【オトナの形を語ろう】(33) なぜ人間は出逢い、そして恋愛感情を抱くのか?

男と女について、先週まで、本誌の読者の興味のトップクラスにあるセックス、セックスに関わる快楽のことを、私がこれまで見たり、逢ったりした人間の姿を紹介して語ったが、私は快楽を追うことだけが、男と女の間で一番大切なことと思っている訳ではない。以前、友情について話した時、80歳近い老人と15歳の少年の間の友情だってあるということを話したのを思い出してほしい。あれは、人間の中にある“無垢”、又は“純粋”のことを話したのである。今週は、男と女の“無垢”と“純枠”のことを少し話そう。男が初めて、異性(※同性でも構わないが)に対して、それまで感じたものとどこか違う感情を抱く時がある。どこか違う感情と書くと、酷く曖昧に思われようが、その感情は1人ひとり、皆違っているので、そう書いたまでで、具体的に言うと、「あの子は感じがイイな」とか「また逢ってみたいな」という風に思う感情が、突然、身体のどこからともなく湧いてくることが、人間には起こる。それを一般には、“初恋”とか“見染める恋”等という。それまで一度も逢ったことも無く、況してや話したことも無い相手に出逢い、特別な感情を抱く。そのような経験をした人の数は、恐らく原始、人類が誕生し、これまで生きてきた人の数の半分以上いる筈である。

読者の中に「そんな経験をしたことが無い」という人がいても、それは時期が早いか遅いかで、何れそのような感情を抱く出逢いはやって来るだろう。「いや、自分にはそんなことは決して起こらない」という人にも、私が確信を持って言えるのは、先ずは自分の手を見てほしい。人には手があり、指に力を込めれば拳になり、時には人を殴ったり、叩いたりもするし、逆に赤ん坊の顔を撫でたり、ペットに優しく触れたりもする。“出逢い”というものは、貴方にその手があり、その手を以て生まれているが如く、貴方がこの世に生まれてきた瞬間から、貴方に訪れるものなのだ。ただ、手と違って、初めから備わっているものではないから、“出逢い”が特別なものに見えるだけで、人間は“出逢い”を必然として繰り返す生き物なのである。必然と書いたが、“出逢い”は一見、“偶然”に起こったもののように大半の人は感じる。例えば、その出逢いが、軈て特別な感情と共に初恋となり、結婚まで至ると、その人にとって運命的なものに思えるだろう。人間は親なり、家庭なり(※動物で言えば巣なのだろうが)を出て、1人で歩き始めれば、日々が他人との出逢いであり、すれ違いを繰り返す。何千回、何万回のすれ違いを繰り返すことが、生きることでもある。

そんな無数のすれ違いの中から、ある日、突然、特定の相手に特別な感情を抱く。一見、偶然に映るその“出逢い”が、人間が生きる上でかなり大切な出来事なのである。そういう風に人間、人間社会はできている。それが人類の種の保存への本能的な仕組みという考えは、ここでは別の話としておく。人間は、自らの手が備わっているように、特別な出逢いをなすように生まれているのだ。その時に、身体のどこからか湧いてきた感情を、“恋愛感情”と簡単に言ってしまうのなら、それでも構わないが、私が読者に言いたいのは、“恋愛感情”に発展する以前に、その人だけに特別な感情を抱くことが、実は私たちが生きていく上で、とても大切なことだということなのだ。親にも、他人にも教えてもらっていなくとも、人間は、その感情を抱く能力が備わっているのだ。なら、それを素直に受け入れて、その感情を持ち続けることが大切なのだ。ところが、ここで読者は「でも、それはこっちが一方的に感じたもので、相手の気持ちはわからないのと違いますか?」と言いたいだろう。それは違う。相手も同じように、そういう感情が湧いているのである。問題は、その相手が見染めたのが、貴方とは違う人間かもしれないということだが、そのことも心配する必要はない。己の感情を相手にぶつけてみることだ。ぶつけて、告白して、相手がそこで初めて気付く“己の感情”が時々あるのである。――何故、そうなるのか? そこに人間の“無垢”・“純粋”と呼ばれる、相手を受け入れる為の、誠に美しい備えがあるからだ。「初めて他人を見染めた場合は、素直に、その感情を相手に伝えよ」が、今週の男と女についての、私の話である。うじうじせずに行動しなさい。


伊集院静(いじゅういん・しずか) 本名は西山忠来。作家・作詞家・在日コリアン2世。1950年、山口県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業後、『電通』に入社。CMディレクター等を経て、1981年に作家デビュー。『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』(集英社)・『大人の男の遊び方』(双葉社)・『無頼のススメ』(新潮新書)等著書多数。近著に『旅人よ どの街で死ぬか。 男の美眺』(集英社)。


キャプチャ  2017年7月24日号掲載

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メンタリズム 恋愛の絶対法則/DaiGo【1000円以上送料無料】
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ラブホの上野さんの恋愛相談【中古】
価格:1455円(税込、送料無料) (2017/7/18時点)

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR