ベトナム知日派幹部失脚で円借款の地下鉄事業に影響も

20170714 02
“知日派”で知られたベトナム共産党のホーチミン市トップ、ディン・ラ・タン書記が更迭されたことで、円借款で建設中のホーチミン市都市鉄道1号線の工事の進捗に影響が及ぶ可能性が出てきた。同路線は『清水建設』・『前田建設工業』・『三井住友建設』・『住友商事』等がコントラクターに名を連ねるが、ベトナム中央政府は昨年後半から支払いを滞らせており、未払い金は他の円借款事業と合わせて、日本円で約100億円に上る。タン氏は2020年の全線開通に拘り、ホーチミン市が自己予算から請負料金のうち数十億円を立て替えてきただけに、影響は深刻だ。タン氏は『越日友好協会』会長を務めた人物で、日本絡みのプロジェクトの多くに関わってきた。今後は、「タン氏が昨年まで大臣を務めた運輸省が所管するインフラ事業にも影響が及ぶ」との懸念が浮上している。今回の更迭は、同氏が国営石油会社の会長時における巨額損失の責任を問われたものだが、ベトナム共産党内部での汚職摘発の一環との見方がある。


キャプチャ  2017年6月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR