何故彼らの行動・活動はマスコミで好意的に取り上げられるのか…テレビ業界を支配する鈴木おさむ&大島美幸夫妻“緻密な外交活動”の真相

人気バラエティー番組のクレジットには、これでもかと言うほど名を連ね、反旗を翻したお笑い芸人には土下座をさせたことも知られている。夫妻がテレビという名の社会に巨大な“帝国”を築き上げられた理由を、関係者が暴露してくれた。 (取材・文/フリーライター 片岡龍夫)

20170525 02
2000年代初めに結婚するや、その後の妊活、更に夫や友人らの立ち会いで行った出産劇や育休ライフと、その言動が不思議なほどの大ブームに。それらが殆ど好意的な形でのみメディアで取り上げられ、一気に業界の“支配層”に乗り出したのが、人気放送作家・鈴木おさむ(45)と人気お笑い芸人・大島美幸(37)の大物芸能夫妻だ。活躍はその後も続き、2人の馴れ初めを記した鈴木の著書は大ヒット。ドラマ化までされて話題となったり、ドキュメンタリーに取り上げられたり、2人の日常や関係そのものが何故か巨大なビジネスに直結するという、まさに同業者からすれば羨ましいことこの上ない生活を送っている。しかし、そうした成功やメディア上での取り上げられ方とは裏腹に、インターネット上では「キモい」「ウザい」といった書き込みのオンパレード。メディア側と一般視聴者との間で激しい温度差を生んでいる“不思議な夫妻”ということでも知られている。この不思議を解き明かそうと筆者は試みた訳だが、業界関係者に聞き取り調査を行っていくと、実はこうした温度差こそ「同夫妻を巡る“カラクリ”を示す証拠だ」という指摘が、数多く漏れ聞こえてきたのである。先ず証言してくれたのは、某大手制作会社に勤務し、現在はバラエティー番組を中心に手がけているという中堅ディレクターのY氏(41)だ。「ありゃあ、どこから見てもおかしな話ですからね。あの2人に人望なんてありませんよ。『単に商売上手なだけ』と陰口を叩かれています」。大手メディア上で取り上げられている“不思議なほどに好意的なスタンス”は、「主に鈴木を中心とした“緻密な外交活動”による賜物だ」とY氏は言うのだ。

「兎に角、根回しが上手いというか。要は接待上手なんですよね。だから誰も悪いことを言えない。“商売上手な夫婦”っていうだけ。尤も、自分は大嫌いなんで死んでも使いたくないですけどね」(同)。その外交活動は、番組スタッフやタレントといった業界関係者のみならず、マスメディア側の人々に対しても積極的に行われ、「月の殆どで、何らかの形での接待を行っている」(ある若手放送作家)ほどだという。また、夫妻に共通するのが、どんなに厄介なタイプの相手であっても必ず上手く取り入ることができる特異なキャラクター。「接待前後で相手の態度が180度変わることも珍しくない」(同)というほどの“剛腕”の持ち主だという。その為、仕事の依頼は引きも切らず、メディア側の人間もまた、彼らに対してぞんざいな扱いをすることができないでいるという。ある週刊誌記者が証言する。「夫妻のネガティブな話は、上から『書くな!』と厳命されています。現場としては不満ですが、しょうがないですね」。この発言から、その影響力はテレビ業界はおろか、出版業界の上層部にまで及んでいることがわかるだろう。とはいえ、こうした事例はこれまでも芸能界には存在しており、最も有名なケースとしては、“ナベプロ系随一の外交上手”と揶揄されている中山秀征(49)等のケースが知られている。彼の場合は、デビュー以来、その接待・外交手腕を武器に、「何も芸が無いのに生き延びている珍しいケース」(某キー局プロデューサー)と評する声が、バラエティーの現場から極々当たり前のように聞こえてくるほどである。だが、こうした“世渡り上手”な要素というのは、一方の何ら利するものが無い層から多くの恨みを買いがちなこともまた事実だ。実際、ここ数年は業界内でも日に日に、鈴木夫妻への怨嗟の声が増加する傾向にあるという。「元々、妻の大島も若手にはウケが悪過ぎますし、夫婦で妊活だの“嫁LOVE”の逸話なんざ、普通にキモいしウザいと思われるんですよね。だから、今じゃ『政治で仕事を取るのが腹立たしい』とか、『早く消えてほしい』だなんていう声もあちらこちらから出ています。ある若手芸人なんかの場合は、自分で態々2ちゃんねるに書き込みをしているだなんて聞くぐらいですからね」(前出のY氏)。とはいえ、そうした恨み節をサイレントマジョリティーから全力で受けつつも、何らその活躍ぶりに翳りを感じさせない彼らの人生は、まさに順風満帆そのもの。独特な外交術で、夫妻の業界支配は続きそうである。


キャプチャ  第6号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR