史上初の“休演導入”を旗振り…歌舞伎界を驚かせた市川海老蔵の政治力

20170907 03
妻を亡くしたばかりの市川海老蔵が、息子と共演して大盛況だった7月大歌舞伎で、画期的な取り組みが行われた。昼の部と夜の部あわせて、25日間50公演休み無しというのが、これまでの歌舞伎の常識だった。しかし、今回のスケジュールでは、昼の部・夜の部に1回ずつ休演が設けられ、全48公演となったのだ。「全50公演という原則は梃子でも動かない」とされ、これまでそれが変更されたことは無かった。一方で、この殺人的なスケジュールが「歌舞伎役者早死にの原因」(舞台記者)と言われてきた。実は、歌舞伎界で注目されたのは、「この改革を海老蔵が主導して行ったこと」(同)。他の役者等を巻き込み、『松竹』等を説得して史上初の休演を勝ち取ったのだ。というのも、歴代の市川團十郎(海老蔵)は「政治下手」(同)だった。歌舞伎役者が所属する『日本俳優協会』等で目立った指導力を発揮する訳ではなく、寧ろ徒党を組むのが苦手という一種の伝統があったが、海老蔵はこれを打ち破ったのだ。私生活では妻を亡くし、幼い子供を抱えて大変ではあるが、役者として益々脂がのってくる時期。既に歌舞伎界の中心人物である海老蔵が、名実共に業界を引っ張る存在になりそうだ。


キャプチャ  2017年8月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR