世界的名優がまさかのゲス不倫! 渡辺謙が縋る大手芸能プロ『ケイダッシュ』の権力

20170622 09
ハリウッド俳優の渡辺謙(※左画像)が、20歳年下の北新地の元ホステスで、ジュエリーデザイナーのA子さんとの不倫スキャンダルを『週刊文春』にスクープされた。文春は3週連続で写真付きで報じたが、ワイドショーやスポーツ紙は後追いせずに沈黙した。「渡辺は2005年に前妻のYさんと離婚、同年に女優の南果歩と再婚しましたが、その時に『果歩の全てを一生愛す』と公言していました。ところが、A子さんとは3年半前から不倫関係にあり、昨年2月に南が乳癌を患っていることがわかって以降も、渡辺は闘病中の南を支える献身的な夫を演じながら、不倫関係は続いていたんです。渡辺こそ“ゲス不倫の極み”です」。然る芸能ライターはこう話し、言葉を続ける。「マスコミは、ベッキーの不倫は“ゲス不倫”と散々叩いておきながら、渡辺は所属プロが強面の“ケイダッシュ”ということで尻込み。それどころか、“とくダネ!”(フジテレビ系)司会の小倉智昭などは『世界の渡辺謙だから』と擁護したんです」。小倉は「この2人はビクともしませんよ」と擁護するような発言をしたことで、コメンテーターの古市憲寿から「ベッキーや乙武洋匡さんの時は、まるで犯罪者みたいな扱い方をしておいて。渡辺さんと何が違うの?」とツッコまれるという醜態を曝した。不倫が発覚した際には、渡辺は滞在先のニューヨークから帰国していたが、ノーコメントを貫いた。代わって、所属するケイダッシュの川村龍夫会長が「離婚の可能性はゼロ。彼は事態をちゃんと収拾できる筈」とコメント。「川村会長がそう言ったのは、前回の離婚騒動が念頭にあったからでしょう。離婚に行きつくまで、渡辺が夫・父親としてゲスぶりを発揮したことは、あまり知られていない」。こう話すのは、当時を知る夕刊紙記者。

「Yさんに借金トラブルがあったのですが、“我関せず”と即別居。2人の子供がいるのに、生活費も渡さなかった。その間、生活を支えたのは、未だ17歳だった長女の杏だったんです。彼は超サイテーな男ですよ」(同)。1987年に大河ドラマ『独眼竜政宗』(NHK総合テレビ)の主演に抜擢された渡辺は、その後、映画『天と地と』(東映)の撮影中に急性骨髄白血病を患って入院。1993年の大河『炎立つ』(NHK総合テレビ)で再び主演したが、翌1994年に再発。復帰する1995年まで入退院を繰り返した。その後、2001年に所属していた演劇集団『円』からケイダッシュに移籍している。「移籍理由について渡辺は『FAのようなもの』と言いましたが、移籍前に女性週刊誌に高島礼子とのダブル不倫が報じられています。『大手プロに行けばスキャンダルが押さえられる』という思惑ですよ」(芸能関係者)。ところが、皮肉にも移籍直後に税金滞納が発覚。Yさんが、子供の同級生の母親たちや、宗教団体『釈尊会』の小野兼弘会長(※故人)から約5億円の借金をしていたことも明らかになった。「Yさんは渡辺の“糟糠の妻”と言われていましたが、渡辺が白血病になったことで宗教にのめり込んでいった。それが釈尊会でした」と宗教ジャーナリストは言う。「小野会長は“巨漢の怪僧”と呼ばれ、信者から集めたカネで銀座の高級クラブで豪遊していたんです。その頃、腰巾着のように付いていたのが、今は偉そうなことを言っている政治ジャーナリストの藤本順一でしたよ」(同)。Yさんは、渡辺が復帰を遂げたことで、益々釈尊会にのめり込んでいった。しかし、莫大な借金の使途については渡辺に明かすことはなかった。「Yさんは最後まで、渡辺に借金の真相は言いませんでしたが、後になって『2億円以上のカネが釈尊会に流れている』という疑惑が持ち上がったんです」(前出の夕刊紙記者)。当時、渡辺は会見で、「借金の原因は、自分の白血病の高額な治療費と自宅のローンだ」と涙ながらに語っている。当時を知る芸能記者が言う。「いくら高額医療だといっても、5億円はかからない。本当のところは不明です。それ以前から、渡辺の女性問題で夫婦仲は上手くいっていなかったんですが、この借金トラブルで別居したんです。長男の渡辺大と長女の杏は母親につきました。その後、渡辺が離婚訴訟を起こしたことで、一番の被害者になったのが杏です」。当時、高校生だった否は、モデルとして『サンミュージック』傘下の『サンミュージックブレーン』に所属していた。一方、兄の大は俳優業の傍ら、大学に通っていた。「渡辺から生活費が送られてこなかった為に、家族は生活に窮した。杏は、『私は高校を中退して働いて、生活を支える』と言い出したんです。といっても、親の七光りを利用したくなかった杏は、事務所にも渡辺謙の娘であることを内緒にしていました。しかし、母親が事務所にお金を借りにきたことで、事務所は初めて渡辺謙の娘だと知ったんです」(前出の芸能ライター)。今回の不倫スキャンダルで、相手のA子さんが「渡辺はケチなのよ」と親しい友人に語っていたというが、事実、かなりの吝嗇家だったようだ。今回のスキャンダルでは、所属事務所のメディアへの威圧効果が十分に発揮されたようだが、渡辺の最初の離婚問題の当時は、ケイダッシュはマスコミ報道に手を拱いていただけで、マスコミもスキャンダルとして騒ぎ立てた。

20170622 10
離婚裁判では、Yさん側の弁護士から「『若村麻由美と結婚したいから別れてくれ』と渡辺に言われた」という発言が飛び出した。「渡辺は否定しましたが、女優の若村麻由美とは以前から不倫の噂はあったんです。1995年から2002年まで、時代劇“御家人斬九郎シリーズ”(フジテレビ系)で主演の渡辺は若村と共演しています。かなり信憑性は高かったですよ」(前出の芸能関係者)。そして、同弁護士は不倫の噂があった女優として更に、高島礼子・斉藤由貴・荻野目慶子・池上季実子の名前を挙げたのだ。「裁判で名前が挙がったので、マスコミも実名報道したんです。渡辺は否定するしかなかったですね」(女性誌記者)。しかも驚くことに、裁判の渦中の2003年に、若村が釈尊会の小野会長と電撃入籍を発表。事態は混迷を極めた。「180㎏の巨漢の怪僧とですよ。遺産目当てという憶測と共に、『偽装結婚ではないか?』とも言われました。小野会長にすれば、若村を釈尊会の広告塔にできますし、渡辺にすれば、離婚裁判を有利に展開できる。実際、不倫の噂は消えて、裁判は渡辺が勝訴した。この絵図を描いたのは、渡辺とケイダッシュの川村会長・小野会長の三者だと言われています」(前出の芸能関係者)。因みに、小野会長は4年後の2007年 に、肝不全で54歳の若さで急死し、釈尊会も事実上解散。同時に若村は女優活動を再開した。渡辺はと言えば、2003年12月にハリウッド映画『ラストサムライ』(ワーナーブラザース)が公開され、翌月にはアカデミー助演男優賞にノミネート。一躍、ハリウッド俳優の仲間入りを果たした。「その前に、作家の辻仁成と離婚した南果歩と深い関係になっていた。ハリウッド進出は南が後押ししたんです。当時、離婚は成立していませんから不倫関係です」(前出の女性誌記者)。

渡辺のハリウッド進出で、川村会長の評価はうなぎ上り。事務所の力も急増した。「渡辺をラストサムライにキャスティングしたのは、ハリウッドで絶大な信頼があるキャスティングディレクターの奈良橋陽子さんなんです。それなのに、芸能界では川村会長の功績になっている。その頃からですよ、彼がバーニングプロダクションの周防郁雄社長の“次のドン”と呼ばれるようになったのは」(前出の芸能関係者)。一方、2005年に離婚が成立、南と再婚した渡辺は“愛妻家”と言われていたが、滞在先のアメリカでは予てから不倫の噂が絶えなかったという。「文春が元ホステスのA子さんと3年越しの不倫を暴露しましたが、彼女の前にも3人ほど噂があったんです。まさに“ゲス夫”。にも拘わらず、マスコミはスルーしてきました」(前出の芸能ライター)。マスコミが恐れる川村会長は、大手芸能プロ『田辺エージュンシー』の元副社長だが、同社の田邉昭知社長にも同時に批判が集まっている。「ベッキーと不倫した川谷絵音の復帰を、関連会社で手助けしています。夏目三久の問題然り、自分の力を過信し過ぎです。昔はそんな人ではなかったんですがね」と、べテランマネージャーは嘆いた。昨年1月に“ゲス不倫”で世間を騒がせたロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカリスト・川谷絵音。マスコミは、ベッキーを再起不能の状態に陥るまでバッシングした。「ところが、タレント生命を縮めたのはベッキーだけで、川谷は離婚はしたものの、最後まで責任回避したんです。その後、昨年9月にモデルのほのかりんという新恋人が発覚したんですが、当時、未成年だったほのかに飲酒疑惑が上がって、彼女は所属事務所を解雇されたんです」(前出の芸能ライター)。流石に未成年に飲酒させたのは責任逃れできなかった。川谷はバンドごと、昨年12月のライブを最後に無期限活動休止に追い込まれた。「復帰は川谷自身、『2018年かな?』等と言っていたんです。ところが、今年4月1日にはワーナーミュジックジャパンとマネジメント契約。5月に復帰します。無期限が、たった5ヵ月ですよ。バックについたのが田邉社長だったんです」(音楽ライター)。川谷は田辺の関連事務所に電撃移籍。その際、田辺サイドはメディアに「移籍をネガティブに扱わないように」と暗に圧力をかけたのだ。「川谷の田辺系列の事務所への移籍は、過去に渡辺がスキャンダル防衛の為にケイダッシュに移籍したパターンと似ていますよ。これで芸能マスコミは、川谷がスキャンダルを起こしてもスルーするしかなくなりました。それにしても田邉さんらしくないですね」と、大手プロ幹部。「以前、田邉さんは音事協(日本音楽事業者協会)の会長を務めた時に、『歴代の会長の中で一番人望がある』と言われたんです。考え方もリベラルだったんですがね。SMAPの解散騒動で名前が挙がってから、人が変わってしまいましたね」(同)。

20170622 11
昨年1月に起きた『SMAP』の独立・解散騒動で、チーフマネージャーだった飯島三智氏が独立を相談した相手が田邉社長だった。すると、“芸能界のドン”と言われるバーニングの周防社長に代わり、「田邉社長が真のドンなのでは?」との声が挙がった。その田邉社長の権力志向が垣間見えたのは、昨年夏に日刊スポーツがスクープしたフリーアナウンサー・夏目三久とお笑い芸人・有吉弘行の熱愛&妊娠報道だった。「所属の夏目を寵愛する田邉社長が激怒。真相を闇に葬ったんです。日刊スポーツは当初こそ強気でしたが、最後は謝罪しました」(前出の芸能ライター)。その後、田邉社長は夏目を朝の情報番組『あさチャン!』(TBSテレビ系)のキャスターだけでなく、女優に転身させようとも画策。更に、田辺の看板俳優である堺雅人が主演するドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の続編にねじ込もうとしている。ドラマ関係者が言う。「3年前に堺主演のドラマ“半沢直樹”(TBSテレビ系)が驚異的な視聴率を獲ると、周防社長の“番頭”と言われる出版社“幻冬舎”の見城徴社長が、AKB48総合プロデューサーの秋元康と一緒にすり寄ってきた。すると田邉社長は、右腕と言われた専務・M氏の言うことに耳を貸さなくなり、クビ同然に追い出したんです」。それ以降、田邉社長の暴走に歯止めが利かなくなったという。「田邉社長は嘗て、川村会長について『あんな嘘吐きはいない。気を付けろ』と言っていたんです。でも、利害が一致するとつるみ出して、今や周防社長に代わって2人が芸能界を牛耳っている。まさに老害です。いつまで経っても芸能界はお先真っ暗ですよ」(中堅プロマネジャー)。とはいえ、渡辺の不倫スキャンダルを重く見た『大和証券』は、渡辺が出演するテレビCMを削除。田辺系列に移籍した川谷には、インターネット上で批判が殺到している。判断を下すのは老害2人ではなく、一般社会なのだろう。 (取材・文/本誌芸能取材班)


キャプチャ  2017年6月号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

硫黄島からの手紙 特別版/渡辺謙【2500円以上送料無料】
価格:4093円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明日の記憶/渡辺謙【2500円以上送料無料】
価格:4104円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怒り 豪華版/渡辺謙【2500円以上送料無料】
価格:6264円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)


スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR