【政治の現場・総裁任期延長へ】(07) 増税判断、避けられぬ壁

20170330 04
一昨日夜、首相の安倍晋三は、衆議院予算委員長の浜田靖一ら与党メンバーを首相公邸に招き入れた。新年度予算案の衆議院通過を慰労する宴席では、大相撲にも話題が及んだ。「総理大臣杯を渡す時、何度も経験している白鵬は直ぐに受け取ってくれるんだけど、初優勝の力士は中々来ないから重いんだよ」。一同の笑いを誘う安倍の姿に、出席者の1人は「話しぶりに自信が漲っていた。政権発足から4年以上経っても支持率は高いし、“一人横綱”の気分だろう」と感じた。翌3日、安倍は3年に1度顔を出すという民間主催のパーティーにビデオメッセージを寄せ、欠席を詫びた上で、2年後の出席を約束。「その時も未だ総理大臣を続けている」と、一度言葉を切り、「という意味ではありません」と続けて会場を沸かせた。安倍は、与野党で囁かれていた今年1月の衆議院解散を見送った。周囲には、「いつ選挙になっても民進党は伸びない。任期満了まで解散しなくてもいいんじゃないか」と語っている。昨年来、安倍に“1月解散”を進言してきた副総理兼財務大臣の麻生太郎は、「首相は“9年スパン”で解散戦略を考えている」と見る。自民党総裁任期を“連続3期9年”まで延長することが決まり、安倍は2021年9月までの超長期政権を視野に入れる。衆議院議員の任期は4年。今年9月までに解散すれば、政権が終わる総裁の任期切れまでにもう1回、衆院選をやらなければならない。

逆に言えば、今年9月以降の解散なら1回の衆院選で済むという訳だ。そんな安倍に、官房長官の菅義偉は「総裁選後に勝負しましょう」と持ちかけている。来年9月に予定される総裁選で3選を決め、その勢いを駆って衆院選に臨む作戦だ。今夏の東京都議選は、都知事の小池百合子が率いる地域政党の参戦で、自民党の苦戦が予想される。小選挙区を“0増6減”し、100選挙区前後の区割りを変更する公職選挙法改正案は、今国会で成立する見通しで、候補者調整に時間がかかる。連立を組む公明党からは、「都議選や区割り変更の影響を考慮すれば、年内解散は難しい」といった声が漏れる。『森友学園』問題の行方も不透明だ。安倍にとって、“総裁選後”解散は有力な選択肢の1つとなり得る。ただ、解散を先延ばしした場合、避けて通れない壁に直面する。2019年10月の消費税率10%への引き上げ判断だ。予算編成を考えれば、各省庁からの概算要求がある来年夏には、一定の判断が求められる。総裁選後に解散するなら、消費税を争点に衆院選を戦うことになる。安倍はこれまで、消費増税を2度先送りしてきた。自民党内では、「次期衆院選でまた延期すれば、流石にアベノミクス失敗の批判は免れない」(中堅)との声が強い。とはいえ、増税を掲げた選挙に勝った政権は過去に無い。次期総裁選で安倍との対決を睨む前地方創生担当大臣の石破茂は、牽制を強める。「1強は、権力を楽しむ為にあるのではない。『票が減る』『選挙に落ちる』と先送りしてきた課題に果敢に挑戦し、答えを出す為だ」。先月22日、石破は千葉県松戸市での講演会で、増税延期を繰り返した安倍の姿勢を暗に批判した。「消費増税は、国民に丁寧に語りかければ必ずわかってもらえる」というのが、石破の持論だ。安倍が消費増税とどう向き合うかが、“9年政権”を占う試金石となる。 《敬称略》

■歴代政権、選挙で敗北
国民生活への影響が大きい消費増税は、常に歴代政権を悩ませてきた。橋本龍太郎内閣は、1997年に税率を3%から5%に引き上げたが、経済失速を招いて、翌1998年の参院選で敗れ、退陣を余儀なくされた。民主党政権では2010年、菅直人首相が参院選直前に“当面10%”への引き上げ案に言及。連立与党が過半数割れし、敗北した。野田佳彦首相は2012年、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革を推進。反発した小沢一郎氏(現在の自由党共同代表)らの集団離党を招き、同年末の衆院選に惨敗して政権を明け渡した。安倍首相は2014年4月、税率を8%に引き上げた。2015年10月に予定していた10%への引き上げは2度延期し、2019年10月の実施を表明した。 =おわり


⦿読売新聞 2017年3月4日付掲載⦿


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/小さい会社の消費税処理のコツ/小池敏範
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/「消費税の軽減税率」完全解説/太田達也
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)


スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR