年収200万円すら夢のまた夢…介護職・タクシー運転手・CA、死んだほうが楽と噂されるあの業界の凄惨秘話

20160928 02
①CA(キャビンアテンダント)
東京・札幌・福岡等を最安5000円台(片道)の激安運賃で結び、日本の空に革命を齎したLCC(格安航空会社)。だが、低価格実現の為に徹底したコストカットが行われており、女性の憧れの職業だった筈のCA(客室乗務員)の賃金も格安だ。現役CAとして働く柿本ひとみさん(仮名・27)は、「LCCのCAは別名、“空飛ぶブラック職業”。それほど労働環境は過酷で、待遇も悪いんです」と明かす。「私たちの会社のCAは基本的に全員契約社員で、年収も250万円程度。勿論、小さい頃からの憧れの職業に就けた嬉しさはありますし、大学時代に大手エアラインの採用試験に落ち続けた私にチャンスを与えてくれた会社に対する感謝の気持ちもあります。けど、LCCのCAは着陸後の機内清掃や地上職員として働くこともあり、複数の業務を熟さなければなりません。給料は安いのに、仕事量だけはJALやANAのCAの倍はあるし、本当に嫌になっちゃいます」(同)。そんな状況故、昼食はいつもお弁当を持参。自宅ではインスタントラーメンや納豆ご飯で食費を切り詰めなければならないとか。「LCCだから社員寮も無く、距離的に実家から通えない私は、空港近くにアパートを借りているのですが、そこの家賃が月5万8000円。毎月のお給料から家賃・光熱費・通信費・食費を引いたら、残るのは5~6万円。その中で生活していかなきゃいけないので、お金を貯めるどころか、貯金を切り崩さないとやっていけない月もあります」(同)。その為、高給バイトの風俗に手を染める同僚も中にはいるそうで、柿本さんもそこで働くことを真剣に考えているという。尚、柿本さんが勤めるLCCのCAは3年契約。その後は毎年更新するシステムだが、現時点では更新するかは決めてないとか。「今は大手のエアラインも給与面での条件が悪いけど、それでもLCCほど仕事がきつくないし、安いと言われている外資系でも、ウチよりは100万円近く年収が多い。タイミングよく転職できるなら辞めますが、無理そうならもう1年残るつもり。LCCは、お客として利用する分にはいいですけど、職業にするのは避けたほうがいいかなと(笑)」(同)。

20160928 03
②介護業界
高齢化社会の到来で雇用が拡大している介護業界。ところが、厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』(平成25年)によると、老人ホーム等の福祉施設で働く職員の平均年収は307万円と、驚くほど低い。「きっかけは、4年前の派遣切りです。家電組み立て工場をクビになり、その後も半年ほど仕事が決まらなかったんです。そんな時、ハローワークのアドバイスもあり、ホームへルパー2級の資格を取って老人ホームで働き始めました」。そう語るのは、群馬県在住の佐伯雄介さん(仮名・46)。現在は家賃3万5000円の市営住宅に妻と中学生・小学生の2人の娘と暮らすが、年収は260万円と、先に挙げた介護職員の平均年収よりも少ない。「しかも、動き始めてから4年間、昇給は一切無し。ボーナスも一度として支給されたことはありません」(同)。月給は、手取りで凡そ17万8000 円。妻が地元のディスカウントショップのパートに出るも、世帯年収は330万円しかない。「老人ホームで働き始めた時は『昇給もボーナスもある』という話でしたが、いつの間にか無かったことにされている。それでも、今の仕事を失う訳にいかないので、文句は言えません。ホームには、私のようにリストラ転職経験を持つ職員が何人もいますが、全員ボーナスは無し。会社は、立場の弱い我々の足元を見て、最初に交わした約束を平気で反故にしているんです」(同)。しかも、現場は慢性的に人手不足。人件費の捻出を渋る会社は、スタッフを増員する気は無いそうで、佐伯さんも1人で15人の入所者を担当しており、食事や休憩を取る時間も無いとか。「24時間体制なので、日動だけでなく夜動もあり、生活のサイクルが滅茶苦茶です。もう若くないので、疲れは中々取れませんし、寝付きも悪い。おかげで、今じゃ睡眠導入剤無しでは眠ることもできません」(同)。年齢的に「これから異業種に転職するのは無理。抑々、正社員で雇ってくれるところは無い」と、今の職場で働き続けるしかないと諦めモード。そんな父親の苦労を知ってか、長女は「高校卒業後は進学せずに就職する」と告げているという。

20160928 04
③タクシー業界
2002年の規制緩和により、業者の新規参入が相次いだタクシー業界も、“悲惨な業界”の代表格だ。全国の主要都市で飽和状態に陥り、昨年10月19日には青森のタクシー運転手のグループが「低収入になったのは規制緩和が原因」として、国を相手取って計400万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。「私も原告団に参加したい気持ちです。確か、青森のタクシー運転手の平均年収は、全国最低水準の177万円。これだけでは、家族4人も養うことはできませんよ」。そう憤るのは、北海道でタクシー運転手をしている谷村雅也さん(仮名・41)。青森ほどではないが、今年の年収はたったの210万円だ。「北海道でも、札幌のような観光地ではない為、お客さんは最寄り駅や病院の行き来に利用する程度。にも関わらず、こんな田舎ですら運転手が増えている。ある古株の運転手は、『規制緩和の前は、今より70~80万円年収が多かった』ってボヤいていたほどです」(同)。つまり、少ないパイを大勢で奪い合っている状態な訳だが、困ったことに、タクシー運転手の大半は望んでなったのではない。他に仕事が無い等、止むを得な い理由で就いたケースが圧倒的多数を占めるという。「私もそうです。新卒で入った商社を病気で辞めざるを得なくなり、完治後にいざ再就職しようとも、約1年のブランクがネックとなり、正社員の道はタクシー会社以外に無かった。実際、ウチの会社なんて今ですら人手は余っているのに、未だ募集をしているくらいですから」(同)。愚痴を溢したくなる気持ちもわかるが、谷村さんは道内の名門・北海道大学の出身。いくらなんでも、旧帝大卒のエリートならもう少しいい条件の職場に入れたような気もするが…。「けど、北海道はずっと景気が悪いままで、いくら北大卒でも真面な職歴の無い自分が適用するほど甘い状況ではなかったんです。それに、出身大学のことは今の仕事にとって逆にマイナス。以前、勤めていた会社では、上司が大学のことをバラしてしまい、『何で北大行っていたヤツが?』と言われ、肩身の狭い思いをしました」(同)。難関国立大学を卒業したからといって、必ずしも将来が安泰とは限らないようだ。

20160928 05
④ゲーム業界
システム構築やその管理運営、プログラミング等は、今のインターネット化社会には欠かせない仕事だ。だが、最近ではブラック職業として認知されており、“IT土方”とも呼ばれている。ゲーム会社でスマホ用アプリゲームの開発スタッフとして働いていた菅野豊さん(仮名・32)も、「絵に描いたようなブラック企業だった」と自虐的に語る。「大好きなゲームに携わる仕事がしたくて、この世界に入ったのに、働く会社を完全に間違えました。ウチの会社は所謂“孫請け”で、『安い給料でこき使ってやろう』という魂胆が見え見えだった。でも、専門学校を卒業した20歳やそこらの若者にはわかる訳もなく、気が付いた時には辞めるに辞められない状況でした」(同)。直属の上司は、些細なミスでも罵声を浴びせて部下を精神的に追い込む人物で、鬱病を発症して会社を辞めた同僚も1人や2人ではないとか。入社後3年以内の離職率が50%を超える職場で働いていたが、遂に耐え切れなくなり、25歳で退社してしまう。でも、やっぱりゲーム関連の仕事がしたくて、28歳の時、再びゲーム会社に転職。ここもまた、とんでもない会社だったという。「給料は月20万円でしたけど、下請け・孫請けレベルでは相場だったので、我慢して働きました。前の職場のようなブラック上司もいなかった代わりに、ここはお金にルーズというか、給料の遅配が当たり前のようにあったんです」(同)。そんな状態でも、チーフというポストを与えられたことを励みに働いていたが、会社の経営が更に悪化。社長から、「後で差額分を払うから、今月と来月の給料の額を15万円にしてくれ!」と減額を懇願されたとか。「仕方なく応じましたが、最後は2ヵ月間給料未払いのまま、社長が夜逃げ。本来、手にできた筈の40万円が貰えず、実家に仕送りしてもらいました。いくら収入が少なくても、親に泣きついたことは無かったのに…。あれは本当に情けないというか、惨めでした。今は違う業種の会社に再就職しましたが、ゲーム業界はもう二度と御免です」(同)。

20160928 06
⑤予備校講師
サラリーマンの定年退職の時期と言えば、60歳が一般的だ。しかし、中には“45歳定年説”等早期の離職が罷り通っている業界も、一部には存在する。「予備校がまさにそれですね。実は近年、大量リストラが行われており、現在の講師の数は20年前の3~4割とも言われています」。業界の雇用事情を教えてくれたのは、現在、非常勤の予備校講師を務める槙原友和さん(仮名・46)。職を失った講師が大勢出た背景には、少子化があるという。「現在、40代前半の団塊ジュニア世代は、各年齢200万人前後いましたが、現在は110万人程度。それに反して大学の数は、この20年で200校も増えています。大学進学率は同じく、20年間で約20%アップしましたが、大学は飽和状職にあり、私立大学では43%の大学で定員割れ(昨年度入学分)を起こしています。所謂“Fランク大学”のように、試験に関係無く合格になる学校も多く、予備校需要が激減しているんです」(同)。また、今の予備校は同時中継システムを使った全国各教室の一斉講義や、動画を使った講義を積極的に取り入れており、少子化の影響以上に常勤の講師を必要としなくなった。しかも、講師は予備校の正社員ではなく、1年更新の契約制だという。そんな独自の雇用制度も、大量リストラに影響している。「40代になると更新が厳しくなり、人気講師でないと、45歳を超えて生き残るのは難しい。最近、テレビで活躍中の“東進ハイスクール”の林(修)先生は50歳ですが、あれは彼が生徒を呼べるスター講師だから。例外中の例外なんです」(同)。とはいえ、予備校講師の多くは、それ以外の仕事に就いた経験が無く、異業種への転職はかなり大変だとか。「つまり、予備校講師って潰しが利かない職業なんです。だから、私みたいに夏季や冬季限定の非常勤講師の仕事を貰いつつ、模擬試験の監督や採点等のアルバイトをしている同業者は多い。でも、それだけでは生活できないので、家庭教師の仕事を熟して食い繋いでいる状況です。大学院まで行ってこれじゃ、本当に割に合わないですよ」(同)。 (取材・文/本誌編集部)


キャプチャ  2016秋の大感謝祭!超拡大号掲載

スポンサーサイト

テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR