別れたほうが母子手当で身入りは増える…偽装離婚者に空き部屋提供、過疎地の“エア賃貸”大家

20170620 03
バブル時代、所有する土地に次々とアパートを建てた狩野正則さん(仮名・54)。現在は過疎化が進み、地元は限界集落一歩手前となり、アパートの空き室は増え、大家として窮地に立たされた。「『固定資産税とか維持費もバカにならない。扨て、どうしたものか…』と思っていたところに、親戚から相談を持ちかけられたんです」。この親戚は離婚したばかりだったのだが、実は偽装離婚。会社をリストラされた上、借金で首が回らなくなった為、妻子を路頭に迷わせないように離婚をでっち上げたのだという。「それで、『籍を抜いた奥さんと子供の住所が必要になったから、アパートを世話してほしい』と言うんです。実際は奥さんも子供も彼と同居しているから、名義だけということになりますね。『手持ちの物件を遊ばせているのももったいない』と思い、空き部屋を毎月3万円で“架空貸し”することにしました」。これが裏仕事の始まりだった。「最近じゃ“エア賃貸”なんて言い方もしていますよ(笑)。通常の家賃の約半分とはいえ、『住んでもいない部屋にお金を払うなんて酔狂だなぁ』と思っていましたけど、聞けば母子家庭だとその何倍もの経済的恩恵が受けられるそうですね。この親戚は、同じように偽装離婚している夫婦を何組か知っていて、その人たちを紹介してもらうことになり、後は口コミって言うんですかね。気が付けば、所有するアパート全てに架空貸しの部屋が存在するようになりました。物件にもよりますが、大体1室3万円です」。最近では偽装結婚カップルへの賃貸も始めたらしい。「どれも実際は空き部屋ですが、民生委員のチェックが入るということで、私と女房で全部の部屋を回って洗濯物を干したり、ゴミ出しをしたりして、恰も住んでいるような偽装工作をしています」。過疎から生まれた驚きの裏仕事だ。 (取材・文/フリーライター 清水芽々)


キャプチャ  キャプチャ
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR