どんなにスキャンダルを起こしても一切お咎め無し! 『乃木坂46』は何故芸能界から干されないのか?

今や本家の『AKB48』に迫る、又は抜いたと言われるアイドルグループ『乃木坂46』。世間の注目が集まるのはいいが、それに比例してスキャンダルも表沙汰になり易いもの。このグループにも数々のスキャンダルは持ち上がったが、何故か活動を自粛したり、制裁的な措置が加えられなかったり、“不可解なケース”が散見されている。そんなアイドルグループの“タブー”を暴こう。 (取材・文/フリーライター 片岡龍夫)

20170523 05
今年1月、人気アイドルグループ『乃木坂46』の元メンバーである深川麻衣(26)が、4月より上演される舞台『SKIP』で初主演を務めることが発表された。すると大手メディアは、インターネット上のファンの声という体裁で、挙って彼女の“復活”を祝うような記事を掲載。しかし抑々、昨年6月に同グループを卒業後、「本格的な女優を目指す」としていた彼女が、1年近く経ってから漸く舞台初主演というのは、「遅過ぎる」という印象を感じすにはいられないというのが正直なところ。何故なら彼女には、女優転身を試みて卒業した後、これといった活動をした形跡が無い“空白の期間”が生じるからだ。人気グループの元メンバーであることを鑑みると、この半年以上に及ぶ“空白”は明らかに不自然だ。それによって、様々な“怪情報”が業界内で実しやかに囁かれるようになったのである。その怪情報について、大手スポーツ紙のべテラン芸能記者・K氏(52)が解説する。「まぁ、内々で『極秘出産していたんじゃないか?』っていう話は出ていましたよね。あくまでも噂の域を出ないものですが…」。昨年6月、出身地である静岡県で開催されたコンサートを以て乃木坂46を卒業した深川は、翌7月1日に“乃木坂メンバー”としての公式ブログを閉鎖。9月には別事務所へ移籍し、女優としての活動を開始することとなった。しかし、その約2ヵ月後の11月に漫画雑誌でグラビアを飾った他は、『プリンセスメゾン』(NHK BSプレミアム)に出た程度で、これといった“女優としての活動”は見当たらないのである。この期間を“充電”として演技の勉強等をしていたとすれば、合点のいく話と言えなくもない。しかし、実際はそうしたニュースがメディア上に出ることもなかった。人気グループの元メンバーであることを鑑みると、明らかに不自然なほどに、その活動の痕跡や続報が取り沙汰されていなかったのである。前出のK氏によると、そうした噂の真偽は兎も角、彼女たち人気芸能人の情報を絶えずマークしているメディアの人間にとって、人気アイドルの続報が無い状態というのは異常なものと感じられたという。

「AKB系の人気メンバーというのは、不祥事による活動辞退を別とすれば、卒業後の進路に関して必ず大々的に報じられるのが通例化しています。だけど、彼女の場合は、それが全くと言っていいほど我々の耳に入ってこなかった。それどころか、公の場にも姿を現していない。こういった状況が、一時期の忽那汐里(24)みたいに、極秘出産説として情報が流れた原因かもしれません」(同)。確かに忽那の場合も、出演本数が減った時期に同様の噂が流れたことがあった。無論、こうした噂話の多くは、忽那自身が後に否定したように、“根も葉もない噂”であることが殆どであるが、この時と違う点は、彼女が国民的人気アイドルグループの出身者であるというところだ。真偽のほどは別として、その沈黙が長ければ長いほど、そうしたゲスな勘繰りをする手合いがいるのも理解できる。しかもK氏によると、深川の例に限らず、予てより同グループのメンバーには、情報通の彼ら芸能記者をして小首を傾げざるを得ない数多くの謎が存在しているというのだ。「盗撮疑惑騒動が浮上した橋本奈々未の場合も、芸能界を引退すると見られていながらも、そのギリギリになって写真集を発売しましたよね。しかも、“好意的な報道”しかされなかった。不倫騒動を起こした松村沙友理だって、別のケースと比較しても活動辞退になってもおかしくないのに、何故かその後も活動を継続しています。飲酒の件で問題になった生駒里奈の場合もそう。畠中清羅なんかは、美容師とのお泊まり愛ですからね。これだって大スキャンダルなのに、大きな処罰もされずに活動を継続しているし、ネタの詳細が聞こえてこない。そう考えると、『元メンバーが隠れて子供を生んでいた』とかっていう疑惑も、仮に事実だったとしても外に漏れる筈がない。こんなアイドルグループ、他にありませんよ。一説には、『政財界に大きなコネクションを持っていて、簡単に揉み消しができるからだ』なんていう話があるくらいです」(同)。どちらにしても、あれほど不自然な状態を継続できていたのは、彼らメディアの人間にとっても理解に苦しむことだったという。アイドルグループのメンバーとしては、俄かに信じ難いスキャンダルが頻発しながらも、干されたり活動辞退することもなく、順風満々な活躍を見せている乃木坂46。無論、そうした経緯故に、深川のような怪情報が飛び出してしまいがちなのかもしれない。しかし、何れにしても、その“見えざる大きな闇”は、一般の我々が思う以上に大きなものであるのかもしれない。


キャプチャ  2017サクラサク超拡大号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR