【オトナの形を語ろう】(04) 愛だ、恋だ、セックスだを、吹っ飛ばして生きる時間を

前回は“男振り”・“女振り”という言葉があることを少し話したが、この頃の男たちを見ていて、「サカリがついている男が多過ぎるんじゃないか?」と思う。サカリ、つまり「欲情が本能だ」と言わんばかりに、女の尻を追いかけることしか頭にない輩が、街を歩いていても其処彼処に溢れているように見える。射精を覚えたばかりの思春期のガキならいざ知らず、いい歳をした男までが、何かにつけて女に目を向けて、それが当たり前の振りをして生きている。バカか、お前たちは。サカリのついた犬や猫じゃあるまいし。オナニーモンキー(※1日中オナニーをしている猿のこと)がどうなるかを知らないのか? 女が欲しいのなら、「女が向こうから寄って来る男になろうじゃないか」という発想をどうして持とうとしないのか? 「えっ、そんな男がいるんですか?」「いや、そんな男になれる方法があるんですか?」。つまらない私の半生の中でも、そんな男は何人も見て来たし、「そういう大人の男になる方法はある」と断言しておこう。“男振り”のイイ男を作ることがその方法であるが、“男振り”のイイ男とはどういう男かを見てみることだ。様々な点が、女の尻を追いかけている輩と違っているのだが、先ず一番の違いは、「欲情というものを追い回さない時間を持っていた」という共通点がある。

欲情を追い回さないとは、どういうことか? 愛だ、恋だ、セックスだというもの以上のものに向かって、或る時期、“男振り”を作り上げた男たちは、突き進んでいたのだ。そして、その期間が如何に濃い時間であったかが、男を鍛えるのには重要なことだ。そうして、それを実行した男は、他人から見れば「何故あんなバカな暮らし方をしているんだ?」「あんなことをして何になるんだ?」という男が多いことも言っておこう。「何を仰っているのかよくわかりません」。そうだろうな。単純に言わせてもらおう。愛だ、恋だ、セックスだというものを、或る時期、吹っ飛ばして生きる時間を持っていた奴でないと、“男振り”は作れないということだ。「それじゃ淋し過ぎませんか?」。何が淋しいものか。そういう時間を持とうとしなかったばっかりに、一生、女が自分を見てくれないで終わってしまうことのほうが、よっぽど淋しいんと違うのかね? これは1人の宮大工から聞いた話だが、彼は既に弟子もいて、世間からの評価も良く、仕事の注文も十分にあったが、何故か、仕事をしていて、自分の作っているものに疑問を抱き始めたというんだ。そこで、彼は一旦仕事を休んで、当時、日本一と呼ばれた棟梁の下に頭を下げて、「修行させてほしい」と頼んだという。

すると、棟梁がこう言った。「なら、これから1年、テレビ・ラジオ・新聞・大工の仕事の本やら一切見ず、聞かず、読まずに、この鑿・鉋の刃を研ぎ続けなさい」。その人は1年、黙々とそれを続けた。最初の2ヵ月・3ヵ月は、どうしてこんなことだけをしなくてはならないのか、全くわからなかった。妻にも逢わず、友人と話をすることも無く、ただ毎日、作業場で刃を研ぎ続けた。軈て1年が近付く頃、刃が、砥石が、自分の身体の一部のように思えてきた。そうして、彼に1つの考えが生まれた。「こんなにまでして研いできた刃・道具に恥ずかしくない仕事をやれば、いや、そうすることが自分に与えられた使命なんだ。自分がこの世に生を受けた理由が、ここにあったんだ」とね。“男振り”のイイ男になりたいのなら、大人の男は或る時期、他人からバカにされようが笑われようが、1つのことを黙ってやり続ける意志と、強靭な心身が必要だということなんだ。何故なら、それをやり続けた者にしか見られないものが、そこに間違いなく存在することは、昔っからわかっていることなんだ。「そうしたら、本当に自分も“男振り”のイイ男になれるんですね? 本当ですね?」。そら、やってみなけりゃわからんよ。無駄で終わる1年・2年・3年かもしれんよ。「そんな…」。しかし、そうなるかもしれないものをやらないで、ぐずぐずしているより、やった男のほうがイイに決まっているじゃないか。愛だ、恋だ、セックスだを、一度放り投げて生きる方法も、大人の男にはあるってことだ。


伊集院静(いじゅういん・しずか) 本名は西山忠来。作家・作詞家・在日コリアン2世。1950年、山口県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業後、『電通』に入社。CMディレクター等を経て、1981年に作家デビュー。『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』(集英社)・『大人の男の遊び方』(双葉社)・『無頼のススメ』(新潮新書)等著書多数。


キャプチャ  2016年12月12日号掲載

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR