年3月まで帝京大学教授を務める。『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』(テーミス)・『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)等著書多数。


キャプチャ  2017年3月2日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR