新刊『騎士団長殺し』バカ売れも大嘘! 村上春樹という幻想で商売するクズな輩たち

村上春樹の4年ぶりの長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)に日本中がお祭り騒ぎとなり、累計部数は早くも30万部以上が確定。全国のハルキストたちが狂喜している。しかし、こんなものを買って喜ぶのは、モテないキモオタと頭の悪いバカだけ。村上春樹とその作品の“薄っペらい正体”を検証してみた。

20170426 08
本誌が発売される頃には、俄かハルキストたちやワイドショー等のテレビ番組が、村上春樹の4年ぶりの長編小説『騎士団長殺し』を手に大騒ぎを繰り広げ、春樹フィーバーが巻き起こっているに違いない。若しかすると、本誌読者の中にもこのビッグウェーブに乗り、『騎士団長殺し』を買ってしまった間抜けな人がいるかもしれない。最初にはっきり言っておくが、村上春樹を読んで喜んでいるのは、単なるミーハーか、モテないオヤジか、キモオタか、お頭と股がユルユルのメンヘラ文系女子のどれかだ。確かに、村上春樹の新作というのは、とりわけ長編小説の場 合、発売そのものが一大イベントとなる。実際、2009年に発売された『1Q84』(新潮社)や、2013年の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)では、各地の書店でカウントダウンイベントが行われ、当日の午前0時から販売が開始される等、まさにお祭り騒ぎとなった。そして、この俄かファンが大騒ぎする様子を、ワイドショー等のテレビが大々的に取り上げるというのがいつものパターンなのだ。勿論、今回の新作でも全く同じ構図が繰り広げられている。騎士団長殺しは、発売前から計30万部の重版が決まり、既に累計120万部。街中のカフェでは逸早く村上春樹の新作を入手した俄かファンがドヤ顔で本を広げ、各職場も村上春樹の話題一色になっている筈だ。しかし、この空気に負けて騎士団長殺しを読むのは、ウンコを食べるのが流行っているからといって自分もウンコを食べてみるようなもの。4年ぶりの長編小説だろうが何だろうが、そんなのは頭の悪い俄かハルキストに任せておけばいいのである。

抑々、現在の村上春樹人気は、大手の出版社が仕掛けて作り出したインチキなブームにすぎない。実は、2000年代までの村上春樹は、サブカル好きに人気が高いだけの“普通の売れている作家”だった。日本文学というのは基本的に、家族の葛藤や貧乏話をベースにした辛気臭いものが多い。それに比べれ春樹作品は、アメリカの現代文学をオマージュした比喩を多用し、文脈にはジャズ、ロック、アートが鏤められる等、非常にお洒落。しかも、謎解きやエロ要素もある。その為、従来の純文学を読まない人たちにもウケた訳だ。とはいえ、その程度のことだけで今時、小説が100万部も売れる訳がない。実際、2002年発売の『海辺のカフカ』(新潮社)や、2004年の『アフターダーク』(講談社)も多少話題になったが、社会現象には程遠く、発売日もお祭り騒ぎにならなかった。それなら何故、村上春樹の新作発売が現在のような一大イベントになったのか? その理由は、2009年に新潮社から発売された12作目の長編『1Q84』にある。この時、新潮社は先ず、“村上春樹の最新長編小説 初夏刊行”とだけ告知し、その後に開示したのもタイトルと価格、2巻同時発売という情報のみ。発売日まで作品の内容を一切明らかにしなかったのだ。新潮社の社内でも、最初の情報の段階では営業にも何も知らせず、発売前に原稿を読んだのは編集幹部と担当編集の数人だけだったと言われる。書店にも詳細を知らせないほど情報統制が徹底していたという。これは、ハリウッド映画や『Apple』が新製品を発売する際によくやる“ティーザー広告”という手法だ。断片的な情報のみを小出しにして消費者を焦らしまくり、商品への期待値を上げようという何とも必死でセコ過ぎるプロモーションのテクニックである。一説には、村上春樹自身がこの手法を新潮社に持ちかけたとも言われている。ところが、この宣伝戦略にまんまとマスコミが飛びつき、大々的に取り上げたことで、話題が沸騰。本は爆発的に売れまくり、同時発売された『1Q84 BOOK1』・『1Q84 BOOK2』は2ヵ月後に100万部に到達。翌年に発売された『1Q84 BOOK3』に至っては、僅か2日間でミリオンを達成している。そして、この時に誕生したのが、タイトルと発売日がアナウンスされると春樹ファンがインターネット上で「SFじゃないか?」「いや恋愛小説だ」と勝手に内容を予測して盛り上がる風潮である。発売日のカウントダウンイベントの開催や、その様子をワイドショーが大きく取り上げ始めたのも、全て『1Q84』が発端だ。実際、2013年に発売された多崎つくるでも、文藝春秋が全く同じ宣伝戦略を採用し、その結果、この作品は『1Q84 BOOK3』を5日上回るスピードでミリオンを達成している。勿論、今回の騎士団長殺しも同様だ。版元の新潮社は当初、書き下ろしの長編小説で全2巻という情報しか出さず、その後も発売日までタイトル・副題・背表紙のイメージ以外の情報を一切出さなかった。それにより、マスコミとファンがバカ騒ぎを繰り広げたのだ。つまり、村上春樹の小説というのは“作られたミリオンセラー”なのである。

20170426 09
しかし、いくら「宣伝で売れている」と指摘しても、恐らく春樹ファンは小説の面白さを主張するだろう。ハルキストには、「村上春樹は偉大な作家」と真顔で語るバカも沢山いる。しかも、いつもは人のことを批判しかしないマスコミや評論家たちも、村上春樹に関しては何故かベタ褒めだ。また、仮に文芸評論家が春樹作品を批判しようと思っても、それを掲載してくれるメジャーな雑誌はどこにも存在しない。中でも、新潮社と文藝春秋は村上春樹と繋がりが深いだけに、天下の『週刊文春』でさえ、新作が出ると他社の本でも気持ち悪いほどヨイショしまくる。村上春樹は恐妻家で、私生活は勿論、作品も夫人にコントロールされているのだが、新潮社や文藝春秋のベテラン編集者は、夫人に高価な時計やハンドバッグをプレゼントして必死に取り入っているくらいだ。だから、村上春樹がどんなに嘘吐きで、どれほど自己愛が強くて薄っぺらな人間だとしても、絶対にそんなことは書かないのだ。こうしたマスコミのベタ褒め記事を真に受け、「村上春樹は凄い」「お洒落」「春樹作品を読むとモテる」と本気で信じてしまったのが、ハルキストというお頭の弱い信者だ。だが、利権と関係のない海外メディアは、村上春樹や夫人の顔色を窺う必要など全くない。その為、欧米のマスコミには村上春樹をボロクソに批判した記事も少なくない。例えば、2011年にアメリカで1Q84が発売された際、日本のマスコミは「ニューヨークでは行列」「アメリカでも話題騒然」等と報じたが、これは大嘘。書評が出るだけでも価値があると言われる『ニューヨークタイムズ』では、女性ジャーナリストが1Q84に“失敗作”の烙印を押している。更にこの女性ジャーナリストは、日本で村上春樹を直接取材したニューヨークタイムズマガジン(※ニューヨークタイムズ日曜版別冊)の評論家とポッドキャスト番組で対談し、「今まで読んだ本の中で最悪の作品」とまで酷評し、一方の評論家も「村上は作家というほどの存在ではなく、人生に対する彼の答えは益々浅はかに聞こえる」と斬り捨てているのだ。まさにクソミソと言っていいだろう。

日本のマスコミのヨイショ記事しか見たことのないハルキストには信じられないだろうが、これがアメリカのマスコミによる春樹作品への本当の評価だ。因みに、件の評論家は、村上春樹の英語力もボロクソに貶している。抑々、1Q84はミリオンを記録したとはいえ、『オウム真理教』を彷彿とさせるカルト宗教・セックス・ドラッグ・レズ・児童ポルノ・DV・苛め・家庭崩壊と、まるで少し前のケータイ小説のような安っぽい内容の小説なのだ。特にエロ描写が異常なほど多く、女の主人公が婦人警察官とレズ行為をしたり、ペニスやおちんちんといった表現を頻繁に使ったりする。まるで赤川次郎の小説をポルノにし、矢鱈と長くした感じなのである。これじゃ、アメリカで酷評されるのも当たり前。寧ろ、いくら作られたミリオンといっても、そんな小説が社会現象になり、100万部も売れてしまった日本のほうがどうかしている。もう一度言うが、いくら話題でも、村上春樹の新作を読む必要は全くない。どうしてもハルキストを気取って村上春樹のことを語りたいというなら、1987年に発売された書き下ろし長編で、代表作でもある『ノルウェイの森』(講談社)を読んでおけば十分だ。内容は、どう見ても村上春樹本人としか思えない自己愛の強い37歳のおっさんの“僕”が、心を病んだ最愛の“直子”に振り回された青春時代を陶酔しながら振り返るキモい恋愛小説。繊細な“僕”は、自分の殻に閉じこもって、厨二的ハードボイルドを気取っている。そんな如何にも童貞っぽい“僕”なのに、何故か女にモテモテで、向こうから近付いてきて都合よくセックスさせてくれるのだ。“僕”は表面上こそ女子たちに冷めたポーズを取っているが、内心では大喜び。但し、女の主要登場人物は、全員が精神を病んでいたり、かまってちゃんだったり、自殺したりするメンヘラばかりで、最愛の直子も、日本の恋愛小説のセオリー通り、最終的に自殺する。村上春樹の小説は、このノルウェイの森に限らず、基本的に全部こういう構造で成り立っている。女にモテる主人公が自己陶酔して“繊細なボク”をアピールするだけで、大事なことは何一つ語らない。そして、主人公はどいつもこいつもびっくりするほど精神性が薄っぺらいのだ。新作を出す毎に難解さとドロドロ感が増しているが、実態はモテない童貞の妄想であり、一種のオタクファンタジー。そこにアメリカの現代文学・音楽・アートを取り入れ、ミステリーの要素を盛り込むからお洒落な小説に見えるだけで、本質はそこら辺のラノベと大して変わらない。村上春樹の小説など読んでも、モテない男が更にモテなくなるだけで、いいことは全然無い。頭の悪いハルキストたちは、村上春樹がノーベル文学賞に落選する度に大袈裟に残念がるが、寧ろ受賞するほうが大問題だ。こんなものが、新作が出る度に社会現象になるほど売れまくるのだから、日本という国も本当に困ったものである。やれやれ。


キャプチャ  第19号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

響〜小説家になる方法〜(1) [ 柳本光晴 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

職業としての小説家 [ 村上 春樹 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクヨ 原稿用紙 A4横書き 罫色緑 50枚入 10冊
価格:1976円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)



スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR