【変見自在】 EUの教訓

カール・マルクスは、アメリカを「自由な植民地」と言った。そこには広大な土地があり、移住者は誰でもその一部を自分の所有にできた。それを愛知学院大学教授の野村達朗が、もっとわかり易く説明している。「土地が開懇し尽された欧州ではあぶれた農民が都市に流れて賃金労働者化していた。しかし米国では20世紀初めまで開懇が続いた。欧州人が米国に移住したのは経済的独立をしてプロレタリア化を免れるためだった」(アメリカス学会誌)。マルクスも野村先生も、大事なことを1つ見落としている。アメリカには、ただ広大な土地が転がっていた訳ではなかった。そこには、7000万人のインディアンが平和に暮らしていた。ヨーロッパの移住者が自分の土地を得るには、女子供を含め、彼ら全てを殺していかねばならなかった。アメリカは移民の国というより、アドルフ・ヒトラーも裸足で逃げだすホロコーストから生まれた国と言ったほうがいい。インディアンを殺しまくって西の果てに行ったら、メキシコ領のカリフォルニアだった。今のディズニーランドの南、カピストラノには快傑ゾロもいた。アメリカはメキシコに戦争を吹っ掛け、その辺に住んでいたヤキ族とかも殺して、白人の国にした。この時点で7000万の先住民は殺し尽され、アングロサクソン系の白人、所謂WASPがアメリカの新しい定住者となった。その頃になると、ジャガイモ飢饉で国を捨てたアイルランド人を始め、イタリア人やユダヤ人がアメリカ移住者の輪に加わってきた。先日、離日したキャロライン・ケネディ大使の先祖も、この時、移民船に乗ってボストンに着いている。定住者WASPは、新参の白人たちを寧ろ冷淡に扱った。嫌がらせもした。『ロサンゼルスCC』は、今もWASPだけを会員にし、ハリウッドで成功したユダヤ人も入れなかった。

ユダヤ人は、直ぐ南の丘の上に、彼ら専用のゴルフ場『ヒルクレストCC』を作った。ここは、アイルランド系のピーター・オマリーと、黒人のシドニー・ポアチエと、『山野美容学校』の山野正義をメンバーに入れて、「我々は人種差別をしない」とそっとアピールした。そんな軋轢を経て、WASPも折れた。アイリッシュも東欧人も皆、アメリカの正式メンバーと認め、アメリカは「白人定住者と移民の国」と言った。アメリカを“移民の国”と言うのはこの時点からで、ただ移民の人種はあくまでヨーロッパの白人に限られていた。その他の、例えばインディアンは居留地に閉じ込め、黒人はジムクロウ法で生活空間を区分けし、乗り合いバスも食堂も仕切りのこっちには入らせなかった。ところが最近、その棲み分けが崩れてきた。ジムクロウ法は死文化し、ヒスパニックは国境を勝手に出入りし、移民もヨーロッパからだけではなく、中東や支那からも入ってきた。「だってアメリカは移民の国じゃないか」。そこで、「俺たちの言う移民にお前たちは入っていない」とドナルド・トランプが言った。大方のアメリカ人がそれに賛同した。今回の大統領選の結果が示した通りだ。EUはヨーロッパの6ヵ国が立ち上げた。皆、元は植民地を持って豊かにやっていた国々で、日本のせいで植民地を失い、貧乏の底にあった。それで、“貧者の互助会”EUを立ち上げた。凄く順調にいき、もっと労働者が欲しくなった。市場も拡大したくなった。「EUを東欧・南欧にまで広げよう。ポーランド辺りの安価な白人労働力が得られるじゃないか」。ただ、正面切ってそう言えないから、「難民受け入れます」みたいな看板を出した。直ぐ引っ込めればよかった。ぐずぐずしていたら、シリアやリビアから本物の難民が続々やって来た。“移民国家”の看板を外さなかったアメリカと同じ展開になってしまった。アンゲラ・メルケルも、トランプ並みに「我々の言う難民にお前らは入ってない」と啖呵を切りたいところだ。日本も他人事ではない。「日支友好、日韓友好。皆いらっしゃい」なんてやっている時ではない。


高山正之(たかやま・まさゆき) ジャーナリスト・コラムニスト・元産経新聞記者・元帝京大学教授。1942年、東京都生まれ。東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ・羽田クラブ詰・夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985~1987年までテヘラン支局長。1992~1996年までロサンゼルス支局長。産経新聞社を定年退職後、2001~2007年3月まで帝京大学教授を務める。『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』(テーミス)・『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)等著書多数。


キャプチャ  2017年3月23日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR