<画像2枚> 小出恵介淫行事件、悪者にされた17歳少女が反論!…500万円要求報道への怒り

20170616 04
A子さんを呼びつけたバーで燥ぐ小出恵介。ゲームをしながら、何杯もの酒をA子さんに飲ませた。

20170616 05
A子さんを隣に座らせ、バーのカラオケで熱唱する小出。突然、覆い被さり、A子さんにキスを迫った。

「私が金銭を受け取ったとか、ハニートラップだったとかいう報道がされていますが、事実は全く違う。テレビでタレントさんや芸人の方たちが『女の子側にも責任があった』と発言をしているのにも、本当に腹が立ちます」。17歳のA子さんは、怒りに震えながら、現在の心境をそう打ち明けた――。本誌6月23日号で報じた俳優・小出恵介(33)の淫行事件。今月8日には所属事務所『アミューズ』を通じて、小出本人が本誌の報道が事実であることを認め、文書で謝罪文を公開したにも拘わらず、事件は予想外の展開を見せている。本誌発売の翌10日に、『スポーツニッポン』が“JK側要求500万円”の大見出しで、未成年者への淫行から目を逸らす報道の先陣を切ってみせたのだ。それ以降、「17歳の女は小出から金銭を受け取った」「小出くんはハメられた」といった根拠の無い噂が次々と流れ、挙げ句の果てにはA子さんの出自や家庭環境までをも責め立てる書き込みが、匿名掲示板やSNS上に溢れた。勿論、本誌が確認した限りでは、これらは事実とは程遠い単なる悪質なデマである。「6月6日、FRIDAY記事の掲載が決まった日、小出さんから私に『謝罪したい』と連絡があったので、彼が泊まっている帝国ホテルの部屋で会いました。でも謝罪は無く、それどころか、彼は人としての常識を疑う、とんでもないことをしてきたんです」。そう本誌に語ってくれていたA子さんだが、その後のバッシングによって、今や長時間の取材に応じられる精神状態ではなくなっている。だが、本誌は今回、中学校時代から彼女と親交があり、一連の事件についても全て相談を受けていた親友から、話を聞くことができた。以下は、A子さんが親友に伝えた淫行事件の“その後”である。「先ず、完全に間違っているのは、『A子が小出さんに金銭を要求した』とする報道です。帝国ホテルでA子と面会した小出さんは謝罪せず、『500万でどう?』と切り出したんです。『500万円で記事を止めてくれ』と。しかも、『俺に会いたかったんやろ?』『カネで解決すればいいんだろ?』と言いながら、A子をベッドに押し倒そうとまでした」。A子さんは「そんなんで済む問題じゃないやろ」と怒り、部屋を後に。すると、再び小出から連絡が入り、翌7日、マネージャーと3人で会うことになった。だがその時も、平謝りするマネージャーの横で、小出はニヤニヤと笑っていたという。「金銭で解決しようとしたのは、A子ではなく小出さんのほうなんです。それなのに、『ハニートラップだった』なんて…。事実が完全に捻じ曲げられ、A子は悪者に仕立て上げられました。6日の行動、そしてマネージャーさんと3人で会った時の様子を見ても、発表した謝罪文はあくまで会社が書いたもので、小出さん本人は全く反省していないとA子は思っています」。

今回の報道の焦点はあくまで、33歳の分別ある大人の小出が17歳の少女に酒を飲ませた上、肉体関係を持ったということだった筈だ。にも拘わらず、各メディアで報道が過熱したのは“金銭の授受”や“A子さんの素性”についてだ。A子さんの親友は、盛んに取り上げられている彼女の経歴についても、多くの間違いがあると指摘する。「A子がシングルマザーで、子供を養護施設に預けていること、そして高校を辞めていることは事実です。でもそれらは、世間で言われているような『遊びたいから』という理由によってでは全くありません」。小出と知り合った先月9日の直後までは、A子さんは高校にも通っていた。しかし、学校と仕事を両立させるのは難しく、生活の為に高校を辞めざるを得なかったのだ。「家庭は裕福じゃなく、親に迷惑はかけられないけど、18歳未満では働かせてくれる店も少ない。どうしても時間の融通が利く仕事がなかったので、泣く泣く子供を施設に預けて働かざるを得なかったんです。『仕事で面会に行けないことはあるけど、生活が落ち着けば必ず子供と一緒に暮らす』と言っています」。A子さんが本誌に小出を告発したのも、シングルマザーという境遇が関係しているという。「彼女自身、安易に関係を持ったことは反省しています。『芸能人に会えると思って浮かれて飲み会に行った』『俳優に言い寄られて舞い上がっていた』と後悔していました。それでも証言しようと決意したのは、嫌がっているのを無視して、避妊せずに5度もセックスして、2回も中出しをした小出さんの行為に本当に傷付いたからです。シングルマザーとして苦労しているA子にとって、妊娠を軽く考えている無責任な小出さんが許せなかった」。A子さんからの金銭要求は無く、告発したのには相応の理由があった――そんな事情も知らず、彼女の責任について声高に追及した著名人は少なくない。松本人志は今月11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「未成年の女のほうも取り締まれるような罰則を作るべきやと思うんですけど」と発言。その他にも多くのタレントらが、“A子さんの責任”について言及する旨の発言をしている。更には、『とくダネ!』(フジテレビ系)の小倉智昭や『直撃LIVEグッディ!』(同)の安藤優子らキャスターたちまでもが、A子さんの置かれた境遇や事実を取材もせず、「彼女にも問題がある」と無責任な発言を繰り返した。女性の貧困問題に詳しいNPO法人『BONDプロジェクト』代表の橘ジュン氏が言う。「分別ある成人男性が絶対的に悪いのに、何故未成年の女性の行動が問題視されるのか? 彼女が夜の町を出歩いて、飲酒をしていたとしても、責任は手を出した男性にある。そんな当たり前のことが無視されている状況に、強い憤りを感じます」。大阪府警は既に、被害女性(A子さん)との接触に向け動き出している。小出が逮捕される可能性もある中での“少女批判”は、あまりにもズレている。


キャプチャ  2017年6月30日号掲載




スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR