【男の子育て日記】(47) ○月×日

12月1日 久しぶりに気合いを入れて書き物。一文を保育園に送った後、力尽きたところで宅配便に起こされた。送り主は『新潮社』。うとうとしていたら、今度は保育園から電話。一文が39℃を超える熱だという。迎えに行った足で病院に行きたいが、木曜午後は近所の掛かり付けはどこもお休み。タクシーでちょっと遠い小児科へ。超満員で2時間待ち。男親は自分だけの中、一文がぐずるので、眠さを堪えて立ってあやす。おうよ、お前のほうが辛いよなぁ。診断結果はプール熱(アデノウイルス)。扁桃腺が腫れて膿が出ていると。高熱は次の日まで続き、5日まで保育園を休んだ。

12月7日 テレビを観ていたら、ヒロミが、松本伊代が砂糖と塩を間違えただけで2ヵ月間口を利かず、ソファで寝ていたという。妻にメールで伝えたところ、「えっ、じゃあふさどうなっちゃうの?」。打ち首じゃねぇの。

12月8日 一文とボール遊び。続いて、親の真似なのだろう。お守りを耳に当てて、あーとかうーとか言いながら、頭をペコペコ下げている。その次は、机に隠れて(全身丸見えで)いないいないばあ。他にも、鏡の裏に回り込んで不思議な表情を浮かべたり、哺乳瓶を渡すと器用に片手を付いて後ろに倒れ、寝転がってからミルクを飲んだり。あー心が洗われる。“共著”だけど、俺の最高傑作だよ。

12月9日 ミック・ジャガーが73歳でパパに。曾孫のほうが歳上って何なんだ。これで子供は8人目だって。富も名誉も得た人だから許されるよなぁ。俺なら誰に産んでもらおう。何れにせよ、身体が良いだけで頭が空っぽの女は嫌だな。『EXILE』が好きな貧困文化な女も嫌。そうなると、やっぱ愚妻か。今夜も抱いてやろう。

12月10日 これまでダブルベッドで、親子3人で寝てきた。一文は両親に挟まれて眠りたいらしく、文字通り、夫婦の間男になってきた。妻が「たけちゃんに抱き締められながら寝たい」と可愛いことを言うので、一文用のマットレスを買い足すことにした。すると、部屋がまるごとべッドの様相を呈しているではないか。最近のこの連載の流れからすると、まるで乱交用に見えてきた。えっ、これって妻からのフラグ?

12月11日 大喧嘩の後、妻が半泣きで「喧嘩しないセフレと、喧嘩するダーリンと、どっちがいい?」と訊いてきた。訳がわからな過ぎる。

12月14日 この冬一番の寒さ。それでも一文を起こして、全身を拭いて、保湿剤を塗って、保育園まで自転車で送らなければならない。あぁ眠い。学校を出てからは早起きと無縁で生きてきたのに! 作家になって、寝たいだけ寝ていい人生を歩んできた筈が! まぁいいや。頭がおかしいけど憎み切れない女との最高傑作の為なら、お父ちゃんは苦でもないよ。


樋口毅宏(ひぐち・たけひろ) 作家。1971年、東京都生まれ。帝京大学文学部卒業後、『コアマガジン』に入社。『ニャン2倶楽部Z』『BUBKA』編集部を経て、『白夜書房』に移籍。『コリアムービー』『みうらじゅんマガジン』の編集長を務める。2009年に作家に転身。著書に『日本のセックス』(双葉文庫)・『ルック・バック・イン・アンガー』(祥伝社文庫)・『さよなら小沢健二』(扶桑社)等。


キャプチャ  2017年4月13日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : パパ育児日記。
ジャンル : 育児

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR