【熱狂!アニメビジネス最前線】(11) アニメコラボ服が続々登場…オーダーから2ヵ月、ファンだから待てる

20170627 08
アニメファンの裾野が広がる中、人気作品とコラボレーションしたアパレル商品が静かなブームだ。従来あったキャラクターをプリントしたTシャツ等、“如何にもアニメファン”な商品とは異なり、作品の世界観とファッション性を両立したアイテムなのだ。アパレル大手『ストライプインターナショナル』は昨秋、傘下のブランド『アースミュージック&エコロジージャパンレーベル』から、『銀魂』とコラボしたワンピースを発売した。主人公の酒田銀時が、作品内の長編ギャグエピソード・性転換編で女性に変身した姿(※キャラ名は銀子)を、髪色のペールブルー等を使って表現した。ファンはちょっとしたコスプレ感覚のあるお出掛け着として、週末等に着用しているようだ。2012年に始動した『ジャパンレーベル』は、アニメ・漫画等とのコラボに特化したブランド。他にも、『夏目友人帳』や『ハイ☆スピード!』等とのコラボで、ワンピースやバッグといったアイテムを展開している。ボタンに人気キャラの輪郭を刻印する等、気付いたファンが悶絶して喜ぶきめ細かい仕掛けが施されている。また、アニメ流通最大手『アニメイト』傘下の『アニウェア』が展開するアパレルブランド『スーパーグルーピーズ』は、『おそ松さん』コラボのパジャマ(※左画像)を昨秋発売。主人公6人其々のイメージカラーを強調しており、お気に入りの“推し松”を選んで買う楽しみがある。税別1万8000円とパジャマとしては安くはないが、予定数は完売した。

スーパーグルーピーズはこの他にも、『ユーリ!!! on ICE』等、数多くのアニメコラボ商品を出しているが、ユニークなのは基本的に自社サイト経由の受注生産販売である点だ。アニメの権利者と販売価格を含むライセンス利用の契約を結んでいる為、値引き販売ができないことや、作品やキャラクターによって人気が区々で、画一的に在庫を持つことが難しい為だ。その結果、注文した商品が届くまで通常2ヵ月以上かかる。だがアニメファンには、この納期の長さが意外と苦痛ではないという。アニメのフィギュアやDVDは、数ヵ月前からの予約販売が一般的。この為、アパレルでも、本当に欲しいアイテムなら長期間辛抱強く待つ。アパレル各社が即日配送やウェブ限定商品の早期販売等を行い、商品の短サイクル化に躍起になる中、異例のビジネスモデルだ。一方で、発売情報は驚くべき速さで共有される。新商品情報が『ツイッター』等SNSで告知されると、ファン同士で瞬く間にシェアし合う。人気キャラの商品なら1万ものシェア数になることも。「単に買って満足するだけではなく、アイテムを巡ってファン同士で独特の交流を楽しめることが、普通のアパレルと違うところ」(スーパーグルーピーズの稲田貴之プロデューサー)という。スーパーグルービーズの場合、購入者層は85%が女性で、このうち半数が20代だ。平均客単価は1万2500円で、ファッションECサイト『ZOZOTOWN』より2割以上高い。一度購入し、会員になった人の4割がリピーターになるという。「若い世代は消費をしない」と言われがちな中、好きなアニメの世界観をファン同士で共有できるアイテムには、支出を惜しまないようだ。 (取材・文/本誌 菊地悠人)


キャプチャ  2017年4月1日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム、アニメ、その他
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR