【刑務所のリアル】(10) ムショにおける暗黙のルールを事前に熟知…“ワル”のエリートが語る楽過ぎな日本の刑務所

20170322 03
名前は小野隆史と言います。44歳です。本名で載せて構いません。ムショの話をして恥ずかしいことなんて何も無いですから。ムショ暮らしの思い出ですか? 丁度、阪神淡路大震災(1995年1月17日)の前日にパクられたんですよ。容疑は傷害・窃盗・覚醒剤。留置場が無茶苦茶揺れてビビったのをよう覚えています。22歳やったんで、姫路少年刑務所に3年6ヵ月。満期まできっちり入って、出てから2年でまた暴行で捕まって、大阪刑務所に8ヵ月ほど入っていました。姫路の小刑から大刑は、こっちじゃワルの“エリートコース”。灘高から京大に行くようなもんです(笑)。僕も“環状族”で、そうそう、『週刊ヤングマガジン』の『ナニワ友アレ』(南勝久)は僕らの先輩の話やからね。姫路に入るとホンマ、“地元ヤンキーのオールスター戦”という感じでしたわ(笑)。大抵が顔見知りか、共通のツレがいるから、居心地は全然悪くない。というより、仲間同士、ムショ暮らしをエンジョイしていたぐらいですわ。別に強がりではなく、僕らのような生粋の“ワル”、やんちゃしていた連中は、ムショ暮らしが辛いとか苦しいとか、そこで苛めに遭ったり、精神的にボロボロになったりはしないんです。事前の情報量からして違います。先輩や周りには、ムショに行った人など珍しくない。だから、どんな場所とか、何をすれば拙いのか、そういった情報はいくらでも入ってくる。ムショにおける暗黙のルールを熟知しているんですよ。犯罪にしても捕まれば刑期が何年になるか、全部わかっている。僕の場合、ランクル(ランドクルーザー)辺りをギッて(盗む)、1台80万円とかで売って荒稼ぎしとった訳で、それで得られる儲けと捕まった時の刑期を比べて、それでもやっとった。だから、捕まって刑務所に行くのも納得できる。一々悩んだりしないんですよ。その意味で、冤罪や、已むに已まれない理由で犯罪者になった人は辛いやろなと思います。でも、そういう人は別に苛められたりはしない。

ムショで狙われるのは、基本、ハンパな連中です。特に“豆ドロ”(※強姦犯の意味)は許せへんね。あとは年寄りや弱いモンを食い物にしてきた連中。そういうヤツにカギって、「自分だけは捕まらない」と勘違いしとるでしょ。如何にも大物ぶって偉そうな口を叩いたり、嘘ばっかり吐くから嫌われるんですわ。当たり前ですけど、一度ターゲットになったら、皆からストレス発散に好き放題やられることになる。見ていて悲惨ですよ。同情は全くせぇへんかったけど。僕らも(刑務所に)入るんなら、ちゃんと周りに認められる犯罪を選ぶ。そういう計算というか、ルールを知っているかどうか。それがムショ暮らしをエンジョイするコツ。ちゃんと“ワル”をしていれば、感覚的にわかるんですよ。姫路のようにワルばかり集まっていれば、官(刑務官)だって多少のことは融通してくれる。小刑やから皆、エロ本を読んで暇さえあればコキまくっとったし、女形(ホモ)は嬉しそうにチンポを咥えまくっていたけど、皆、見て見ぬふりです。僕は専らギャンブルやったね。おやつと、月2回出る照り焼きチキンを賭けて、野球や相撲でどっちが勝つか、暇さえあったらやっとったね。マジで一度もおやつやチキンを食べれなかったヤツもおったぐらいですわ。「お前、弱過ぎやろ」と。それでもワルにはワルの柵もあって、入っている時に『山口組』の宅見若頭射殺事件(1997年)があったんですよ。姫路の小刑やから当然、暗殺した側の『中野会』もいるし、殺された側の『宅見組』もいる。それまで同じ山口組ということで仲良くしていたのに、事件から10日後にあったバレーボール大会で示し合わせたように大喧嘩ですわ。大暴動になって20人が移送されたぐらいです。刑期も延びるし、やりたくはなかったんでしょうが、何もせんかったらせんで出た時に上から制裁されますからね。逆に言えば、その程度の苦労しかないんですよ。ぶっちゃけ、日本の刑務所は“ワル”にとっては楽過ぎる。だから再犯率ばかり上がる。当たり前ですよ。辛くないんやから。「この犯罪で1年・2年なら、やったろ」となる。僕やって、足洗ったのは、周りに「いつまでもしょうもないことをするな!」とぶん殴ってくれる身内や仲間がいたからで、決して刑期を務め上げたからじゃない。それが無かったら、出たり入ったりのクズになっていた筈。刑務所では歯止めにならんのですよ。僕自身の経験で言えば、全部“独居”にすればえぇんです。僕も刑期の最後、色々あって、喧嘩で懲罰房に何度も入れられていた。あれはホンマきつい。若し独居で刑期3年6ヵ月だったら、自動車の窃盗なんて割が悪くて絶対にやりませんよ。生温い刑務所が、日本の犯罪者を増やしていると思いますね。 (聞き手・構成/フリーライター 西本頑司)


キャプチャ  キャプチャ
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR