【薬のホント・健康食品のウソ】(01) 薬全否定は危険! 薬の止め方&付き合い方

年を重ねていくほどに飲む薬の数が増えていく――。出された薬は何でも黙ってずっと飲むべきか? 本当の“止めどき”“止める薬”を知る者こそが、賢い患者だ。

20170725 11
2016年に数ヵ月に亘って薬や医療を批判する特集を組み続けた『週刊現代』が、今年5月に再び薬特集を組んだ。昨年は「医者に出されても飲み続けてはいけない薬」等、今年は「あなたは薬を“誤解”している」と銘打った。その影響は医療現場に表れた。兵庫県尼崎市で開業する『長尾クリニック』の長尾和宏院長の元には、同誌を握り締めた患者が「先生、この薬は危険なん、知らんやろ!」と興奮しながらやって来て、「飲んでいる薬が載っているから止めたい」と訴えてきた。実は、長尾院長は去年も今年も同誌の薬特集に登場している。医療を否定する過激な見出しが並ぶ特集だけに、「何でこんな取材に応じるんだ」と非難する医者仲間もいる。「センセーショナルを売りにするのは雑誌の宿命だから、誇張した表現で医療を否定したんだろう」と苦笑する長尾院長は、「でもね、“薬漬けはおかしい”という大筋には賛同している」と続ける。「自分は真っ当なコメントをしただけ。30種類もの薬を飲み続けている患者に出くわしたら、『何とかしないと』と思うよ。薬にはリスクとベネフィットがあり、リスクの部分が軽視されてきた。リスクを啓発するには、これくらい乱暴な方法も仕方がない」。とはいえ、薬の悪口を書き連ねる記事全体には文句もある。「人間と同じで、薬もいいところ・悪いところの両方がある。『コレステロールを治療するスタチンという薬は、稀に横紋筋融解症という重大な副作用がある』と槍玉に挙がっているが、頻度は非常に少ないし、スタチン無しでは命に関わるハイリスク患者もいる。全否定しているのは非常に問題」(同)。副作用はその重篤度と共に、発生する頻度も伝えなければ、リスクを正しく理解できない。長尾院長がもう1つ心配するのは、「医者を悪者に仕立て過ぎて、患者との信頼関係に罅が入ること」。自身のクリニックでも、記事の影響か、通院を止めてしまった患者がいる。必要なスタチンを止めたがる患者に飲み続けるよう説得するのには苦労した。一方で、記事が適切に薬を減らすきっかけになった患者は十数人に及ぶ。患者には、記事を機に適切な治療から遠ざかった者と、より適切な治療に繋げた者がいるということだ。良い・悪いを断定する記事はわかり易いが、「真実は極論と極論の間の“中庸”にある」と長尾院長は強調する。最適な中庸を見い出すには、健康や医療に関する情報を調べて理解し、その情報を使う能力――ヘルスリテラシーを患者が身に付ける必要がある。

薬の本当の止めどきはいつなのか? 老年医学の第一人者である東京大学大学院の秋下雅弘教授は、「年を取ったら、若い頃と同じつもりで薬を貰う姿勢は改めたほうがいい」と促す。若者や壮年と同じ量の薬を出されていたり、自分で購入した市販薬で“大人”の量を飲んでしまうかもしれないが、若い人と同じように薬を飲んでいると、予想外の副作用や中毒症状が出ることがあるからだ。秋下教授に引き続き解説してもらおう。薬の量の次に問題になってくるのが種類だ。飲む種類が多い分だけ、副作用のリスクは増える。にも拘わらず、7種類以上の薬を薬局で受け取る割合は、40~60歳で10%、65~74歳で15%、75歳以上で26%と上がっている(※厚生労働省『2014年社会医療診療行為別調査』)。高齢者では、処方される薬が6種類以上になると、副作用の頻度が15%くらいに跳ね上がる(※Kojima T. Akishita M, et al. Geriatr Gerontol Int. 2012)。薬を飲まないのが一番いいが、かといって病気を放置する訳にはいかない。では、何種類くらいが適当か? 『日本老年医学会』で検討した結果、「5種類までを目安にする」という方向で意見が纏まった。複数の薬を飲む一番の問題は、薬同士の相互作用が起きることだ。3種類以上を一緒に飲んだら何が起きるかについては誰も調べていないが、実際に相互作用は起きている。薬で現れた副作用を「病気だ」と勘違いし、次々と薬を追加された為に、新たな副作用が生まれ、最後は重篤な状態に陥ってしまう例もある。老人だから“転倒”したり、“認知症”になるのではなく、副作用によって“ふらつき”や“筋力低下”が出て“転倒”する、認知症紛いの症状が出ることもあるのだ。具体的に、薬との付き合い方はどう変わっていくのか? 血圧の薬で見てみよう。一般に高血圧と診断される基準は、年齢に拘わらず、上の血圧(収縮時血圧)が140、下の血圧(拡張時血圧)が90。ただ、加齢と共に生理的に血圧は上がっていき、高齢者は血圧が凄く低い人のほうがその後の寿命が短い傾向がある。その為、年齢によって血圧の管理基準はやや異なる。75歳以上の高齢者の管理基準は、上150未満・下90未満と少し緩く、この範囲なら降圧剤を4種類も5種類も飲んで無理に下げるのは止めたほうがいい。ループ利尿薬・α遮断薬・β渡断薬は副作用を起こし易いので、高齢になったらできれば使用を控えたい。尤も、血圧を下げる薬を飲むのか飲まないのか、飲むとしたら血圧をどこまで下げたらいいのかは、個々の老化度や体の状態によって異なる。これまで心疾患を起こしたことがある人や糖尿病患者は上130・下80、脳血管障害を起こしたことがある人は上140・下90と、高齢者であっても少し厳しめの基準がある。脳卒中や動脈硬化を予防する為に飲むコレステロールを下げる薬は、高齢になったら使わなくてよい場合が多い。75歳以上の人がコレステロールの薬を飲んだからといって脳梗塞が減ったというデータは、どこにも無いのだ。糖尿病についても、高齢者に血糖を下げる薬でどこまで血糖値を下げる治療をしたほうがいいのか、本当のところはよくわかっていない。寧ろ、「血糖を下げ過ぎないほうが長生きする」という指摘もある。その他、疾患別の薬との付き合い方は右上図を参考にしてほしい。特に慎重な投与を要する薬の一覧(※下図)も掲載した。但し、決して独断で薬を止めないこと。薬をどうするかは、その人の老化の具合や病気の種類、置かれた状況等で違う。100人いれば100通りの薬の飲み方がある。薬の止めどきも止め方も、匙加減が大事なのである。ポイントは薬に依存しないことだ。

20170725 12
20170725 13
20170725 14


キャプチャ  2017年6月17日号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR