【熱狂!アニメビジネス最前線】(09) 「ジャパニメーションの市場は拡大を続けている」――クン・ガオ氏(『クランチロール』創業者)インタビュー

アメリカ発の『クランチロール』は、クン・ガオ氏らカリフォルニア大学バークレー校の学生が立ち上げたアニメ動画の配信サイトだ。2014年に通信大手の『AT&T』と、メディア投資の『チャーニングループ』で作る合弁企業の傘下に入り、潤沢な資金を生かして日本のアニメに猛烈に投資している。訪日したガオ氏に事業モデルを聞いた。 (聞き手・構成/本誌 遠山綾乃)

20170613 06
クランチロールは、ファンがアニメ作品に非公式の字幕を付ける“ファンサブ”のサイトとして始まった。当初は違法動画が多かったが、2008年に『テレビ東京』等とアニメ配信で提携した際に海賊版を一掃。2009年には有料会員制度を導入した。現在は広告付きの無料プランと、月6.95ドル・同11.95ドルの有料プランがあり、有料会員は日本で放映されたその日に字幕付きで視聴できる。有料会員は約140ヵ国で100万人を突破した(※右図)。北米が半数以上で、特に伸びているのは中南米とヨーロッパだ。2014年末からは、日本の政策委員会に出資している。従来は放映前に配信権を取得するだけだったが、出資によって放送の9ヵ月以上前から作品に関われるからだ。既に約40本に出資し、うち約30本は『住友商事』との合弁による出資だ。委員会への出資以外にも、クランチロールが制作費を全額負担するオリジナル作品の企画にも乗り出した。

日本アニメのファン層と市場は、世界で拡大を続けている。クリエイターにとっては売り手市場で、動画配信や映像パッケージの販売等、収益化の手段が幾つもある。人気作品を巡る競争で、動画配信業者がオファーする配信料も高騰している。ただ、私たちは「沢山カネを出せば良い作品ができる」とは考えていない。委員会への出資でも、出資額と作品の質が釣り合うポイントを探っている。クランチロールには、各国のユーザーがどんな作品を好むかのデータがある。作品のカテゴリーやスタジオ毎に視聴実績を定量化でき、これが製作委員会への出資判断に役立つ。定性的には、原作・監督・制作スタッフの知名度や実績を基に、これから人気になるかを予測している。他の出資企業がこれまでどの作品に関わったかも、重要なポイントだ。我々の配分モデルはレベニューシェア型だ。視聴量が多いほど、売り上げ全体から大きなパイを与えられる。収益の配分だけでなく、協業パートナーには配信状況等のデータを積極的に開示している。「ユーザーの反応を還元すればクリエイターの作品作りに役立つ」と考えているからだ。データを私たちの中に閉じ込めることはない。アニメ専業のサービスとしての私たちの根本思想が、そこに凝縮されている。私を含め、日本のアニメを見て育った人は世界に多い。後に制作を志した人もいる。アニメを愛し、いい作品を作りたい人の夢を叶える。それがクランチロールの役目だ。


キャプチャ  2017年4月1日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム、アニメ、その他
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR