fc2ブログ

【WEEKEND PLUS】(433) もはや完全に“過去の人”…ガーシー被告が保釈、怖いのは裁判より裏社会

20231201 01
芸能人に交際相手を紹介する“アテンド”をしていたことで、その内幕を次々に暴露してインターネット上の人気者となり、果てにNHK党の参議院議員にまでなったガーシーこと東谷義和被告。元々詐欺容疑で警察からマークされていた彼は、滞在先のドバイから「帰国すれば逮捕される」として国会を欠席。それが半年以上続いたことで3月に議員を除名された後、芸能人への常習的脅迫等の容疑で国際手配、6月に成田空港で逮捕された。9月18日の初公判後、東京拘置所から保釈された東谷被告は、その後、表立った活動はしていない。「既にネタが尽きていますから、暴露芸は店じまいでしょう」。そう話すのは、彼を知る飲食店経営者。「本人はもっと大きなネタを持っていると言い続けていましたが、そんなものがあればとっくに出していますよ。あと話していないのは、お友達の某お笑い芸人ぐらいでは。その芸人も既に警戒していて、敢えて友人関係を維持していると言われます。四面楚歌のガーシーが彼を攻撃対象とすることはないでしょう」。一方、東谷被告には、各方面で起こしてきたトラブルで反社会的勢力に追われているとの説も絶えない。「抑も彼の暴露芸には、対象者から口止め料を奪おうとする危ない輩も絡んでいます。あるやばい一団がガーシーを必死に探していたのを見たことがありますし、ドバイに逃げていたのも警察やマスコミより、彼らを恐れていたからです。後ろ盾がないと、暫く雲隠れする必要があるのでは」(同)。事実、議員時代の仲間が、東谷被告が「闇社会の人間から暗殺される可能性がある」と公にしていた。「暴露ネタがないなら、自分の身の上をぶちまければいいのでは」と前出の経営者は言うが、既に賞味期限は切れているようだ。


キャプチャ  2023年12月号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接