fc2ブログ

【昭和&平成芸能スクープの裏側】(16) 松田聖子と神田沙也加――娘を追い詰めた“愛欲の亡霊”

20220511 06
昨年12月18日、衝撃のニュースが日本中を駆け巡った。神田沙也加の飛び降り自殺である。沙也加さんは松田聖子の愛娘で人気ミュージカル女優だったが、『マイフェアレディ』の公演先の札幌市のホテルから飛び降りた。未だ35歳という若さだった。母親の松田聖子は、出場が予定されていた『NHK紅白歌合戦』を辞退。離婚した沙也加さんの父親で俳優の神田正輝と共に、悔やみきれない悲しさで新年を迎えた。「死後、自殺の原因については色々な噂や憶測が飛び交いましたが、週刊文春が飛び降りる前に2通の遺書があったと報じました。1通は、スボーツ紙が結婚相手としてマークしていたマイフェアレディの共演者、前山剛久と喧嘩したという内容でした。二股交際に悩んだ末の自殺ではないか、と言われました」(スポーツ紙記者)。母親の聖子をデビューから知る元事務所関係者は、「聖子と沙也加さんは仲睦まじい一卵性親子と言われていましたが、聖子は沙也加さんの話題があると、その度に便乗して仲の良さをアピールしてきました。昔から話題作りには長けていましたからね。でも、実際は愛憎半ばする複雑な関係だったんです」という。「母親としての自覚がない聖子の奔放な生き方が、沙也加さんの人格形成に影響を与えたというのは、業界では定番の話でした」。沙也加さんと前山は、札幌公演の為に北海道に到着したが、その前に東京都内で大喧嘩。前山に「お前なんか(恋愛でメディアを騒がす)母親と一緒だ!」と罵倒されたとされる。沙也加さんは、35歳になっても母親の男性スキャンダルに悩まされていたということになる。

松田聖子は1985年に神田正輝と結婚。“聖輝の結婚”と騒がれ、翌年に沙也加さんは誕生したが、聖子は妊娠時から田原俊彦と遊び回ったり、出産後も育児に専念することなく全米進出にチャレンジ。外国人と不倫が噂されたり、当時のライバルだった中森明菜の恋人だった近藤真彦との“ニューヨーク密会”が発覚。業界からは“生み捨て親”と批判された。「沙也加さんは生まれた時から母親の愛に触れたことがなかったんです。聖子と正輝が1997年に離婚し、翌年に聖子が6歳年下の歯科医のH氏と電撃再婚したことで、一緒に暮らすようになったんですが、それも束の間。2002年にはH氏と二度目の離婚をしています」(ワイドショー元関係者)。その後、沙也加さんは2001年にSAYAKAという芸名で芸能活動を開始。翌年に歌手として芸能界デビューした。当時、若手イケメン俳優の石垣佑磨や、ギタリストの北野正人との熱愛が噂されたが、聖子の大反対にあって破局した。「沙也加さんは聖子に反発して一人暮らしをしていたんですが、交際を巡る聖子とのトラブルで仕事を干されたようです。沙也加さんが聖子の事務所に所属していた為という話でした。生活ができなくなったんで、一応、和解という形で聖子が住む世田谷の豪邸で暮らすようになったんです」(レコード関係者)。ところが、聖子が8歳年下の整体師だったK氏を突然、スーパーマネージャーに指名。プライベートでも深い関係になって、K氏は同居を始める。沙也加さんは大反対したという。「実は、K氏はビートたけしの付き人をしている時に、たけしの長女で元歌手の北野井子さんと婚約していたのです。たけしに結婚支度金として2000万円も貰っておいてドロンしたので、たけしサイドが血眼になって探していました。ところが、彼はいつの間にか聖子のマネージャーになっていたのです。本当、とんでもないヤツですよ」(たけし軍団関係者)。更に、元事務所関係者は「沙也加さんはK氏の素性を知らされて、K氏を嫌っていましたからね。しかし、聖子は不倫相手のミュージシャン・原田真二と別れた後で頼る男がいなかったから、K氏にゾッコン。家は聖子のものということで、沙也加さんが出て行ったんです。この一件で母娘関係は再び、悪化したんです」と証言する。その後、聖子は慶應義塾大学歯学部の准教授だった男性と再々婚したことでK氏を解雇したが、その後再び、K氏と新事務所を設立。複雑な三角関係は未だに継続している。一方、沙也加さんは『宝塚歌劇団』出身の女優・大地真央に認められ、ミュージカル女優として活躍するようになっていた。「沙也加さんは公私に亘って大地を母親のように慕っていました。2009年には舞台で共演した山崎育三郎と熱愛が発覚。男性関係には煩い聖子が賛成したことで結婚が噂されたんですが、山崎が5歳年上の安倍なつみとホテルでキスしている現場を目撃されて破局しました」(舞台関係者)。その後、沙也加さんも新恋人が出現したが、彼が二股をかけていた為に交際は長く続かなかった。その別れはかなりショックだったんでしょうね。急性胃腸炎による体調不良で舞台をドタキャンしたんです」(同)。幾つかの恋愛を経て、沙也加さんは2017年に舞台俳優の村田充と結婚したが、子供が欲しい村田との意見の食い違いで2年後に離婚した。「聖子は村田との結婚も反対した為に絶縁状態が続いていたんです。当然、前山の存在も知らなかった。それだけに、愛娘の自殺は悔やんでも悔やみ切れないと思いますよ」(前出の元事務所関係者)。35歳の若さで自死した沙也加さんに改めて合掌――。


本多圭(ほんだ・けい) 芸能ジャーナリスト。1948年、東京都生まれ。明治学院大学中退。TBS臨時労働者雇用闘争を経て、『週刊ポスト』記者。フリー転身後は芸能や医療分野を精力的に取材。著書に『スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』・『ジャニーズ帝国崩壊』(鹿砦社)。


キャプチャ  2022年4・5月号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 芸能ネタ
ジャンル : アイドル・芸能

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接