新たなる襲撃暗殺計画、『山健組』幹部逮捕の闇――『神戸山口組』の“返し”情報、ヤクザジャーナリズムの批判

20160926 01
『神戸山口組』の2次団体である『池田組』の髙木昇若頭(55)が、『6代目山口組』の3次団体である『髙山組』傘下の山本秀行組員(32)に射殺されてから、早いもので40日が過ぎた。射殺事件発生時、マスコミは一斉に「神戸山口組の返しが近い」と断定的に煽ったが、今月9日現在、これといった明確な報復と言える事態は表面化してはいない。しかし水面下では、神戸山口組が6代目山口組の切り崩しを、当然ながら6代目山口組も神戸山口組の切り崩しを狙い、様々な駆け引きと圧力の掛け合いを展開しているようだ。その意味では、攻防が下火になっている訳ではなさそうだ。そんな中で先月23日、6代目山口組の2次団体である『弘道会』に対する神戸山口組の報復攻撃のような事態が起きた。この日、関西系の中堅幹部組員からの至急電が入ったのである。「岐阜県警が、神戸山口組系列の○○組長ら4名を岐阜インターチェンジと一宮市内で逮捕した」との知らせだ。実はこの知らせ、筆者にとってあまりにも重要な情報となったが、その理由は後述する。岐阜県警の逮捕容疑は、○○組長が乗っていたワンボックスカーのナンバープレートを別のナンバーと付け替えた道路運送車両法違反というものだった。簡単に言えば、○○組長は盗難車に乗っていた容疑で逮捕されたのだ。岐阜県警はこの日、高速道路で長野方面から岐阜市内に入ろうとした○○組長の乗ったワンボックスカーと、組員が分乗した2台も止めたが、2台は県警の静止を振り切って逃げたようだ。その1台は、愛知県一宮市内で程無く捕獲されたが、もう1台はどうやら逃げ切ったという。捕獲されたワンボックスカーと車からは、バイク・目出し帽・ヘルメット・金属バット等が押収されているという。逃げ切った1台に関しては「多分、チャカがあったからだろう…」とは、あるヤクザの見立てである。この逮捕を、岐阜県警は報道発表していない。逮捕から1週間した先月30日付の『中日新聞』が、「捜査関係者への取材でわかった」と報じている。更に、今月8日付の『タ刊フジ』は、「『報復の直前だったのでは』という憶測が飛び交っている」という暴力団関係者のコメントを載せた。「岐阜県警が○○組長らの逮捕を何故発表しなかったのか?」という疑問も、更には仮説だが、「○○組長らが決死の報復を企てたのだとしても、岐阜市内に入った途端にあっさりと逮捕されたという事実も、一体、何を意味しているのだろうか?」という疑問が付き纏う。

別の組織のある幹部組員は「本当に“返し”をやる気なら、何で組長自ら行くの? 誰もが『池田組の返しだ』と見るに決まっているのに、盗難車や盗難バイクまで積んで『あっという間にパクられてしまいました』じゃ、ちょっと腑に落ちない…」と、○○組長らの行動には別の含まれた意味があると指摘するのだ。付け加えるならば、岐阜県警関係者の「○○組長の動きは長野県警からの通報だと聞いている」という情報からみても、山健系幹部の○○組長のこの日の動きは、とっくに長野にマークされて事前確認されていた訳で、仮にこれが報復劇だとしたら、結果的には失敗ということになるのだ ろう。別の組員の見方は、かなり辛辣だ。「チャカが発見されていたら、懲役は間違いなく10年以上だったろう。発表していないところを見ると、もう抑えられているかも…」と指摘した。冒頭で述べたように、池田組若頭射殺事件は、6代目山口組と神戸山口組の分裂を決定的対決に向かわせた抗争のゴングだということは誰もが認めるのだろうが、しかし、だからといって「昔の山一抗争の再来にはならない」ということも、ヤクザの誰もが知っている。古参のヤクザが言う。「今、織田も竹内もどっちもかなり焦っているだろう。互いに能書きを並べれば並べるほど収集がつかなくなることを知っているからではないのか。今、織田も竹内もどっちも崖っぷちだろうな。こんな調子じゃ、当事者同士の和解はそうそう行かないだろうから、ここで体験に基づく知恵が必要になる。経験豊富で、しっかりとしたヤクザで、引退した古参や長老格の者が仲を取り持つべきだと思うよ…」と俯瞰的な見解を示しているのだ。「しかし、山口組・神戸山口組とも、既に報復部隊を動かしているでしょう?」と筆者が訊くと、「弘道会も山健組もね。山健に至っては、『三班潜伏している』という話が流れている。性根の座ったほうが有利になるようだ…」と話す。水面下の激しい攻防が続いているのだ。扨て、○○組長の逮捕の重大性についてである。そのことは、長野県警・岐阜県警は言うまでもないが、最も重要視しているのは京都府警だろう。それは、現在進行中の抗争事件のことではない。筆者が『週刊金曜日』昨年10月16日号と今年2月26日号で書いた、山健組幹部の関与が疑われている4年前の会社社長の失踪と殺人死体遺棄疑惑事件のことだ。会社社長側の失踪届を受理した京都府警右京署は、この社長が既に殺されて、死体が遺棄されていることを想定している。殺害実行者についても、筆者が指摘した組長名をほぼ認めた。警察庁組織犯罪対策課も、この未解決事件の重要性を認め、事件の捜査継続指示を強化しているが、その最中、岐阜県警は社長殺害実行疑惑がかけられている組織の組員を逮捕した。ある意味では別件逮捕とも言えるものの、彼らの逮捕を受けて「京都府警・岐阜県警・長野県警が一斉に連携した」という情報が届いている。

20160926 02
筆者は、昨年10月16日号の週刊金曜日に「山健組がM社長を殺害した疑いがあるという情報は、京都府警は素より、兵庫県警・大阪府警・愛知県警にまで広がっていた事件だった。山口組と神戸山口組の対決の行方はM社長殺害事件を解決させれば瞬時にして終わる」と書いて、無念で亡くなったであろうM社長の周辺で起きた犯罪の解決を願った。しかし、事件解決は未だに難航しているのが現状だ。それでも、京都・岐阜・長野の警察は、事の重大性を確認して連携を図り始めたようだ。「岐阜県警による○○組長らの再逮捕は既に既定方針だ」と、複数の記者たちからの情報が入ってきた。確かに、京都の不動産・金融会社のM社長の事件解明が進めば進むほど、殺害に関与したであろうヤクザたちは、○○組長の取り調べや捜査の行方に固唾を呑むに違いない。ところで、ある警察関係者から『週刊SPA!』今月12日号の記事について感想を求められた。記事のタイトルは『ヤクザジャーナリズムの功罪』(取材したのはフリーライターの根本直樹氏)。本誌で連載している筆者等は、インターネット上では、どうやら6代目山口組シンパの記者だと見られているようだ。同記事によると、作家の溝口敦氏に対しては「神戸山口組を支持する役割をしている」と批判的に書いているが、総体的に言えば、ヤクザジャーナリズムというのは、本当の意味ではヤクザの意向や考え方を代弁などできるものではない。第一、ヤクザ側から提供された情報が本当に正しいのか正しくないのかを客観的に確認できるジャーナリストなど、1人もいないだろう。だから、ヤクザ側がその気になれば、インターネット等を駆使してデマや撹乱情報を流し、ミスリードさせるぐらいは実に簡単にできる時代だけに、虚実の判別は益々困難だと言っていい。しかし、だからといって、池田組若頭が狙われていることを事前に知る者など誰もいなかった。事が起きてからでしか判断がつかない。サツ情報も然りである。また、ジャーナリズムに功罪があるのは当然過ぎる現実だ。つまり、当たり前のこと。それは、何も山口組分裂に限ったことではない。例えば、『IS(イスラミックステート)』によるテロ報道も参議院選挙報道も、真実を抉るような客観的で正しい情報が出されている訳ではない。殆どが嘘っぱちだろう。6代目山口組と神戸山口組の攻防という出来事は、国家社会の存亡から見れば大した話ではないが、「時に命を投げ打つことも辞さないのがヤクザだ」という前提に立てば、情報のレベルがどうのこうの等という水準の話など大した功罪にもならないし、必須の情報等でもない。ヤクザは、どこまで行っても力の戦いだ。命を捨てることに躊躇するようではヤクザとは言えないだろう。ある意味では単純明快な世界だ。「山口組を捨てた神戸山口組が本当に自主独立の魂を宿しているというのなら、相手への誹謗中傷の構えを捨てない限り、山口組の金看板には絶対に手が届かないだろう」と筆者は見る。間違っているのなら、ご教示願いたい。次号では、6代目山口組と神戸山口組の組織体制の特質と矛盾について考察する。 (取材・文/フリージャーナリスト 成田俊一)


キャプチャ  2016年9月号掲載
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

大本営参謀の情報戦記 [ 堀栄三 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷たい狂犬 [ 渡辺裕之 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)




スポンサーサイト

テーマ : 暴力団
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR