山寺に『プラモデル同好会』誕生! 長野県碩水寺のユニーク布教

20170529 13
堂内に漂うのは接着剤と塗料の匂い。机にはニッパーやヤスリが並ぶ。談笑しながらも手元に集中する面々がコツコツと組み上げていくのは、何とも精巧なミニチュアのオートバイ。長野県東筑摩郡筑北村の山間にある曹洞宗碩水寺に設立された『プラモデル同好会』だ。同寺の竹原昭雄住職(45)が不定期で月2回、庫裡を週末の2時間ほど模型愛好家の為に開放し始めたのは、今年2月5日のこと。お寺でプラモデル作りとは、突飛にも思える取り合わせだ。竹原住職は駒澤大学卒業後、大本山總持寺で修行。碩水寺住職に就任したのは平成10(1998)年のこと。檀信徒に限らず、地域の人々に気軽に足を運んでもらえるお寺の在り方を模索する中で、「『自分が楽しいと思える活動を足がかりに』と考えました。そこで思い立ったのが、小学3年生の頃から趣味で続けてきたプラモデルだったんです」。先ずは、地域の子供たちに向けて参加を呼びかけた。が、いざ活動を始めると、「近頃のお子さんたちはプラモデルをよく知らないようで、寧ろ40代前後の方に楽しんで頂いています」。意外や、少年の頃を懐かしむ大人が、各人好みのプラモデルを持参して集まってきたのだ。「5月には工作体験のワークショップを予定しています。細かい手作業で忍耐力も身に付きますし、少しずつ子供たちにも据野を広げていきたい。お寺を皆で遊べる場所にすることが目標です」と竹原住職。将来は展示室の設置や協同でのジオラマ製作等、プランも膨らんでいる。“遊び”をきっかけにした仏教を伝える場が、静かな山寺で新たに生まれつつあるようだ。


キャプチャ  2017年4月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR