<画像9枚> やっぱり噂は本当だった…現役アイドルが美人局、証拠SEX動画を衝撃入手!

20170804 07
20170804 08
芸能プロ社長のCと電話で打ち合わせ後、アイドルのAはIT社長のB氏(※右)を部屋に招いた。

20170804 09
シャワーを浴びるB氏を待つA。緊張は見られず、落ち着いた様子だ。

20170804 10
映りを気にしているのだろうか。Aは入念にカメラ前を整理していた。

20170804 11
20170804 12
20170804 13
ベッドの上に立つと、スレンダーな身体と足の長さがはっきりとわかる。

20170804 14
豊満な胸を露にしながら、B氏と会話するA。この後、口淫を始めた。

20170804 15
声を出すのを恥ずかしがるように、Aは何度もキスを求めた。事後には、如何に自分がCを尊敬しているか、熱く語る場面もあった。

「モデルの◯◯が50万円」「アイドルの△△が100万円」――こういった女性有名人による売春の噂は、芸能関係者の間で常に囁かれてきた。ただ、あくまで噂の域に過ぎず、これまで表沙汰になるケースはなかった。だが、これらは本当だった。しかも、行われていたのは売春だけではない。セックスの様子が密かに撮影され、その動画を元に高額のカネを支払わされる“美人局事件”まで起きているのだ。その証拠となる1本の動画を本誌は入手した。収められているのは、現役グラビアアイドルのAがセックスに興じる姿だ。スレンダーな肢体にGカップの巨乳で注目を集める彼女は、これまでに数冊の写真集を出しているだけでなく、テレビドラマや映画にも出演してきた。そんなAの相手は、IT系企業を経営する青年実業家のB氏だ。動画の中で2人は激しく絡み合っているが、彼らは恋人同士ではなく、AはB氏からカネを受け取って肉体関係を結んだのである。「動画が撮られたのは3年ほど前。芸能プロ社長のCという人物の仲介で、AはB氏を紹介されました。彼女は仕事の悩みを親身に聞いてくれるCに心酔していた為、売春を行い、動画盗撮に協力したんです」(Cをよく知る芸能関係者)。事実、動画の冒頭では、B氏が部屋に到着する前に、AがCに電話で指示を仰ぐ様子がはっきりと映っている。

A「ねぇねぇ、Cさん、電気つけたままする?」
C「うん、電気つけといて」
A「わかったぁ」
C「お願いしまーす。Aちゃん、(B氏を)呼んじゃってもう」

そして、このセックス動画を撮った後、CはB氏に「仕事を回せ」と持ちかけ、多額のカネを支払わせたというのだ。

本誌記者は、事実関係を取材するべく、東京都内の自宅前でB氏を直撃した。

――Aと知り合った経緯を教えて下さい。
「以前から知り合いだったCさんに、『お前、グラドル好きだろ?』と言われ、半ば無理矢理…。その際に金銭も要求され、僕はAさんに30万円を支払いました」

――動画の存在は知っていたんですか?
「その時は知りませんでした。ただその後、Cさんが別の事件で警視庁に家宅捜索を受けた際に、今回の動画が出てきたみたいなんです。それで僕も警察に呼ばれ、『恐喝を受けていたのでは?』と事情聴取をされました」

――Cに金銭を支払ったのは事実ですか?
「はい…。Aさんと関係を持った後、Cさんから仕事の話を持ちかけられ、合計1000万円以上を支払いました」

しかもCは、明らかに恐喝と言えるこんな言動までしていたという。「CがB氏の会社に乗り込み、『BはAとセックスしたんだよなぁ?』と他の社員に聞こえるような大声を出すことが何度かありました。B氏は何度もカネを振り込み、積もり積もって多額に上ったんです」(前出の関係者)。売春をした上に動画を隠し撮りしたA、そして美人局を画策したCは、どんな罪に問われるのか? 「売春を仲介したCには、売春防止法6条1項の“周旋罪”が適用される可能性が高い。動画で脅して金銭を要求しているならば、恐喝罪にも問われます。また、罰則規定はありませんが、売春そのものが違法なので、Aも違反に当たります」(『アトム法律事務所』の中村弘人弁護士)。現役の人気グラビアアイドルを使った前代未聞の美人局事件。華々しい芸能界の裏側には、底知れない闇が広がっている――。


キャプチャ  2017年8月18日・25日号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR