財務官僚が菅義偉官房長官にすり寄り…背景に麻生太郎大臣の“衰え”

20170322 05
“アンチ財務省”で一貫している安倍政権において、財務官僚の頼みの綱は麻生太郎大臣だ。ただ、麻生大臣は最近、年齢的な衰えも見え始め、「『体力的な回復も遅くなった』と周囲にぼやいている」(永田町筋)という。「衆議院解散が遅くなればなるだけ、“引退”を迫られる可能性が高まる」との見方も浮上。財務省内では、「これまで菅長官が財務省人事にだけ手を突っ込まなかったのは、麻生大臣に気を使った為。麻生大臣の庇護が無くなれば、それこそ菅長官のやりたい放題にされる」(同省関係者)との警戒感が広がる。そうした中で省内からは、「権力を掌握する官房長官にすり寄ったほうが、(大臣を通した)正攻法よりも仕事が早い」との声すら出始めた。既に、“次の次の次官”争いを同期で演じる岡本薫明官房長と太田充総括審議官は、菅長官への接近を始めている。特に、「これまで菅長官との縁がそれほど無かった太田総審は、官邸へ日参し、露骨なまでの“菅詣で”を繰り広げている」(官邸筋)。菅長官に阿り、麻生大臣への恩義を損なうような振る舞いには、他省庁で眉を顰める向きも多い。組織力を誇った財務省にとって、暗澹たる未来図がちらつく1年となりそうだ。


キャプチャ  2017年2月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR