【変見自在】 デュテルテは偉い

アメリカ人は、しっかりした魂胆を持つ人たちだ。例えば、19世紀末の米西戦争。アメリカ人は、“植民地”キューバの民を虐めるスペイン人が「許せない」と言った。海軍省次官のセオドア・ルーズベルトは、義勇兵となってキューバで戦った。善意の塊に見えた。スペインは、「我が領土での問題だ、内政干渉だ」と習近平みたいな言い方をした。折も折、ハバナ港に入ったアメリカの戦艦『メイン』が謎の爆沈をする。米紙は「スペインの仕業だ」と騒いで、遂には宣戦布告に至った。「さぁ、アメリカ艦隊が大挙してキューバに出かけ、可哀そうな民を救い、彼らの建国を助けるのか?」と思ったら、そっちはいかなかった。アメリカの艦隊は太平洋を渡り、マニラ湾でスペイン艦隊に襲い掛かっていた。陸側からは、エミリオ・アギナルド将軍のフィリピン人民兵約1万人がアメリカ軍に呼応して、スペイン軍を襲った。 実は、宣戦布告の遥か前、アギナルドはアメリカ政府から独立の約束を貰っていた。頑張るフィリピン人。狭撃されたスペインは速やかに降伏するが、ここでマッキンリー大統領は、フィリピンとグアムを2000万ドルで買い取ることでスペインと折り合いに入った。キューバの民を助ける筈が、いつの間にか太平洋の要衝であるグアムとフィリピンの領有話に化けた。その少し前、ルーズベルトが「日本は脅威だ」とアルフレッド・セイヤー・マハンに言った。それとも符合する。で、それをアギナルドに伝えた。「ここは都合でアメリカの植民地にする。独立は無しだ」と。因みに、キューバもアメリカの保護領にされた。怒れる民兵とアメリカ軍は、マニラ郊外にあるサンファン橋を挟んで睨み合った。そして、1発の銃声が轟いた。盧溝橋に似る。アメリカ軍は、それを合図に即座に大攻勢をかけた。優勢な火器にもの言わせ、民兵の3分の1を殲滅してしまった。1発目は勿論、アメリカ軍からだった。もう、嘘と魂胆だらけだった。

潰走するアギナルド軍が山に逃げると、司令官のアーサー・マッカーサーが「山に逃げたら最早、正規軍ではない」と、一方的にゲリラ認定した。それだと、捕虜を拷問しようが殺そうがお構いなしになる。斯くて、フィリピン全土が戦場と化し、街中で拷問と処刑が派手に行われた。20リットルの泥水を飲ませる水責めが最も流行った。「それでも土人が自白しないと、膨れた腹に巨漢のアメリカ兵が飛び降りた」「土人は6フィートも泥水を噴き上げて死んだ」(アメリカ上院公聴会での証言)。“1週間処刑”も行われた。1日目に捕虜の左膝を撃ち、2日目に右肩、3日日に右膝、4日目に左肩、そして5日目の金曜日にやっと頭を撃って殺した。アメリカ軍の一方的な戡定戦が続く中、ルソン島の東にあるサマール島で、パトロール中のアメリカ軍2個小隊が民兵に襲われ、38人が殺された。アーサーは報復として、「サマール島と隣のレイテ島の島民10万人を皆殺しにしろ」と命じた。但し、「10歳以下は除け」と一言付けた。掃討が終わった後、部下が報告に来た。「10歳以下の子供はいませんでした」。アーサーの息子であるダグラスは、先の大戦で、フィリピンに戻る再上陸地点にレイテ島を選んだ。「土人どもは日本軍と過ごして、すっかり懐いている」と彼は思った。アメリカ軍に楯突く気になったらどうなるか。「レイテみたいに皆殺しにする」という含意だ。フィリピン人は日本軍から離れていった。アーサーの残虐さは、今もフィリピン人の悪夢に出てくる。ラオスで開かれた『東アジアサミット』でオバマは、フィリピンの大統領・デュテルテが麻薬売人を2000人も殺したことについて人道的に指摘する気だった。南沙の支那問題より大きいとは思えぬが、そこは白人キリスト教国家を代表する立場だ。野蛮な土人どもに窘めの一言は要る。対してデュテルテは、アメリカがフィリピンを騙し、躊躇い無く40万人も虐殺した歴史を逆に尋ねた。「アメリカは他国を批判できるのか?」と公式の場で問うた。彼は、皆殺しにされたレイテ島の僅かな生き残りの子孫なのだ。


高山正之(たかやま・まさゆき) ジャーナリスト・コラムニスト・元産経新聞記者・元帝京大学教授。1942年、東京都生まれ。東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ・羽田クラブ詰・夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985~1987年までテヘラン支局長。1992~1996年までロサンゼルス支局長。産経新聞社を定年退職後、2001~2007年3月まで帝京大学教授を務める。『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』(テーミス)・『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)等著書多数。


キャプチャ  2016年9月29日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR