【トランプ大統領100日】(04) 岩盤支持層揺るがず

20170519 01
「この100日間は“エクセレント”の一言に尽きる」――。アメリカ大統領のドナルド・トランプを支持するサレン・マイク(47)は、興奮気味に捲し立てた。「雇用創出に最高裁判事への保守派の指名…選挙で訴えたことをやっているじゃないか」。先月29日、ペンシルベニア州にある巨大アリーナで20時前に始まった就任100日集会。「ワシントンの泥沼から離れ、この夜を皆さんと過ごす。これ以上、嬉しいことはない」。1時間休みなく演説したトランプに、聴衆は「偉大なアメリカの復活を!」の決めぜりふで呼応。会場は、選挙戦を再現するかのような熱気に包まれた。就任100日時点のトランプの支持率は、各種調査で4割程度。史上最低だが、トランプへの信頼が揺るがぬ岩盤支持層が存在する。『ABCテレビ』と『ワシントンポスト』の調べでは、トランプに投票した人の96%が「再び投票する」と言い、後悔しているのは僅か2%だ。

「彼はやり遂げるわ」。オハイオ州のジュディ・ショートリード(70)は、今も自宅にバッジや写真のトランプグッズを飾る熱狂的支持者の1人だ。4人の孫の将来やアメリカの衰退を憂い、「ドラッグを運んでくるメキシコ移民の為にお金を使う必要があるのか?」と“アメリカ第一”に共鳴。“壁”の建設遅れは「民主党のせい」と擁護する。インディアナ州のブライアン・イーストン(46)がトランプを選んだのは、“雇用を取り戻す”との公約だった。20年以上働くアメリカの空調大手『キヤリア』の工場は、トランプが執拗なツイートでメキシコへの生産移転を中止させ、実際に働き口が守られた。「バラク・オバマ政権で共和党が政策を阻んだように、今度は民主党がトランプの“壁”になる」と懸念しているが、腰を据えて見守るつもりだ。ある調査では、共和党支持者の77%は「トランプが公約を守っている」と感じ、民主党支持者の62%は「破った」とみている。同じ100日間の評価でも、選挙で深まったアメリカ社会の分断が鮮明だ。トランプが演説したペンシルベニア州の会場の外では、反トランプ派もボルテージを上げていた。「彼は何もなし遂げていない!」。拳を振り上げていたアレックス・ホルン(26)は、「これからも抵抗を続ける」と話した。 《敬称略》 =おわり

               ◇

永沢毅・河浪武史・稲井創一・野毛洋子・兼松雄一郎が担当しました。


⦿日本経済新聞 2017年5月12日付掲載⦿
スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

搜索
RSS链接
链接
QR码
QR