【ニッポン未解決事件ファイル】(20) 『足利事件』(1990)――“冤罪”の陰で犯行を繰り返す足利事件の真犯人

冤罪事件として世間の注目を集めた足利事件では、警察の強引な取り調べと稚拙なDNA鑑定により、無実の菅家利和さんが犯人として逮捕・起訴された。だが、釈放された時、事件は既に時効を迎えていた――。 (取材・文/ノンフィクションライター 八木澤高明)

20170602 01
栃木県足利市を流れる渡良瀬川の河原で、松田真実ちゃん(当時4)の遺体が発見されたのは、1990年5月13日午前10時20分頃のことだった。遺体は、河原の葦の茂みに頭を突っ込むように投げ捨てられ、真実ちゃんの赤いスカート・Tシャツ・サンダル等も現場付近で見つかった。衣服には犯人のものと思われる精液が付着し、遺体の首には絞められた跡があった。事件から1年半後に菅家利和さんが逮捕されたが、DNA鑑定により無罪が証明され、2011年に釈放された。それにより、警察の杜撰な捜査に批判が集中したのは記憶に新しい。真犯人は今もどこかに息を潜めている訳だが、松田真実ちゃんが連れ去られたパチンコ店の周囲では、事件発生前から不審な男の姿が目撃されていた。事件発生の前日にも、パチンコ店に隣接する幼稚園の周りを、身長165㎝ほど・丸顔・無精髭を生やし、作業ズボンを穿いた男がうろついているのが目撃されている。この男は1年ほど前にも幼稚園を訪れて、園内を覗き込んでいたという。真実ちゃんは、殺害された12日の18時半頃、父親と共にパチンコ店を訪れ、父親がパチンコをしている間に何者かに連れ去られた。パチンコ店から程近い渡良瀬川の河川敷を40代の男と連れ立って歩いている姿を、近くでゴルフをしていた男性が目撃している。パチンコ店周辺に現れた男と、真実ちゃんと一緒に歩いていた人物は同一人物なのか? 足利事件から6年後には、群馬県太田市内のパチンコ店から横山ゆかりちゃん(当時4)が連れ去られ、未だに行方不明である。この事件でも、パチンコ店の防犯カメラに、身長158㎝前後で、ニッカボッカを穿いて、パチンコをするでもなく、何かを物色するように歩く男の姿が防犯カメラに映っていた。他の角度から映された映像には、ゆかりちゃんと長椅子で話し込む姿が映っている。足利事件と横山ゆかりちゃん事件、作業服姿の男が両事件の重要参考人である。


キャプチャ  キャプチャ
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR