【中外時評】 反知性主義と“教養”の回路

『岩波文庫』が今年で創刊90年を迎えるそうだ。昭和の初めに夏目漱石の『こころ』や幸田露伴の『五重塔』でスタートし、以後、戦争を挟んで世に出た古今東西の典籍は、実に累計6000点に上る…等と書くと『岩波書店』の宣伝めくのだが、この文庫は確かに、ある時期まで“教養”の象徴であった。「読書によって人格を陶冶し、社会の改良に貢献する」という教養主義が生き残っていた1970年頃までの物語である。「教養主義の別名は岩波文庫主義でもあった」と、社会学者の竹内洋氏は『教養主義の没落』(中公新書)に書いている。大学時代には、岩波文庫を何冊読むかを自分の教養の目安にしたものだという。今、そういう若者はどれだけいよう。教養主義など、“上から目線の鼻持ちならぬ独善”と見做される昨今だ。岩波文庫なんか手にしたことがない学生も多いだろう。『全国大学生活協同組合連合会』の調査によれば、抑々、学生の内の半分は本というものを全く読まないという。インターネットで誰もが自由に発信でき、好みの情報を手軽に入手できる時代に、この傾向は強まる一方である。好きなように好きな世界を眺める。インテリの世話にはならない――。所謂“反知性主義”の風が吹く中で、“教養”は如何にも分が悪い。「知的な生き方およびそれを代表するとされる人びとにたいする憤りと疑惑」。アメリカの歴史家であるリチャード・ホーフスタッターは嘗て、反知性主義をこう定義した(『アメリカの反知性主義』みすず書房)。知性自体への反発というより、権威化した知性への嫌悪感が募っているのは、今の日本にも通じるだろう。ところが、そういう反知性主義的なメンタリティーが、教養への憧憬と表裏一体だった時代もあるという。立命館大学の福間良明教授が、近著『“働く青年”と教養の戦後史』(筑摩選書)で展開する説だ。

福間教授が注目するのは、戦後間もない頃、義務教育を終えて働く若者を対象に発刊された“人生雑誌”だ。1949年創刊の『葦』(葦会)や、1952年に刊行が始まった『人生手帖』(文理書院)等、今、完全に歴史の闇に埋もれたメディアである。進学の夢は叶えられず、自己実現の道が閉ざされた若者が沢山いた時代。こうした雑誌では、読者の手記等で「人はどう生きるべきか?」を問うた。そこに漂っていたのは、自己省察と教養を重んじる価値観だ。「手記を読み込むと、知識層への嫌悪感の強さがわかる」と福間教授は言う。「しかし、だからといって知的なものを否定するのではなく、インテリが独占している知性へ自分たちを接近させよと迫っている。反知性主義的知性主義といってもいい」。この思考回路は、同時期のサークル文化運動や、戦前の長野県等での自由大学運動と似た面がある。知識層への反発が、時には大衆レベルでの新たな“知”の探求を生む可能性を示している。それは現代にも示唆的である。インターネット空間には、実に様々な“話”が飛び交っている。その殆どは落書き、或いは私的なメモだ。しかし、思わず膝を打つような“論”に出合うこともある。交流サイト(SNS)でやり取りされる会話にも、時に鋭い“知”は滲む。人は、実利と享楽だけで生きるのではない。「岩波文庫を何冊読んだか」を競う時代は過ぎ去った。しかし、広い意味での教養が光を失わないのは、インターネット空間に岩波的教養が健在なのを見ればわかる。漱石も露伴も、随分手軽に読めるのである。それを心の成長の糧にできるなら、教養主義再生の道は開けよう。とはいえ、インテリへの“憤りと疑惑”の行方は定かではない。それがポピュリズムや偏狭なナショナリズムに回収されていくとすれば、残念なことである。そう導こうとする為政者が少なくない現実があるのは周知のことだ。往年の人生雑誌に色濃い教養志向は、「青年たちの“鬱屈”が駆動力だった」と福間教授は指摘する。時代は変わったが、少なからぬ人々に“鬱屈”は宿っている。可能性と、危うさとを秘めつつ。 (論説副委員長 大島三緒)


⦿日本経済新聞 2017年3月30日付掲載⦿
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR