【オトナの形を語ろう】(28) 男と女、失敗だけが当事者だけの力になる

以前、女の子が話したコミックのタイトルに『キスより簡単』(小学館)というのがあり、それを目にした時、「ハッハハ、これはいいタイトルだナ」と思った。私は、そのタイトル、言葉が言っていることが、出逢いのことだと直観した。男と女が繋がることで、このタイトルほど明確に出逢いのことを表わしているものはないと思った。出逢って直ぐキスをしたり、セックスをする男と女は余程の輩だろうし、野獣同士の出逢いというか、毎日、セックスのことしか考えていなかった男と女がぶつかったのだろうが、そういうのは、ここの話では置いておこう。つまり、出逢いというのは、キスに至るまでの道程よりも容易いということだ。女性向けのコミックだから、恐らく作者は女性だろうし、読者も勿論、女性だ。その女たちが、“キスより簡単”という発想で様々なものを見ているということが、私が2週に亘って話している“男が女と繋がりたいという願望と同じほど、女も男と繋がりたいと思っている”ことの証明なんだ。私は、「外を歩けば相手に必ず出逢う」と言った。極端に言えば、通りを歩いていて、角で男と女がぶつかりそうになって、そこから始まる男女が何千人・何万人といる筈だし、そういう風に世の中ができていることは間違いないんだ。そうでなかったら、世の中はこれだけの数、男と女が一緒にいないだろう。

扨て、それでもどうも上手くいかないという君に、君が恐らく犯している単純なミスを少し指摘しよう。先ず君は、どこかで男と女はこうなって、次にこうなり、こうなるものという、どこでそれを得たのかは知らぬが、男と女の繋がり方の妙な考え・情報がありはしないかということだ。テレビ・雑誌・コミック・家族・友人・知人からの話…等、男と女の繋がりを語り過ぎているのが世間だということを知らなきゃイカン。テレビなんてのは大半が出鱈目だし、雑誌も勿論そうだ。肝心なのは、男と女の繋がりは、君が行動することが、世界で唯一の繋がり方だということなんだ。「この繋がり方は少しおかしいかナ?」なんて微塵も考える必要はないんだ。誰だって最初は何一つわからないんだから、況してや太古の時代から簡単に繋がってきている人間の行動が、君にだけ無いってことはあり得ないんだ。先ずは耳から入ったおかしな情報を全て放り出して、どんな出逢いでも構わないから(※但し、外を歩いていてだぞ。インターネットとかスマートホンから得る出逢いなんぞ放っておけ)、君のやり方で、繋がりを始めることだ。そうして失敗したら、次のやり方を試してみりゃイイ。失敗は最大の力になるから。これは男と女・仕事・闘争…全てのことで、失敗だけが当事者にある能力を与えるからだ。

次に、これも肝心の1つだが、相手も自分と同じように、男と女が繋がることに不安を抱えていることを知っておくことだ。君が相手を怖いと思うように、相手も君のことを怖いと思っているから。“相手のことを思ん量る”と書くと、何やら道徳の授業のようで好きではないが、女を次から次にたらしこめる、所謂“女たらし”という輩は、それだけで生きているんだ。1人の相手を落とそうと決めたら、違っている時もそうでない時も、四六時中、相手がどう考えているかを察知して、只々相手のことを思っているような口を利く訳だ。どうしてそんなことができるかというと、“女たらし”というのは、女のことしか考えていない輩だからだ。「それじゃ、つまらない男じゃないですか。下衆でしょう」。そう、“女たらし”はつまらない奴で下衆の骨頂なんだ。しかし女共は、こういう自分のことを最優先して考えてくれる男が好きなんだ。「えっ、女性は皆そうなんですか?」。冗談言いなさんナ。全ての女性がそうなら、女は只のバカな生きものでしかないだろう。“女たらし”に引っかかる女に真面なのがいる訳がない。けど、大半の女は、自分のことを最優先に考えてくれる男が好きなことは事実だ。君は、そこをよく理解しないとイカンということだ。「当たって砕けろ」「手当たり次第に行け」「誰だって簡単に出逢える」と書くと、そこで相手の気持ちを思ん量るものが抜けて構わないように思うかもしれないが、そこはきちんと、立つ姿勢を持っておくことが肝心だ。来週はセックスについてだ。 【続く】


伊集院静(いじゅういん・しずか) 本名は西山忠来。作家・作詞家・在日コリアン2世。1950年、山口県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業後、『電通』に入社。CMディレクター等を経て、1981年に作家デビュー。『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』(集英社)・『大人の男の遊び方』(双葉社)・『無頼のススメ』(新潮新書)等著書多数。近著に『旅人よ どの街で死ぬか。 男の美眺』(集英社)。


キャプチャ  2017年6月19日号掲載

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 モテるメール術 / 白鳥マキ 【本】
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/12時点)




スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR