FC2ブログ

【山根明のノックアウト人生相談】(64) 男として常に警戒すべきや!

Q. 結婚式の挨拶を依頼していた会社の先輩がいます。ところが最近、彼の奥さんが彼の部下と浮気していたことが発覚。家族ぐるみで参加する、会社のバーベキュー大会がきっかけだったようです。噂は社内中に広まり、その部下は違う部署に異動になりました。こんな状況なのに、結婚式での挨拶を、そのまま先輩にやってもらってもいいものでしょうか? かといって、今更他の方に…というのも悪いような気がします。 (静岡県・39歳・メーカー社員)

A. 部下とはいえ、許せないな~。この奥さんも許せないけど。職場にそんだけ知れ渡っとるんやったら、僕なら離婚しかない。慰謝料請求したらええんや! ただ、浮気が生まれるのは旦那の責任でもあるんですよ。夫婦の間で非常に気を付けんとならんことはね、人の集まる時です。夫婦同伴いうのは、一番危ない! バーベキューとかして、皆でワイワイして、お酒を飲んだりね。そういう時、一瞬にして、この異性関係が生まれるんです。お互いリラックスしているからね。女性だけじゃない。男性でもそうなんです。ヒトの集まる場面で、一瞬、目と目が合ったとかね。何か一言発した時に、異性を感じて、浮気心が出たりする。だから、男女関係だけは保証がないんですよ! 第一に、嫁と同伴の集まりでは、夫婦セットで行動すべきや。トイレ行くにしろ、一緒に席を立ってね、旦那について行ってもらうとか。結構、どっちか放ったらかしてトイレに行く場面が多いわけ。人の女房は良く見える。人の旦那は良く見える。僕も人間ですから、人の嫁さんパッと見たらね、色っぽいなと思うよ。そういう経験をしてきているから、僕は嫁をいつも連れているんです。だから、その先輩もね、迂闊やったんちゃうかな。女性って、ご主人が真面目で大人しい場合は、そういう年下の男に浮気心を出すことが、結構多い。自分の主人が活発な方やったら、そうじゃないんですけど。最初からその部下のことが好きじゃなくても、雰囲気ですね。一瞬の間がね…。例えば、ご主人がおらん間に、電気工事の人や家の修理をしてくれる人が来たとかね。そん時に浮気が多いんですよ。一瞬の間に、そういうのは、ひっそりと生まれるんです! だからね、男女他人同士で2人になるいうのは、僕は未だに、この年になっても、そういうところは警戒している。男としてですね。正直に言うと、「ナンボ知り合いであっても、僕が留守の時は家に入れるな」って言っています。この先輩も、部下に嫁を取られるとは頼りない男だね。ただ、結婚式の挨拶はしてもらってええんよ。何も悩む必要はない。先輩も挨拶をやるんやったら、格好ようね! 自分の持ち前の表現で、ざっくばらんにやったらいいと思いますよ。男としての勝負です! 僕は、この先輩の男性に力付けてやりたいね。人生は生きていく上で、色んな波もありますよ。それを如何に乗り越えるかっちゅう勝負がある。自分の判断でこうと思ったならば、正解であっても間違いであっても、突っ走ることや!


山根明(やまね・あきら) 『日本ボクシング連盟』前会長・在日コリアン2世。1939年、大阪府生まれ。大阪商業大学ボクシング部ヘッドコーチ、大阪経済大学ボクシング部監督、シドニー五輪日本選手団ボクシング競技監督を歴任。2011年2月に日本ボクシング連盟会長に就任、2012年10月に理事会全員一致で終身会長となったが、助成金の不正流用等を理由に2018年8月8日を以て同会長・理事を辞任。近著に『男・山根 “無冠の帝王”半生記』(双葉社)。


キャプチャ  2020年4月13日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

轮廓

George Clooney

Author:George Clooney

最新文章
档案
分类
计数器
排名

FC2Blog Ranking

产品搜索
广告
搜索
RSS链接
链接