消えた借金レスラー・安田忠夫が錦糸町で客引きになっていた!

20170719 02
安田忠夫というレスラーを、貴方は覚えているだろうか? 元大相撲力士(小結)の安田は、『新日本プロレス』でデビュー。2001年の大晦日には、『INOKI BOM-BA-YE 2001』のメインイべントで、ジェレム・レ・バンナにギロチンチョークでまさかの勝利を収め、娘を肩車して歓喜した姿は、当時の総合格闘技ブームの中においても特に感動的な試合として、ファンの脳裏に記憶されている。しかし、人生は暗転する。生来の博打好きから多額の借金を背負い、新日を解雇。格闘家としても成果は上げられず、2007年には練炭自殺を図るも失敗。有志によるブラジルの農場への就職話を裏切り、いつの間にか安田に付けられたあだ名は“平成の借金王”。ここ数年はその足取りすら掴めない状態が続いていたが、4月某日に「錦糸町に安田に似た大男がいる」という情報が本誌に入ってきた。

早速、南口の飲み屋街へ向かった。「どうも、1時間5000円のところを4000円にしますよ。安田に騙されたと思って入って下さいよ(ニヤリ)」。安田は、老舗の多国籍パブの客引きをしていた。剃り上げた頭と190㎝はあろう大きな体躯は現役そのままだが、その顔に刻まれた深い皺には数々の辛苦が滲み出ているような気がした。「俺、暫くタイに居て彼女もいたんだけどね、向こうでサッカーの賭け事にハマっちゃって、また借金作って帰ってきちゃったよ(笑)。ここは去年のクリスマスぐらいからお世話になっているかな。でも、いついなくなるかわからないから。そういうキャラだから。もう現役復帰する気も無いしさ…。まぁ、ここやってる限りは立っているから、また来てよ。いい女の子ばっかりだよ」。確かに、ルーマニアやロシアのホステスたちにも安田は人気者だった。「アノーヒトハ、ムカシ、ユーメイナレスラーデショ。ステキーダヨ」(27歳ロシア人)。流浪に流浪を重ねた破滅レスラーは、東京都内屈指の欲望の街に、束の間の“やすらぎの郷”を見つけたようだ。 (取材・文/本誌芸能特捜班)


キャプチャ  2017年7月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR