「私、大谷翔平選手に“本番”を強要されました」…ベテラン風俗嬢が大暴露!

20161207 08
「私、テレビとかあまり見ないので、最初は身体が大きいから、『何かスポーツ選手なんだろうな』くらいにしか思いませんでした」――。そう話すのは、風俗歴4年、東京を中心にデリへル・エステ・SMクラブと渡り歩いてきたK子さん(28)。その彼女が在籍するエステ店にやって来たのは、言わずと知れた『北海道日本ハムファイターズ』が誇る“二刀流”大谷翔平(22)。「完全なMで、尻責めにトローンとした表情していました。でも、下はギンギンで屹立状態!」。“下半身のバット”は何時でも万全ということか、流石は二刀流。「それで、いきなり本番交渉してきたんです。『いくらならできるの?』って。勿論、断りましたが、『○○はさせてくれた』とか完全にゴネ客で…」。結局、プレイを中断し、球界のスピードスターに異例の“速攻退場”を願ったという。この話を、K子さんは懇意にしている某スクープ誌記者に話すと…。「その記者、球団側に突撃したみたいですね。そうしたら彼、泣きながら事実を認めていたそうですよ。それ以上は、圧力か取引が成功したのか、記事にならなかったみたいですが…」。

球界至宝のトホホな暴投・空振りの一幕を語ってくれた。K子さんは、その他の著名人にも幅広く接客をしている。最近結婚した俳優の妻夫木聡(35)や、お笑いコンビ『麒麟』の田村裕(37)、子役からバラエティータレントに転身した内山信二(35)等も客として対応したという。「妻夫木さんも本番強要客でしたね。デリバリーで自宅まで行ったんです。油絵が趣味らしくて説明されたんですが、彼のイニシャルが書かれていて、『珍しい苗字ですね』と訊いたら、『僕のこと知らないの?』って自ら名乗っていました(苦笑)。玉がでかくて汁多め。性欲は強そうだから、新婚の奥さん大丈夫かな…。内山さんは、若手の芸人さんを引き連れて豪遊していましたね。意外とお金持っているんですよ。それに比べると、麒麟の田村さんは早漏でケチ。『印税使い果たしちゃった』って話は本当みたいです。領収書を頼んできましたが、事務所では風俗費用も払うんでしょうか」と止まらない。「べッキーの件があってから、証拠になるLINEなんかの交換をする有名人は減りました。でも、お店はかかってきたお客の電話番号を管理しているし、店によっては女の子に訪問先の連絡先や住所を教えますから、著名人の自宅や性癖を知っている風俗嬢は多いと思います」。最近、芸能記者から「話を聴かせてくれ」とK子さんに依頼が殺到しているというのも頷ける。 (取材・文/フリーライター 木之下秀彦)


キャプチャ  2016年12月号掲載
スポンサーサイト

テーマ : スポーツニュース
ジャンル : ニュース

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

广告
搜索
RSS链接
链接
QR码
QR