貧困や親子の孤立を防ぐお寺の『こども食堂』の実践――「手伝わせてほしい」との声が続々、全ては高齢者の居場所作りから始まった

「学校帰りに、皆でご飯を食べない?」――そんな呼びかけが少しずつ広がっている。『こども食堂』だ。最近では、お寺でも始めるところが登場している。実践する寺院に、その目的と方法を取材した。

今年7月の夕暮れ。東京都板橋区にある真言宗智山派南蔵院のホールでは、子供たちが駆け回っていた。「鬼ごっこ!」「ワーッ」。広いホールを走り回る子供たち。その楽しげな顔が一層輝くのが、厨房から漂う美味しそうな匂いだ。今日の夕食の献立は、麻婆ご飯・サラダ・味噌汁、デザートはメロン。それに、住職夫人の花木千恵子さん(66)手作りのじゃがいもとコーンの煮物まである。19時過ぎ、花木義明住職(66)の食前の挨拶と共にテーブルを囲み、「いただきます!」の大合唱。大人・子供合わせて、総勢約60名。毎月2回、南蔵院で開かれる『こども食堂』こと『南蔵院こども会』の光景だ。こども食堂――最近、新聞やテレビ等で目にした読者も多いだろう。貧困で食事を十分に取れなかったり、親が忙しくて、家に帰っても1人ぼっちでご飯を食べる子供の為に、無料或いは数百円で食事を提供する地域活動のことだ。背景に、子供の6人に1人が貧困という現代日本の現実があり、地縁が薄れた社会から孤立する親子の問題がある。ここに、「“食”を通じて地域で子育てを支えよう」という民間発の取り組みがこども食堂だ。食事の提供というシンプルな支援、世代を超えて地域を繋ぐ効果もあり、ここ数年で公民館・児童館・民家等を会場に、全国に続々と開設されている。住民の動きに押され、支援を行う行政も出てきた。それで今、その運営会場として大きな期待を寄せられているのが、地域に根差したお寺なのだ。既に首都圏では、この1年間だけでも数ヵ所の“お寺のこども食堂”が生まれた。どのようにしたら可能なのか。その実際を取材した。

20160930 04
①NPOや有志と共に支え合う  東京都・真言宗智山派南蔵院
冒頭の『南蔵院こども会』がスタートしたのは昨年6月。現在は月2回、16時から20時までの開催だ。参加対象は、子供と保護者。内容は、食事と居場所の提供。タ飯は揃って食べるが、それ以外の時間は宿題をしたり、遊んだり、本を読んだりと自由時間。参加費は、子供は無料で大人は300円だ。運営を支えているのは、お寺や地元のNPO法人『健やかネットワーク』、それに子供たちの母親。食材の調達は、参加費とお寺からの援助で賄われる。参加希望者は基本、事前にNPO法人を通じて連絡。その人数に合わせて毎回、献立と食材を準備。有志の母親たちがローテーションを組んで調理する。約60人分のお米を炊くのは、千恵子夫人だ。会場は、多目的ホールとして平成11(1999)年に境内に建築された『福聚殿』。最高500名を収容できるこのホールは、普段は葬祭場やお寺の文化活動にも使われているが、この日は雰囲気がガラリと変わる。廊下を走り回る子もいれば、ホール内の1室でボランティアの絵本の読み聞かせにじっと耳を傾ける子供もいる。「皆、遊びたいんだよ。ここなら、どれだけ騒いだっていいんだもの。この活動を始めてから、お寺がうんと賑やかになりました」と花木住職は微笑む。境内に見事な桜の木が植わる南蔵院は“櫻寺”として昔から地域に親しまれてきた。毎年、釈尊の誕生日に合わせて、3月下旬から4月上旬まで開かれる『花まつり』は大賑わいだ。平成11(1999)年に前述のホールを建ててからは、茶道・音楽教室・体操教室等の文化活動も積極的に行ってきた。そんな花本住職には、ある思いがあった。「うちには子供会が無かった。『何か子供を対象にした活動ができないかな』と考えていたんです」。丁度その時、ニュースで子供の貧困率が高まっているということを知り、気になった。そんな中で縁ができたのが、前出のNPO法人『健やかネットワーク』だ。行政等と連携しながら様々な地域支援を行っている同団体が、南蔵院に「お年寄りの会食サロンを開きませんか?」と持ち掛けたのだ。同法人の佐々木令三理事はこう話す。「1人暮らしの高齢者は、ご飯を1人で食べていても美味しくない。『週に1回、皆でご飯が食べられる場所があれば』と思いました。それで、南蔵院さんに相談したのです」。謂わば、高齢者の居場所作り。花木住職は快諾した。

20160930 05
昨春、会食サロン『南蔵院ランチ倶楽部』をスタート。基本週1回、11時から13時まで、お弁当付きで参加費500円のこの活動は好評だった。ランチ倶楽部をきっかけに、境内の草むしりを手伝う人も現れた。何より、共にお寺でご飯を食べることが、どれだけ心を和ませるかと実感した。その思いから生まれたのが、子供の為の食堂だ。但し、「食堂に限らず、日曜学校のようにしたい」という住職の思いから、『南蔵院こども会』としたのである。どのように始められたのか? 先ずは告知。近所には、小学校が2校ある。檀家でもある自治会長に頼み、「今度、南蔵院で夕食を出すこども会をやるよ」と伝えてもらった。気になる保健所の届け出や調理師資格については、佐々木理事によると、「自治体にもよりますが、板橋区は会員制――つまり、固定の人に提供するのであれば、届け出や資格は不要でした」という。当初、主力スタッフはNPO法人と住職夫妻のみ。食事はカレーライスを出した。軈て、口コミで参加者が増えた。子供が喜び、噂を聞いて協力の輸も広がる。「絵本の読み聞かせをしたい」というボランティアも現れた。メニューにも変化を加えた。「最初は半年くらい具を変えながらカレーライスを作っていたのだけど、子供たちから『またカレー?』と言われた。『子供にはメニューも楽しみなんだな』と気付かされました。それで東京家政大学に頼み、子供たちの栄養になる献立を考えてもらったんです」(花木住職)。となると、もっとスタッフの力が必要だった。ここに手を挙げてくれたのがお母さんたちだ。40歳の母親は話す。「最初は、ママ友に『南蔵院でご飯が食べられるよ』って勧められたんです。何度か来るうちに子供が凄く楽しみにするようになり、『南蔵院行くー!』と喜んでいる。『じゃあ、私たちもお手伝いしようか』ということになったんです。こんなに大量の食事を作るなんて初めてでしたけれど、お寺という場の安心感は大きい。住職さんも優しいし、気軽に来ています」。ホームページを見て手伝いに来たという地元の40代の男性は話す。「自分にも子供がいます。こども食堂の話を聞いて、『是非手伝いたい』と思っていた。『近くの南蔵院が開いている』と聞いて、手伝いに来ました。普通にお寺に来るのは敷居が高いけれど、こうした活動があると敷居を全く感じませんよね」。お寺が開くことで、支援の輪が広がっているのだ。勿論、課題もある。「本当に支援を必要とする人が来ているのだろうか?」という点だ。だが、回を重ねることで大切な居場所となっていることは確かなようだ。本誌記者が訪ねたその日、中学生の女の子を筆頭に、姉弟5人で参加している子たちがいた。聞けば、親は仕事で帰りが遅く、23時からタ飯を取ることも往々にしてあるという。お腹一杯で、燥ぐ幼い弟妹を見守るその女の子のホッとした表情が印象的だった。

20160930 09
②母親の支援からスタートした  東京都・真宗大谷派存明寺
昨年9月、やはりお寺を会場に開かれたのが、東京都世田谷区北烏山にある真宗大谷派存明寺の『そんみょうじこども食堂』だ。スタッフは、酒井義一住職(56)と坊守の浩美さん(50)、それに地域のお母さんや門徒等10人。開催は月1回。17時から19時まで、存明寺の玄関入り口傍の交流スペースと客殿の一部を会場に開いている。対象は赤ちゃんから大人と幅広く、料金は乳児が100円、子供は200円、大人は300円。当初は定員30人ほどを予想していたそうだが、開いてみると50~60人余が訪れる盛況だ。存明寺のこども食堂には、幾つかの特徴がある。先ず、提供する食事は基本的にキーマカレーのみ。その理由は、野菜を細かく刻んで作るキーマカレーは、赤ちゃんからお年寄りまで安心して食べられること。栄養も豊富。また、食中毒等を防ぐ為、火を通したもの以外は出さないという。でも、もう1つ、大きな理由がある。「こども食堂は、始めた以上は続けなければいけません。『食材を安定して確保できるメニューで、住職や私がいない時でも誰でも作ることができるものを…』と思ったのです」(浩美さん)。当日は、14時にスタッフが集合。酒井住職は炊飯担当。参加者は予め会員登録しているが、当日に何人来るかはわからない。大体3升のお米を炊く。16時半頃に食事の準備が済む。17時、子供たちを連れたお母さん やお父さんたちが続々とお寺に来る。玄関横の広間には玩具や絵本が準備され、我が子に絵本を読み聞かせる親、玩具で遊ぶ子供と賑やかだ。存明寺のこども食堂は、食事を一斉に取らないことも特徴だ。「小学生のお兄ちゃんが先に来て食べて、お母さんが仕事を終えてから下の子を保育園に迎えに行って、お寺にご飯を食べに来るということもあります」(浩美さん)。実は、この存明寺のこども食堂、地域のお母さんたちの声、それに浩美さん自身の思いから生まれた。存明寺は、年中行事以外に定例会が盛んだ。聞法会の『樹心の会』や『青年のつどい』、別離の悲しみを共有する『グリーフケアのつどい』、それに子供会もある。更に、元保育士の清美さんが5年前からお寺で始めたのが『お預かり保育』であり、そこから派生した月1回の『子育てサロン』だ。

「お預かり保育は、仕事を持ったり、子育てに悩みを抱えるお母さんを、地域で支えるサポートです。ファミリーサポーターとして、社会福祉協議会を通じて、依頼に応じて子供を預かったり、幼稚園や保育園にお迎えに行くんです」(浩美さん)。子供を預けたり、迎えに行ったりする中で、自然と若い母親がお寺に足を運ぶようになった。軈て、こう言われた「もっとお寺に来たい。もっと私たちがお寺に来られるようなイベントはないですか?」と。浩美さんは、社会福祉協議会に相談。そこで提案されたのが『子育てサロン』だった。子育てサロンも子育てのサポート事業で、赤ちゃんや母親が集える場を地域で開く活動だ。平成24(2012)年にお寺を会場にスタート。子供を目の届く範囲で遊ばせながら、お寺でゆったりとしたひと時を過ごす子育てサロンは、お母さんたちにはホッとする時間だったのだろう。サロンを縁に、お寺がする行事のスタッフになる人も現れたというから、住職夫妻には嬉しいことだった。ただ、課題もあった。子育てサロンの対象は0歳児から5歳児まで。「私たちは次の子供を産むか、仕事を辞めない限り、もう二度とこの存明寺でゆったり過ごすひと時は持てない!」と、お母さんたちが訴えたのだ。「ママたちが居場所を求めていた。故郷を離れて暮らす子育て世代は、頼れる場所も無い。疲れて、『自分は虐待してしまうかもしれない』と不安を抱えるママもいる。何かできないかと考えていました」。もうひとつ、浩美さんにはずっと心に残っていることがあった。我が子が小さい時、友だちに家庭の事情で3食、外食している子がいた。お寺に遊びに来た時は炒飯を出したりしていたが、学校の先生にこう言われたという。「その子は『家で食事を取れないのが当たり前だ』と受け止めている。なのに、『余所の家は3食、家でご飯を食べているんだ』と気付いたら、苦しくなるのではないか?」。浩美さんは振り返る。「先生の言葉に考え込んでしまったのです。『お節介が苦しめるのか』と。でも、今になって後悔する。『そんなことない。1食作るなんて大したことない。ここに来て、ご飯を食べたらいいんだよ』と、気付いた大人が言ってあげればよかった。地域がそういう場を作ればよかったんです。あの子はどれだけ寂しかったでしょう」。そんな時だった。こども食堂の話を聞いたのは。「これだと思った」。

20160930 06
浩美さんの話に、酒井住職も頷いた。だが、どうやって作るのかがわからない。そこで、こども食堂の輪を広げる『こども食堂ネットワーク』が開催する講座に参加した。「私自身、こども食堂というのは、どうしても困窮家庭の支援というイメージが強かったので、『どこで貧困を見分けるのか?』と疑問を持っていた。でも、ネットワークの方から『1人でも困っている人が来られたらいい。行うだけで非常に意味があるんじゃないか』と言われた。これでハードルがぐっと下がった。保健所への届け出等も『特に必要がない』と当時は言われ、『これならお寺でもやれる』と思いました」(酒井住職)。こども食堂は、地域のネットワークが欠かせない。スタッフに手を上げてくれたのは、子育てサロンに来ていた母親たちだった。酒井住職は、地元のJAに協力を依頼。JAはお米の提供を快諾した。食器は、乳幼児用を新たに揃えた。衛生面は、スタッフの共通認識として、手洗いや消毒には厳格な決まりを設けた。行事保険にも加入した。子育てサロンの縁で声をかけ、昨年9月にスタート。始まると直ぐに支援の輪が広がった。近所の人が飛び込みで手伝いを申し出たり、「こども食堂に役立ててほしい」と門徒からの支援。更につい最近は、伴侶を亡くしてお寺にグリーフケアに来ていた人が、「自分の特技はバルーンアート。是非、次回のこども食堂で披露したい」と言ってくれた。お寺という場を通じて、支え合う思いが生まれている。今年6月には、区の社会福祉協議会からの助成金も出るようになった。最近、浩美さんが嬉しかったことは、嘗てお寺に倒れ込むように来て子育ての助けを求めたお母さんが、家族一緒にこども食堂に来てくれたこと。微笑む家族の姿を見て、こう思ったという。「場を開いたからこそ、来てくれた。場があるから、『今度おいでよ』と言える。『今後、更に支援が広がったら無料で』とも考えています。こども食堂はママの為でもあると思う。ママが救われたら、パパも幸せでいられる。両親が幸せであれば、子供が幸せでいられる。地域が子育てにちょっとでも寄り添えたら、『もう1人、子供を産もうか』という勇気も出るかもしれない。もっともっと全国に、この場が広がればと思っています」。

20160930 10
③お互いさまの地域作りへと  東京都・浄土真宗本願寺派覺證寺
今年4月にお寺でこども食堂を始めたのは、東京都調布市にある浄土真宗本願寺派覺證寺だ。現在は毎月第1・第3木曜日の月2回、16時半から20時まで開催。料金は子供が100円、大人は300円だ。基本は食事と遊び。学校がひけると子供たちは覺證寺に集まり、遊び始める。17時以降から夕食。メニューは毎回変わり、その時々にあるもので作る。覺證寺のこども食堂は、細川真彦住職(46)と坊守の智加子さん(46)の発案で始まった。だが、前出の南蔵院や存明寺とは異なる特徴がある。運営に携わるのは、地域の子供の事情をよく知る関係者だ。元PTA会長や青少年支援施設・母子支援施設の職員等。利用者は毎回30人ほどというが、子供たちの中には、そうした運営スタッフに声をかけられて来た子が多い。背景には、地域の事情等がある。地元には児童養護施設と母子支援施設があり、地域の小学校(全校生徒約450人)は2施設の子供たちをそっくり受け入れてきた。自身も5人の子の父親である細川住職は、PTAの会長を務めてきたことから、地域の家庭の事情を熱知していた。数年前からは、夏休みの宿題サポートにもお寺を開放。細川住職は振り返る。「『勉強も大事だけれど、抑々、真面な生活をする経験が乏しい子が多いね』と、坊守と心配していました。『一緒にご飯を食べたり、掃除をしたり、そんな生活の中で生まれる余裕が無い。お寺で何かできるといいな』と思っていました」。そんな頃、ニュースで知ったのがこども食堂だ。ただ、同寺も絵手紙サークル・公文・書道コーラス部等の定例行事が盛ん。余裕の無い中で、開設に二の足を踏んだ。

20160930 07
足を踏み出すきっかけが、地域の協同。地元の社会福祉協議会のコーディネーターが、細川住職に「地域活動推進委員になってほしい」と打診に来た。そこで細川住職が、「お寺でこども食堂をやってみたい」と打ち明けたところ、「是非やりましょう! 手伝います」と大乗り気。社会福祉協議会から助成金を得られることもわかった。それが今年2月頃のことだったが、助成金の申告リミットは今年3月末だったことから、4月のオープンを目指したのだ。開設に当たって、細川住職は前出の存明寺等の先行事例を見学し、考えた。「こども書食堂は色んな形態がある。うちでは、『最終的に何を目標にするか?』と考えた時、『子供や保護者の抱える課題やニーズを、顔を見て食事時間を共有することで、何かあった時に話せるきっかけに繋げたなら…』と思いました。あまり広げず、できるだけ困難さを抱えている人に利用してほしい。それで、青少年施設や児童養護施設に関わっている地域の人たちに協力してもらう運営にしました」。こうして動き出した覺證寺こども食堂。元々、同寺は子供の健全育成の為に、境内で肝試しや、花まつりにお寺を開放していた。小学校に通う子供たちは、お寺をよく知っていた。境内で大燥ぎする子供たち。場を開くと、支援の輪も広がった。地域住民、それに門徒から食材の支援。参加者約30人だと、経費は月2回で1万円ほどという。ホームページを見て、「手伝いたい」という学生ボランティアもいる。覺證寺も、特に食事の時間は決まっていない。時間内に好きな時に食べられる“食堂”だ。「妊娠中のお母さんが、保育園の子供を連れて来られることもあります。『今日はご飯を作らなくていいや』と思うと、ちょっと親は一休みできますよね。こども食堂は、そんな場でもありたい。本当は毎週できるといい。子供が喜んでくれることが一番。そして、困難を抱える子育て家庭と支援を繋げたい。困った時はお互いさまの地域へと、お寺がその結び目になることを目指しています」(細川住職)。

20160930 11
④地域の絆を取り戻す為の活動  熊本県・単立香福寺
1ヵ寺を会場に続けるこども食堂を見てきたが、地域で巡回する方法もある。「おにぎり握れたよ!」「かつお節ってどうやって削るの?」――子供たちの賑やかな声が本堂に響く。身振り手振り実演しながら子供に教えるのは、地域の大人たちだ。熊本市中央区の単立香福寺で今年4月3日に開かれた『おたがいさま食堂』である。参加者たちが其々食材を持ち寄り、おにぎり・味噌汁・副菜をお寺で一緒になって作った。皆、マイ箸・マイ茶腕を持参している。ゴミを出さない為の心掛けだ。参加者は、小学生から70代と幅広い。誰でも参加できるが、多くは地域住民だ。参加費は高校生以下が無料で、大人は500円。この日は約30人が集まった。おたがいさま食堂は“地域で団らん、共食を文化にしよう”を合言葉に、食べたい人・作りたい人・語りたい人が集まて食卓を囲むことで、健康で生き生きとした生活に繋げる取り組みだ。つまり、生活困窮者ばかりを対象にする訳ではなく、地域住民が主体となり、地域の絆を取り戻す為の活動と言える。「地域の人が少しずつ食材を持ち寄り、一緒に作り、食べ、片付ける。それだけですが、実はとても必要なことばかりです」と、香福寺の清水谷勇哲副住職(39)は話す。企画したのは、おたがいさま食堂の代表を務める管理栄養士の池田亜須香さん。病院勤務中、患者から“孤食”を訴えるを聞いたのが発端だった。例えば、「ついついコンビニで食事を済ませてしまう」「いつも1人で食事する」といった声だ。この声に、皆で一緒に食事ができる“共食”という形を思い立った。

20160930 08
予てから交流のあった清水谷副住職がこれに賛同し、事務局兼副代表になった。保育園経営者・大学准教授・医療福祉関係者・弁護士・主婦、それに市役所や県庁勤めの方々もスタッフに加わった。その第1回の会場が香福寺だったのだ。2回目は、熊本地震後の4月24日、3回目は6月5日に、炊き出しも兼ねて、何れも同区白川小学校前の白川河川敷で開催した。50~70人ほどが参加した。今後も月1回ほどのペースで予定し、9月にはまた香福寺で開くという。「『地域活動から離れている方や、参加が難しい方等、コミュニティーから取り溢された人たちが気軽に参加できれば…』との考えがあります。その為、『活動の幅や参加人数が増え過ぎないように』とも考えています」(清水谷副住職)。地域のコミュニティーボードや回覧板を使い、地域住民の参加を促す告知方法も模索しているという。「続ける為にも、“できるしこ”(※熊本弁で“できるだけ”の意)の方針で活動していきます。決して無理はしない。できる人ができる範囲のことを、楽しんで行う。強制もしない。お寺が必要とされるのは、参加者と一緒に作る空間や場です。これは、お寺の人間として“できるしこ”の範囲ですから、提供致します」(清水谷副住職)。以上、4ヵ寺の取り組みを紹介した。取材して感じたのは、場を開くと必ずサポーターが現れるということ。そして、お寺の場を通じて生まれていると実感したのは、“おたがいさま”の心だ。何かあれば、共に助け合う。お寺という場だからこそ、人が繋がり、安心が生まれる。それが継続した支援にも繋がる。食は生きる基本だ。とりわけ、子供たちを主に見据えた次代のニーズに合わせたお寺の取り組みのひとつと言える。


キャプチャ  2016年8月号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR